トレーニンググローブおすすめ5選と効果まとめ!筋トレするなら絶対必要なアイテム!

ジムなどで筋トレをするとほとんどの人が、筋トレグローブやトレーニンググローブと言われるグローブをして筋トレをしていますね。実はこのグローブ筋トレの効果を天と地ほどの差をつける大切なアイテムなのです。今回はこの筋トレグローブとトレーニンググローブの選び方やおすすめについてご紹介します。

トレーニンググローブとは?

トレーニンググローブとは、筋トレなどのウェイトトレーニングを行う際に使うグローブで、別名筋トレグローブとも言われています。

手のひらと手首を保護し、グリップ部分が強化されているグローブです。

自宅で自重トレーニングを行う人には馴染みが薄いかもしれませんが、ダンベルなどを使ったウェイトトレーニングを行うならば必須アイテムと言えます。

トレーニンググローブの効果とは?

トレーニンググローブはウェイトトレーニングを行うなら必須アイテム!その理由は以下より解説します。

筋トレグローブの効果1) 手の平の保護(痛み軽減・マメ防止)

ダンベルやバーベルを素手で持っていると、シャフトの部分の刻みが痛くなってしまったり、重いウェイトを扱うことで手の平にマメができてしまうことがあります。

酷くなると、痛くてダンベルやバーベルをしっかり握れなくなったり、皮膚が剥がれて血が出てしまうなんてことも起こり得るのです。

トレーニンググローブを使えば、手の平とシャフトの間にクッションができ、痛みを軽減し、マメ防止をしてトレーニングをすることができます。

筋トレグローブの効果2) 滑り止め(グリップ強化)

ダンベルやバーベル等のトレーニング器具は、基本的に滑り止めを促すデザイン(シャフトのギザギザ等)がされていますが、使い込まれていくうちに、すり減ってきて滑ってしまうようになります。

握る部分が滑ると滑らないとでは、トレーニングの質が全く違ってくるものです。特に、高重量を扱う時には顕著に滑りを意識するようになるでしょう。

トレーニンググローブは、これらの問題を解決してくれます。滑りを防止しグリップを強化してくれます。(※1)

実際に素手でのトレーニングをしていた人は、トレーニンググローブを使ってみるとその差に驚くかもしれません。

筋トレグローブの効果3) 安全性の確保

トレーニングジムは、ダンベルやプレートの落下など実は多くの危険の隣り合わせです。そのため多くのジムではサンダルの着用を禁止していますね。

素手でトレーニングをすると、どうしても手汗をかいたり、ましてやケトルベルなどシャフトが太いものを使う際には落としてしまったり、手を挟んでしまうリスクが大幅に増えます。

トレーニンググローブを使えば、滑り止めにもなり、ウェイトを落とす危険性も回避でき、さらに万が一何かあった時も手を保護してくれます。

効果まとめ
  • 手の平の保護
  • 滑り止め
  • 安全性の確保

トレーニンググローブの種類

トレーニンググローブにもいくつかの種類があります。自分にあった種類にものを選んでください。

布・人工素材系(洗えるタイプ)のトレーニンググローブ


(Amazon ハービンガートレーニンググラブ)

メリット

・比較的安いものが多い
・通気性がよくムレにくい
・軽い
・洗える

デメリット

・壊れやすい
・100kg以上の高重量になると少し手が痛むことがある

といった感じです。初心者や初めてのグローブにはいいでしょう。実際に使っていて不満に感じるということはありません。

ただ一つ注意点としては、洗うときにモノによりますが、黒い染料の色が落ちることが多いです。普通に洗濯機で白い服と一緒に洗うと色移りしてしまうので、手洗いをおすすめします。

レザー系(洗えないタイプ)のトレーニンググローブ


(Amazon GOLD’S GYM(ゴールドジム) レザーグローブ)

メリット

・クッション性が高く高重量でも使える
・耐久性が高い
・手になじむ

デメリット

・比較的価格帯が高い
・通気性が悪い
・洗えない

というような感じで、こちらは一度布系のグローブを使った人が買い換えるときにおすすめです。実際高重量での安定感がすごいです。

リストラップ付きのトレーニンググローブ


(Amazon Harbinger(ハービンジャー) トレーニンググローブ(リストラップ付))

メリット

・手首の保護
・耐久性が高い
・高重量トレーニングも快適にできる

デメリット

・価格帯が高い

リストストラップ付きのトレーニンググローブは、手首の保護ができるのが最大のメリットです。手首が安定することで、高重量トレーニングも快適に行うことができます。

種類まとめ
  • 布・人工素材系
  • レザー系
  • リストストラップ付き系

トレーニンググローブの選び方

トレーニンググローブの効果やメリットが分かりましたね。では、具体的にどうやって自分に合うトレーニンググローブを選べばいいか解説します!

