アミノ酸の効果とは?全体と個別で解説

アミノ酸サプリなどが手軽に購入できるようになってきましたが、そもそもアミノ酸の効果について知っていますか?「なんとなく運動にいい」、「筋肉に必要」…確かにそれらも正しいのですが、アミノ酸の効果はアミノ酸全体の効果とそれぞれ個別のアミノ酸の効果があります。これらを知ってアミノ酸の活用を効果的にしましょう!

アミノ酸とは?

アミノ酸はタンパク質が分解されたもの

アミノ酸とは、タンパク質が最終的に分解されて一番小さな塊になっている状態です。その途中のアミノ酸が幾つかついた塊をペプチドと言います。

例えば、肉を食べた場合、胃でペプチドまで分解されて、その後十二指腸でアミノ酸まで分解されて吸収されます。

人の体は約20種類のアミノ酸でできている

天然のアミノ酸は多くの種類がありますが、人の体を作っているのは主に20種類です。

そのうち9種類が体内で作れないので食品やサプリメントから摂取すべき必須アミノ酸、残り11種類が非必須アミノ酸です。

アミノ酸全体と個別の効果がある

アミノ酸全体としても筋肉の材料になるなどの効果がありますが、個別のアミノ酸それぞれに特有の効果があります

ですので、自分の目的や運動をしているかなどに合わせて自分に必要なアミノ酸を多めに摂取できるようにしたほうがいいのです。

アミノ酸全体の効果

アミノ酸全体の効果は筋肉の材料になるということです。アミノ酸自体はタンパク質が分解されたものなので、プロテインドリンクなどを飲むのと同じです。

しかし、その吸収の速さが違います。プロテインはアミノ酸まで胃や十二指腸で消化分解される必要がありますが、アミノ酸サプリはアミノ酸の状態で摂取できるので吸収までが30分以内ぐらいで素早くされます

また、胃に負担をかけることもないので運動前などにはプロテインではなくアミノ酸を摂取するのが良いでしょう。

アミノ酸個別の効果1 スポーツ、筋トレに有効

「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」「グルタミン」「アルギニン」「アラニン」などがこの目的で重要なアミノ酸になります。

特に、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つはBCAAと呼ばれ運動時のエネルギーになったり、筋肉の材料になったり、筋肉の分解を防いでくれたりと重要な働きをします。

グルタミンはトレーニング後に摂取すべき回復系のアミノ酸で、アルギニンやアラニンはトレーニング前に摂取して集中力を高めたり成長ホルモンの分泌を促進したりします。

アミノ酸個別の効果2 脂肪燃焼に有効

「リジン」や「メチオニン」、「プロリン」などがこれらの効果におすすめですが、大きな理由としてはリジンから作られるカルニチンという物質が脂肪燃焼効果があるからです。

脂肪を分解して遊離脂肪酸という脂肪をエネルギーとして燃やせる状態にするのにアミノ酸が役立ちます。

アミノ酸個別の効果3 美肌やアンチエイジング

「プロリン」「システイン」「グリシン」などがこれらの効果があります。

コラーゲンの元となったり、コラーゲンの働きを活性化させます。さらに、シミの原因となるメラニンの過剰生成を抑える働きもあるため美肌効果があるとされています。

また、「アルギニン」が成長ホルモン分泌を促進させることでアンチエイジング効果もあります。

アミノ酸個別の効果4 免疫や精力向上

「アルギニン」は女性のアンチエイジングにも有効ですが、男性の精力向上にも効果があるとされています。

また、「グルタミン」も免疫系に効果があるとされています。アルギニンやグルタミンはウィルスと戦う細胞のエネルギー源となるのでウィルスから体を守ってくれます。

アミノ酸個別の効果5 脳の集中やリラックスをコントロール

「チロシン」に興奮や集中効果があり、逆に「トリプトファン」にリラックス効果があります

チロシンはドーパミンという脳を覚醒させる物質の材料になるから、トリプトファンはセロトニンという脳をリラックスさせる物質の材料となるからです。

これらは相反する物なので、同時に摂るのはあまり良くありません。

また、子供の場合繊細なのでこれらの脳に影響を与えるアミノ酸をサプリから摂ると健康被害に遭ってしまいます。

子供の集中力を高めるためにチロシンの(入ったアミノ酸)サプリを飲ますということは絶対にやめてください。

参考 : 必須アミノ酸と非必須アミノ酸一覧

必須アミノ酸(EAA)

名称 代表的な働き
バリン エネルギーになる、成長に関与
ロイシン エネルギーになる、筋肉などの合成を促進
イソロイシン エネルギーになる、筋肉などを修復
メチオニン タンパク質を作るときに必要、カルニチンの生成にも必要
リジン 組織の修復、カルニチンの材料
フェニルアラニン 血圧の上昇、鎮痛作用
トリプトファン セロトニンの材料、コレステロール、血圧の管理
スレオニン 成長促進、脂肪肝の抑制
ヒスチジン ヘモグロビン、白血球など血裔中の成分の生成に関与

非必須アミノ酸

名称 主な働き
 アルギニン 成長ホルモンの分泌を促進、小児では必須アミノ酸
 グルタミン 免疫細胞のエネルギー源、疲労回復やコンディション調整
 アラニン エネルギー源になる
 グリシン コラーゲン、クレアチンリン酸の材料
 セリン 酵素の 重要な部分を構成、情報伝達をする
 チロシン アドレナリン、甲状腺ホルモンなどの材料
 システイン タンパク質の立体構造に関与
 アスパラギン 水素結合、糖鎖の結合
 プロリン コラーゲンの材料
 アスパラギン酸 アラニンの原料
 グルタミン酸 アンモニアのコントロール

(※1、2)

アミノ酸の効果的な飲み方

それぞれの、目的によりますが、集中系やエネルギー系となる物は運動や会議など、その用事の15~30分前ぐらいに摂取するのが良いでしょう。

注意として、グルタミンは運動前に摂取すると、運動時にアンモニアが生成されて、アンモニアがATPというエネルギーの生成を抑制してしまいます。

グルタミンを運動前に摂ってしまうと、力が出なかったりなどアンモニアによる弊害が考えられるので、グルタミンは運動後、特に直後に摂取するのが良いでしょう。

アミノ酸の効果をしっかり理解

アミノ酸の効果を理解して使用すれば効率が格段にアップします。

自分の目的にあったアミノ酸を摂取するようにしましょう。

アミノ酸サプリ

アミノバイタル 14本入箱

BCAA+G1000 レモネード味 1kg [並行輸入品][海外直送品]


BPIスポーツ ベストBCAA 600g


スーパーヴァームパウダー パイナップル味 10.5g×12袋

アミノコラーゲン BEAUTE(ボーテ)

※1)参考文献 : 出典 vitaminstuff.com amino acids
※2)参考文献 : 出典 オーソモレキュラー.jp 必須アミノ酸と非必須アミノ酸
※ 表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

あわせて読みたい