トレーニングマットのおすすめ10選と選び方!人気の筋トレマットを紹介!

トレーニングマットのおすすめ10選を厳選してまとめました!トレーニングマット選びに失敗したくない人に、正しいトレーニングマットの選び方を解説。トレーニングマットは収納が簡単で、デザイン性にも優れているので男女問わず多くの人におすすめしたい商品です。

トレーニングマットとは?

トレーニングマットは、トレーニングを行う際にさらにその質を高めるために使う専用のマットです。

ストレッチ、ヨガ、腹筋運動(腹筋ローラーは特に)、パワーラックやベンチ台やダンベルの下に敷いたりと、様々な用途があります。

価格帯もリーズナブルなのものが多く、トレーニングをする人には、自宅に一枚は最低でも持っておきたい便利なものですね。

トレーニングマットをおすすめする理由!

トレーニングマットをおすすめするのは単に安いからではありません。様々なメリットがあるのです。

トレーニングマットおすすめの理由1) 防音効果で迷惑をかけない!

マンションやアパートに住んでいて自宅で運動を行いたい人はトレーニングマットを使うべきでしょう。

理由はトレーニングマットによって、振動や音を防いでくれる防音効果です。

また、ダンベルなどのウェイトを使った本格的なトレーニングをする人も、マットの上でトレーニングをすべきでしょう。マットを使わないと床が傷ついてしまうことが多々あります。

トレーニングマットおすすめの理由2) 腹筋を鍛えるのに必須!

腹筋を鍛えるシットアップやクランチ、どれもお尻を視点として運動をします。床が硬いと、どうしてもお尻の骨が痛くなったしまったり、悪い場合は腰を痛めてしまうこともあるのです。

これを解決できるのがトレーニングマットです。トレーニングマットは、衝撃吸収性があり、お尻にかかる体重の負荷を分散してくれます。

トレーニングマットがあれば、腹筋運動も難なくこなすことができますよ。

トレーニングマットおすすめの理由3) 腹筋ローラーと相性抜群!

腹筋を鍛えるのにトレーニングマットが効果的だと説明しましたが、その中でも腹筋ローラーを使う際には特にトレーニングマットをおすすめします。

腹筋ローラーで動作する際に、ちょうど膝を付く所にトレーニングマットを敷きます。膝をついて腹筋ローラーを行う際、トレーニングマットなしだと膝が黒ずんだり痛くなるでしょう。

腹筋ローラーを膝を付かなくてもできる人も要注意!ふとした瞬間に膝を落としてしまい転倒することだってようあります。トレーニングマットがあれば安心して鍛えられますよ。

腹筋ローラーのおすすめはこちら

トレーニングマットの選び方

トレーニングマットの購入を失敗しないためにも、正しいトレーニングマットの選び方を知りましょう!

トレーニングマットの選び方1) 厚さ

トレーニングマットはそれぞれ厚さが違います。そして、それぞれ使用する目的が異なることがあります。

例えば、ストレッチやヨガを行うのであれば薄いタイプのトレーニングマット。筋トレや体幹、腹筋を鍛えるのであれば厚めのトレーニングマットを選ぶようにすると◎。

トレーニングマットの選び方2) 幅広なタイプか?

トレーニングマットは幅広で伸び伸びできるタイプと、そうでない普通のタイプがあります。

どちらがいいかは、ご自宅の設置を予定しているスペース次第になりますが、基本的に幅広タイプの方がいいかもしれません。どのような運動にも柔軟に対応できます。

トレーニングマットの選び方3) 目的に合わせたものを買う

厚さや幅広など、トレーニングマットもいくつかのバリエーションがありますね。ご自身の目的にあったトレーニングマットを買いましょう。

例えば、ヨガを行うのであれば色は目を疲れさせない薄めの優しい色で薄いタイプ。筋トレをするのであれば、色は関係なしに幅広で厚いタイプ。

このように自分の目的に合わせてトレーニングマットを選びましょうね。

トレーニングマットおすすめ10選!