トレーニンググローブの選び方1) フィットするサイズを選ぶ

トレーニンググローブが大き過ぎると、グローブと手の平に空間が空き過ぎてグリップ力が弱まり、上手くシャフトを握りれません。逆に小さ過ぎても、グローブと食い込んでしまって痛くなってしまいます。

トレーニンググローブは、手の平に心地よくフィットするものを選びましょう。

海外製のトレーニンググローブは、国産のものより少し大きめなので、ワンサイズ落として買うのがオススメ。

また、国産のグローブであっても、よほど手が大きくない限りMサイズで十分フィットするでしょう。

トレーニンググローブの選び方2) 手の平部分の厚さを確認

トレーニンググローブの手の平の部分の厚さによって、シャフトが握りやすくなったり、逆に握りづらくなったりします。

基本的には、手の平部分の厚さがしっかり加工してあるグローブがオススメ。特に、指がどちらかいうと細めで、手も薄いタイプの人であれば厚めのものがいいでしょう。

トレーニンググローブおすすめ5選!

トレーニンググローブおすすめ①

GW SPORTS トレーニング ジム グローブ リストフラップ付き


メッシュや通気性のための小さな穴が空いており、蒸れにくい仕様で洗濯もできるタイプです。

グリップ部分はゲルでできていて、グリップ力も高いのにこの値段は大人気です。

手首部分をしっかりと保護できる仕様になっており、初心者でも安心の商品です。

 税込価格  1,380円

トレーニンググローブおすすめ②

WL Products ウェイトリフティング グローブ


こちらも同様に洗濯できるタイプのトレーニンググローブです。メッシュ加工で通気性もかなり高くなっています。

グリップ部分は高弾性クッションパッドになっています。ゲルなどではなく、なるべく素手で持つ感覚に近づけたいのならこちらの方が良いでしょう。

手首を保護するリストラップは同様についていて、値段も安くおすすめの商品です。

 税込価格  1,595円

トレーニンググローブおすすめ③

ハービンガートレーニンググラブ


スタンダードなタイプの洗濯できるトレーニンググローブです。

シンプルな設計により素手で握るのに一番近い感覚で握る事ができ、歴史も長いので利用者も多いグローブです。

注意点として、黒い染料が手に染み付いたりします。また、洗濯する時はほかのものと分けて洗濯した方がいいでしょう。

リストストラップなどと併用したいなら、シンプルなグローブとしてこちらがおすすめです。

 税込価格  2,000円

トレーニンググローブおすすめ④

GOLD’S GYM(ゴールドジム) レザーグローブ

洗濯できないタイプのレザーグローブです。手のひらの部分のレザーのクッション性が丁度よく、高重量を扱っても問題なくグリップ感とクッション性を両立しています。

レザーグローブは使っているうちに手に馴染んでくるので、迷ったら小さめのサイズを購入することをおすすめします。

高重量を扱う筋トレ中級者以上におすすめのグローブです。

 税込価格  3,290円

トレーニンググローブおすすめ⑤

GOLD’S GYM(ゴールドジム) プロトレーニンググローブ


ゴールドジムがこだわり尽くしたトレーニンググローブです。洗濯はなるべくしない方がいいでしょう。

まるで素手で握っているような感覚に驚きです。ディップスやプルアップなどの滑りやすい種目を高重量で行う筋トレ上級者におすすめです。

 税込価格  5,299円

トレーニンググローブを使って筋トレをしよう!

トレーニンググローブを使って筋トレをすることで、シャフトを握りこむグリップ力の向上、滑り止め防止、安全性の確保など様々なメリットがあります。

トレーニングをしている人の中には、グローブを忘れた日はもう筋トレを諦める人もいるくらいです。

トレーニンググローブをお探しの人も、これから購入する人も、今回の記事を参考に是非手に入れてみましょう!

※1)参考文献 出典 : LIVESTRONG.com The Benefits of Wearing Weight Lifting Gloves