【ルームランナー】自宅で快適に有酸素運動!選び方は?|おすすめ商品まとめ

ルームランナーでの正しい有酸素運動からオススメ商品まで紹介していきます。ダイエットをしたいけど何から始めていいかわからない。そんな方にオススメしたいのがルームランナーです。しかし、間違ったルームランナーでの有酸素運動や自分に合わない商品を購入しては元も子もありませんよ!

ルームランナーの選び方

安すぎるルームランナーは要注意

ルームランナーを選ぶ上で、安すぎるものは購入する前に要注意です。というのも、安すぎるルームランナーはとても壊れやすいからです。

確かに、価格的にリーズナブルなものに目が行きがちですが、ここは奮発するべきポイントであることを忠告でします。

実際に、安す過ぎるルームランナーを購入し、走ってる際に器具そのものが揺れて集中できなかったり、使って1,2回なのに壊れてしまうということう事は実は非常に多いのです。

初期投資をケチってしまい失敗してしまえば元も子もありません。ここはお金をかけるべき所だという認識をもつといいかもしれません。

ルームランナーのサイズや機能を要チェック!

ルームランナーを購入する際に、そのサイズと機能を要チェックしてください。

まず、ご自宅でのトレーニングスペースの確保です。

そのスペースの寸法を測り、購入する前にしっかり収まりがきくかどうか必ず確かめましょう。

そして、チェックすべきポイントはサイズだけ以下のよく見るようにしましょう。

  • 1.走行ベルトのサイズ
  • 2.最高速度
  • 3.連続使用時間
  • 4.耐荷重
  • 5.心拍計

以上の5つがルームランナーを購入する際にチェックしてほしいポイントです。

ルームランナーの効果的な使い方

ルームランナーの使い方①1日45分間がダイエット効果が高い

ルームランナーで脂肪を落としたい方は、1日45分間を目安に運動すると良いでしょう(※1)。それ以上でも以下でもありません。

1日30分のルームランナーでは主に健康の維持を目的とした運動になり、期待しているようなダイエット効果はあまり見込めなと考えた方がいいです。

1日45分間。軽く流してウォームアップをして体を暖めた後に、本番の動きで45分間行うと◎

少し長いと感じる方は、テレビや音楽を聴きながら行うとどうでしょう?

日頃運動不足の方は汗をかいて気持ちよくなりあっという間に感じてしまうものです。

ルームランナーの使い方②「心拍数」がカギ

それでは、この45分間のルームランナーをどうやるかをお教えします。まず、運動中は心拍数を確認するようにし、その心拍数が高くなりすぎないように調整して運動をしていきましょう

別の言い方をすると、心拍数がやや低い状態をキープして運動を行うことが大事なのです。

そもそも、これは有酸素運動なのです。筋肉の収縮と伸展を繰り返すハードな筋トレである無酸素運動とは別物。

仮にハードにやりすぎてしまうと無酸素運動の要素が強くなっていき血中のエネルギーを体が使用してしまいます。使用するべくは脂肪のエネルギー。

これをいかに使わせるかでダイエット効果に差が開きます。

ルームランナーの使い方③緩急をつけて体を”騙し続ける”

有酸素運動によって脂肪を落としていく際に実践して欲しいテクニックが「緩急をつける」ということです。

具体的には、例としてですが、10分間ゆっくりと走り、その後5分少し早く走る、その後10分ゆっくり走り、また5分間早く走る、このように45分間の中で動きに緩急をつけることが重要です。

ルームランナーはなぜ緩急が必要なのか?

緩急が必要な理由は「体を”騙す”」ためです。ではなぜ”騙す”必要があるのかを説明します。

人間の体の性質として、与えられた刺激に慣れようとする本能があります。

つまり、毎日同じ運動を同じ強度で行なった場合その刺激に体は慣れようようとしてついには慣れてしまいます。

するとその刺激を刺激と感じづらくなってしまう。すなわち効果が体に現れにくくなってしまうということです。

45分間同じスピードだと体が慣れてしまう、そこで緩急をつけるのです。さらに、これはこの45分間のみに限った話でなく期間(日)でも緩急をつけるべき。つまり、以下のようにメニューを組みます。

1ヶ月目:10分(遅く)→5分(速く)→10分(遅く)→5分(速く)→10分(遅く)→5分(速く)→10分(遅く)→5分(速く)
2ヶ月目:15分(遅く)→5分(速く)→15分(遅く)→5分(速く)→15分(遅く)
3ヶ月目:5分(遅く)→5分(速く)→5分(遅く)→5分(速く)→5分(遅く)→5分(遅く)→5分(速く)→5分(遅く)→5分(速く)

このように、期間においても1ヶ月目、2ヶ月目、3ヶ月目で緩急をつけていくのがポイント。しかし、注意点として、早いタームでの緩急はつけすぎないこと

つまり、1日ごとのメニューの変化であったり、極端な話45分間の中で2秒ごとに速こぎと遅こぎを繰り返すなどといった行為はNGだということです。

あくまで上記のようなメニューを参考に運動をするようにして下さい。

ルームランナーの商品

ルームランナー①

BAR WING高機能ルームランナーMAX16km/h

16kmを限界速度としているので、中上級者も安心!迷ったらこのルームランナーで決まり!

ルームランナー②

電動ルームランナー 速度10kmMAX 3カラー 2017年最新版

時速10kmまでしか出ませんが、折りたたみ式にしコンパクトにできるメリット。まずルームランナーを試したい方におすすめ!

ルームランナー③

ALINCO(アルインコ) ルームランナー AFW1011

時速16kmの十分な速度にトレーニングプログラムまでついた高性能と言えるルームランナー。本格派を目指すならこれ!

ルームランナーは有酸素運動に最適!

いかがでしたでしょうか?

ポイントは45分間心拍数を上げすぎずに行う事です。これは、ジムでやろうが家でやろうが変わりはありません。

加えてウェイトトレーニングを加えることが最もオススメできますが、時間がなかったり、走って気持ちのいい汗をかきたい方はこの”45分間ルール”をしっかり守って有酸素運動をしてください。

今回紹介したのは安過ぎず、ルームランナーを購入して失敗する可能性を最大限小さくすることを志向して選出しました。ルームランナーの購入を検討しいる方は是非参考にしてください。

(※1)参考文献:LIVESTRONG.COM Is Riding a Stationary Bike Good Exercise?
※ 表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

あわせて読みたい