トレーニングマットのおすすめ10選を紹介します!自分の目的にあった良いものを探しましょう。

トレーニングマットおすすめ①Active Winner ヨガマット (ストラップ付) 6mm

Active Winner ヨガマット (ストラップ付) 6mm

2490円

詳細情報
・厚さ:6mm
・低反発素材
・動的ヨガにも静的ヨガにも使える万能型

厚さ6mmで動的ヨガにも静的ヨガにも使える万能タイプ。低反発素材のような形状記憶仕様により、凹み跡などがつきにくく、クッション性もいいです。

耐久性もよく、メーカーの1年保証も付いてます。

大きさも、183cmと大きく男性でも女性でも使える大人気商品です。

トレーニングマットおすすめ②ananko 極厚 15mm トレーニングマット

ananko 極厚 15mm トレーニングマット

1980円

詳細情報
・厚さ:15mm
・クッショ性が高く体が痛くなりづらい
・豊富な色のバリエーション

安い上に、15mmとかなりの厚さで、クッションにより体が痛くなりません。色もカラフルでいくつものバリエーションから選べるおしゃれなマットです。

自重トレーニングや体幹筋トレをメインでやる人におすすめのトレーニングマットです。

トレーニングマットおすすめ③アイランズ トレーニングマット 1m×2m×6㎜


アイランズ トレーニングマット 1m×2m×6㎜

3750円

詳細情報
・長さ:2m
・幅:1m
・ゴム素材で滑りづらくダンベルなどの衝撃も吸収

長さが2m、幅が1mと大きさに関しては大満足の商品です。ゴム素材で滑りにくく、ダンベルなどによる床のダメージが一切気になりません。

ダンベルやベンチなどを使い本格的な筋トレをする人におすすめのマットです。

トレーニングマットおすすめ④OYOGA ヨガマット トレーニングマット

OYOGA ヨガマット トレーニングマット

1380円

詳細情報
・厚さ:10mm
・ヨガ用トレーニングマット
・豊富なカラーバリエーション

厚さは10mmで十分にあるヨガ用のトレーニングマットです。

厚さがあるので、筋トレなども併用して行うこともOK。ストレッチ、ヨガ、腹筋などを多く行う人はこのトレーニングマットがおすすめですね。

色もカラフルで、可愛いピンクからシックな黒まで幅広く揃えてあります。

トレーニングマットおすすめ⑤POVUMGA ヨガマット

POVUMGA ヨガマット

3799円

詳細情報
・厚さ:5mm
・持ち運びが簡単
・おしゃれなデザイン性

収納ケース付きの薄い(5mm)タイプのヨガマットです。

持ち運びも簡単で、どこでも簡単にヨガやストレッチを始められるのが最大のメリット。他のトレーニングマットとは違うおしゃれなデザインで、エクササイズする意欲もアップしますね。

トレーニングマットおすすめ⑥Winnerheartヨガマット

Winnerheartヨガマット

2180円

詳細情報
・厚さ:6mm
・速乾性に優れたマット
・収納ケース付きで持ち運びも楽々

速乾性に優れ、匂いの付きにくい清潔感を保てるトレーニングマットです。厚さは6mmです。

抑菌防水構造になっているタイプのトレーニングマットで、汗をかいた状態で運動しても問題なく使い続けることができますね。

持ち運びが簡単にできる収納ケース付きなので、出先でもすぐに使うことができまよ。

トレーニングマットおすすめ⑦ALINCO(アルインコ) エクササイズフロアマット

ALINCO(アルインコ) エクササイズフロアマット

2200円

詳細情報
・厚さ:6mm
・安心のALINCO
・衝撃吸収に優れたモデル

トレーニングをする人におすすめしたいALINCOのトレーニングマットです。こちらも厚さは6mm。

衝撃吸収に優れているので、ダンベルなどの器具も安心して置けます。Amazonでも高評価のトレーニングマットなので、おすすめの商品ですね。

エアロバイクなどの下に敷いて使っている人もいるそうです。

トレーニングマットおすすめ⑧adidas(アディダス)トレーニング用マット


adidas(アディダス)トレーニング用マット

5665円

詳細情報
・厚さ:10mm
・幅:183cm×61cm
・アディダスの高品質なマット

アディダスのトレーニングマットです。持ち運びも便利にできるおすすめの商品ですね。

厚さ(10mm)、幅(183cm×61cm)ともに文句のないトレーニングマットです。値段が少し高いですが、期待を裏切らない品質のトレーニングマットと言えるでしょう。

トレーニングをする人からヨガやストレッチをする人まで、幅広く愛用しています。

トレーニングマットおすすめ⑨RIORES (リオレス) スポーツマット


RIORES (リオレス) スポーツマット

4880円

詳細情報
・厚さ:5cm
・分厚いタイプを探している人におすすめ
・折りたたみ対応

折りたたみに対応したトレーニングマットです。厚さは5cm!非常に分厚いタイプのトレーニングマットですね。

通常のトレーニングマットをお探しの方にはおすすめしませんが、非常に品質的に安心できるトレーニングマットですのでチェックしましょう。

トレーニングマットおすすめ⑩ピュアライズ ヨガマット


ピュアライズ ヨガマット

1790円

詳細情報
・厚さ:10cm
・低反発クッション
・耐久・耐水に優れたPVC(ポリ塩化ビニル)素材

人気のピュアライズのトレーニングマットです。厚さは10cmとかなり厚めでしっかりと低反発なクッションがあるのでお尻が痛くなりません。

耐久・耐水に優れたPVC(ポリ塩化ビニル)素材。アプリコットオレンジ/ブルー/グリーン/パープル/ピンクの5色から選べますのでアマゾンでチェックしてみてください。

トレーニングマットのおすすめ10選と選び方!人気の筋トレマットを紹介!まとめ

せっかく自宅でも筋トレやヨガ、エクササイズをやるならばトレーニングマットを使ってトレーニングに集中できる環境で行った方が効果が高いです。

そんなトレーニングマットを選ぶ際は今回の記事を参考に、自分がどんな種目のトレーニングを行いたいのかで選んでくださいね。

※ 表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

あわせて読みたい