シトルリンの効果 | アルギニンとの違い | 筋肉や精力に効き目はあるの?

シトルリンは最近注目されている成分です。しかし、シトルリンの効果を正しく理解している人は少ないのではないでしょうか?「筋トレにいい…」、「精力がつくらしい…」などの曖昧な知識では、シトルリンを文句にした悪徳サプリに騙されてしまったりします。そうならないようにシトルリンの効果についてしっかり覚えましょう。

シトルリンとは?

シトルリンは1930年に日本でスイカの中から発見され、スイカの名前にちなんで付けられたアミノ酸です。

シトルリンとは遊離アミノ酸と呼ばれるアミノ酸のうちの一つです。タンパク質を直接作る材料になるのではなく、血液中に存在して働きをするのが遊離アミノ酸です。クレアチンなどが同じ遊離アミノ酸です。

という事なんですね。ですから、アルギニンになった後はアルギニンが働くので、シトルリンの効果は基本的にアルギニンの効果と同じです。

シトルリンとアルギニンの違い

一酸化窒素サイクル

それでは、シトルリンとアルギニンがどう違うかと言うと、シトルリンはそれ自身では材料とはならず、アルギニンに変わってアルギニンが働きます

その後、アルギニンは体内でまたシトルリンに戻るのです。このアルギニンがシトルリンに変わる時にNO(一酸化窒素)が発生します。これが、とても重要なのです。

このサイクルを「一酸化窒素サイクル」といい、「シトルリン」→「アルギニン」→「シトルリン」→「アルギニン」→…と繰り返します。

アルギニン単体は吸収効率が悪い

「それなら、アルギニンを摂ったほうがいいのでは」と思うかもしれませんが、アルギニンは単体では、サプリメントなどの経口摂取の吸収率がとても悪くあまり使われないで排出されてしまいます

ですが、シトルリンと一緒に摂取する事により吸収効率が上がるだけでなく、シトルリンはアルギニンよりも吸収効率がいいのでたくさんのシトルリンとアルギニンを摂取できます。

こうなると、体内で一酸化窒素サイクルが始まって効果が現れるのです。

シトルリンの効果1 筋持久力を上げる

2010年発表の海外の調査で、「運動の1時間前にL-シトルリンリンゴ酸塩を摂取してベンチプレスを行なった場合、反復回数の低下が抑制され、運動後の筋肉痛は48時間後で約37%も軽減された」

という実験結果があるように、シトルリンを摂取する事で筋持久力が上がり、スポーツや筋トレのパフォーマンスが上がります(※1)。

シトルリンの効果2 疲労回復効果

シトルリンが使われる時にアンモニアを排除する働きがあります。このアンモニアは疲労の原因物質なので、疲労回復効果があります。

シトルリンの効果3成長ホルモンの分泌

シトルリンからできるアルギニンは体内でNO(一酸化窒素)を生成します。これが血管拡張作用などがあります。これによりパワーが出たり、パンプ感を感じたりします。

また、アルギニンには成長ホルモンの分泌を促進する機能もあるのでこれにより筋肉が発達しやすくなります。
(※2、3)

シトルリンの効果4 脂肪燃焼に効果的

シトルリンから生成されるアルギニンによる成長ホルモンは脂肪燃焼にも効果的です。

また、アルギニンには「リパーゼ」という脂肪燃焼酵素の働きを活性化させる作用があります。

これにより有酸素運動時の脂肪燃焼効率が高くなります。
(※2、3)

シトルリンの効果5 美肌やアンチエイジング効果

成長ホルモンには美肌効果やアンチエイジング効果があります。

また、シトルリンから生成されるアルギニンは同じアミノ酸であるプロリンとともにコラーゲンの材料になります。コラーゲンが増えることによりハリのある肌になります。
(※2、3)

シトルリンの効果6 免疫や精力向上

シトルリンから生成されるアルギニンは外部のウイルスから体を守る免疫細胞のエネルギーになる働きがあります。ですから、アルギニンを摂取することで免疫力が上がります。

また、シトルリン・アルギニンの一酸化窒素サイクルによる、血管拡張によって精力や勃起力が向上するということで精力剤にも含まれています。
(※2、3)

シトルリンの効果を正しく理解

シトルリンが、アルギニンとお互いに変化しながらサイクルを持っているということを理解できれば、シトルリンの効果やシトルリンとアルギニンの違いについてもう間違えることは無くなります。

シトルリンとアルギニンを一緒に摂取して効率よくサプリを使いましょう!

シトルリンサプリ

DHC シトルリン

ファイン L-シトルリン

ナウ Lアルギニン 500mg & Lシトルリン 250mg 120粒入


※1)参考文献 : 出典 NCBI Citrulline malate enhances athletic anaerobic performance and relieves muscle soreness, 2010
※2)参考文献 : 出典 vitaminstuff.com arginine
※3)参考文献 : 出典 オーソモレキュラー.jp 必須アミノ酸と非必須アミノ酸
※ 表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

あわせて読みたい