【アラニンとは】効果は?非必須アミノ酸?|筋トレ栄養学

筋肉・筋力の成長に欠かせないアミノ酸ですが、その中でも一番の有名どころとも言えるのがBCAA。BCAAを知っている方は多いですが、「アラニン」を知っている方は少ないもの。今回は、そんな「アラニン」を徹底解説していきます。

アラニンとは?

アミノ酸の一種

アラニンはアミノ酸の一種です。アミノ酸は筋肉を構成する上で主となるタンパク質の元となる成分です。そのアミノ酸の一種である性質から、やはりタフな筋肉を作り上げていく上で必要となる栄養成分と言っていいでしょう。

非必須アミノ酸の一つ

アミノ酸には、必須アミノ酸と非必須アミノ酸の二つの種類が存在しますが、アラニンはこの内の非必須アミノ酸に分類されます

非必須アミノ酸とは、「体内で自然に合成されるアミノ酸」のことを指します。反対に必須アミノ酸とは、「体内で自然に合成されないアミノ酸」のこと。一見必須アミノ酸の方が大事だと認識しがちですが、その認識は少し危険。非必須アミノ酸といえども、生成能力が十分でなく結果食品やサプリメント等で摂取するべきだと位置付けられる非必須アミノ酸の中で、準必須アミノ酸と呼ばれるものも存在しています。

必須、非必須アミノ酸の両方ともバランスよく目的に応じて摂取するのが肝。アラニンはそういう意味でやはり筋肉にとって外せないのです。

アラニンの効果・メリット

エクササイズキャパシティを上げる

アラニンにより、エクササイズキャパシティを上げることができます。具体的には、持続的な運動をサポートするともいえます。

つまり、今までよりもさらに長くトレーニングにおいて力を発揮することを目指せるのです。この理由には、アラニンの摂取により運動時に必要なエネルギー源を持続的に供給できるようになるからです。

運動時にブドウ糖がエネルギーとして分解されますが、この際同時にアラニンも体内で生成されます。その後、肝臓に移動したアラニンはグルコースと呼ばれるいわばエネルギー源のような物をつくりだします。この作業により、結果としてエクササイズキャパシティを向上させるのです。

アルコール代謝

肝機能の維持には、グルタミンとアラニンが必要であると言われています。アラニンには、アルコール代謝促進の働きがあり、二日酔いなどに効果的であると言われています。

アラニンは、肝臓の再生を促進を目指すのも特徴。筋肉にも重要ですが、このような嬉しい効果もあります。お酒をつい飲み過ぎてしまうトレーニーはアラニンを摂取してみるいいかもしれませんね。

美肌効果

アラニンが様々な化粧品に含まれているのを知っていましたか?アラニンには、肌の潤いを保つ成分として化粧品に混入しています。

主に、肌の水分が逃げないように保持する働きを期待されており、アラニンによって肌の潤いを保つのです。

アラニンが含まれてる食品・食べ物

アラニンはどのような食品・食べ物に含まれているのでしょうか?以下にリストを作りました。

牛レバー
豚レバー
鶏肉
あさり
かに

このような食品・食べ物にアラニンは多く含まれています。レバーは筋肉にも非常にいい食品です。アラニンも多く含んでいるのでトレーニーは必見です。

アラニンまとめ

いかがでしたでしょうか?

アラニンは、アミノ酸の一種であり、その中で非必須アミノ酸に分類される成分です。エクササイズキャパシティの向上がやはり一番の目玉。アラニンを上手に摂取できるかできないかでライバルとそれだけ差をつけられることか…

今回の記事をきっかけに、アラニンを理解しサプリメント摂取をして頂ければ、筋トレをしている全てのトレーニーを応援する私達にとってこれ程嬉しいものはありません。

アラニンの商品

海外直送品 Now Foods Beta Alanine, 120 Caps 750 mg

米国サプリメントNOW Foodsのカプセル型のサプリメント。

コストパフォーマンスもgood!750mgたっぷりのサプリメントでトレーニーを支えます。

※ 表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

あわせて読みたい