グルタミンの効果と正しい摂取タイミング!筋トレや免疫に必要な守りのアミノ酸!

筋トレやスポーツをする人ならグルタミンを知っていたり、プロテインに「G」などが付いているものを見かけたことがあると思います。このGは普通「グルタミンも入ってますよ」という意味なのですが、なぜそこまでグルタミンが重要なのでしょうか?今回はグルタミンの効果と間違えがちな摂取タイミングについて解説します。

グルタミンとは?

グルタミンは体を作るアミノ酸の中でも最も多いアミノ酸と言われているアミノ酸です。

体内で作ることはできるので非必須アミノ酸ですが、激しい運動をする人はこのグルタミンを物凄く消費してしまいます

グルタミンが足りなくなると筋肉が減ってしまったり、病気になりやすくなったりしてしまいます

よって、グルタミンはアミノ酸の中でも運動をする人にとって最も重要なアミノ酸の1つと言えます。

ちなみに、名前が似ているグルタミン酸や、うま味成分としてしられるグルタミン酸ナトリウムは別物なので勘違いしないようにしましょう。

グルタミンの効果

グルタミンの効果について解説します。

グルタミンの効果1 筋肉分解を防ぐ

グルタミンの直接の効果ではないですが、前述した通り運動をするとグルタミンが過剰に消耗されてしまいます

この時人体は筋肉を分解してグルタミンを補給しようとしてしまうので、結果としてグルタミンを摂取しないと筋肉分解が起きてしまいます

筋トレやスポーツをしているのに筋肉が減って、パフォーマンスが落ちては元も子もないですね。グルタミンを摂取して筋肉分解を防ぎましょう(※1、2)。

グルタミンの効果2 消化を助ける

グルタミンは小腸などのエネルギー源としてはらたくことがわかっています。よって、グルタミン不足にならないようにすることは消化器官を健康に保つ上でも大切です。

消化器官が健康でないと、グルタミンに限らず食事やサプリメントの消化吸収による栄養補給ができなくなってしまいます(※1、2)。

グルタミンの効果3 免疫力の向上

グルタミンは免疫細胞のエネルギー源となります。

体内に菌やウィルスが侵入した来た時に身体を守ってくれるのが免疫細胞です。

筋トレやスポーツをする人で風邪をひきやすい人がいるのはこのグルタミン不足が影響していると考えられています

トレーニング後に体調を崩しやすい人はグルタミン不足の可能性があります。気をつけましょう(※1、2)。

グルタミンの摂取タイミング

グルタミンの摂取タイミングでトレーニング前でもいいと論述してあるものがありますが、これは避けたほうがいいでしょう。

理由は、グルタミンは窒素を持っているアミノ酸で、使われて分解される中でアンモニアが発生します。

アンモニアは人体にとって疲労などの原因になる有毒物質です。トレーニング時にアンモニアは発生するのですが、グルタミンをトレーニング前に摂取してしまうとますますアンモニアを発生させてしまいます

ですから、グルタミンは必ずトレーニング直後に摂取するようにしましょう。時間が空くと、筋肉分解が起こってしまいます。トレーニング前にはBCAAを摂取するのが良いでしょう。

筋トレ前
BCAA
筋トレ後
プロテイン、グルタミン

    グルタミン不足に気をつけよう!

    運動や筋トレをしている人は、BCAAやクレアチンなど「攻めのサプリ」は気をつける人が多いですが、グルタミンは「守りのサプリ」です。

    攻守どちらも伴って初めてパフォーマンスの向上が見込めます。これからは、グルタミン不足に気をつけてさらなる上のレベルを目指しましょう。

    グルタミンを摂取できる商品

    グルタミンを摂取できる商品です。

    BPIスポーツ ベストグルタミン


    おなじみの、味と品質に圧倒的な定評のあるBPIスポーツのグルタミンです。

    スプーン1杯9gでグルタミンを6.5g、ビタミンCを0.5g摂取できます。グルタミンは6種類の形のグルタミンブレンドという高級品質になっています。

    相変わらず、味が美味しくて溶けやすく飲みやすいと人気です。

    バルクスポーツ グルタミン


    純粋なL-グルタミンパウダーです。高品質でありながら安いです。安心の国産バルクスポーツのグルタミンです。

    味は全くしないですが、味よりもコスパにこだわるユーザーから人気の高い商品です。

    DNS ホエイプロテインG+


    味と品質に定評のあるDNSからホエイプロテインにグルタミンがたっぷり5g入った高品質プロテインが販売されています。

    グルタミンをいちいち買ったり、持ち歩いたりするのがめんどくさいという人はこの2つが1つに入ったG+がおすすめです。

    スプーン1杯33gで、エネルギー 136kcal、たんぱく質 25.8g、脂質 2.2g、炭水化物 3.2g、グルタミン5gと増量期でも減量期でも使えて、タンパク質含有率も高めな商品です。

    ※1)参考文献 : 出典 vitaminstuff.com glutamine
    ※2)参考文献 : 出典 オーソモレキュラー.jp 必須アミノ酸と非必須アミノ酸
    ※ 表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

    あわせて読みたい