バランスディスク(バランスクッション)の使い方とおすすめ商品!効果的な体幹トレーニング方法も!

バランスディスク(バランスクッション)をご存知ですか?ジムなどで見かけたことはあるけど使ったことはないという人が多いのではないでしょうか?今回はこのバランスディスクの効果や使い方。そして、体幹トレーニング方法とおすすめのバランスディスクをご紹介します。

バランスディスク(バランスクッション)とは?

バランスディスクとは画像のように円盤状になっていて、バランスボールと同じようにゴムの素材でできている器具です。

バランスボールよりもゴムの材質は固く、弾力が強いです。一般的には片面にブツブツした突起が付いています。

もともとはリハビリ用の器具として使われていましたが、スポーツ選手などがトレーニングにも取り入れるようになり注目を集めている器具です。

自宅で体幹トレーニングに使えるほか、ただ椅子の上に置いて座るだけでもインナーマッスルやバランス感覚を鍛えることができるので注目されています。

バランスディスク(バランスクッション)の効果1 姿勢改善でダイエット

バランスディスクを使用することで、姿勢が改善されます。実は姿勢が改善されるだけで出っ張っていた下腹を引っ込めることができ見た目上のダイエット効果があります。

脂肪燃焼には有酸素運動が必要で、これは時間がかかりますが、インナーマッスルや体幹を鍛えて姿勢改善することはすぐに効果が現れるダイエット方法です。

バランスディスク(バランスクッション)の効果2 体幹を強くする

バランスディスクトレーニングは基本的に体幹を鍛えるのに効果的です。体幹とは胴体部分の筋肉の事です。

体幹を鍛える事は女性では美しいボディーラインに繋がりますし、男性ではスポーツなどの実践でも当たり負けしない芯の強い体を作る事ができます。

バランスディスク(バランスクッション)の効果3 腰痛や怪我をしにくくする

バランスディスクを椅子の上に乗せて座るだけで、不安定な上でバランスをとる事で普段は使われない腰回りのインナーマッスルを鍛える事ができます。

腰回りのインナーマッスル、特に腹横筋と呼ばれる筋肉は別名「コルセット筋」と呼ばれるように、腰回りを包んで支えています。

この筋肉を強くする事で腰痛や怪我をしにくい体になります。

バランスディスク(バランスクッション)の効果4 簡単にながらエクササイズ

バランスディスクの大きな効果として、使い方が簡単という事です。例えば、椅子の上に置いて座るだけというのは忙しい人でも仕事や作業をしながらできます。

また、バランスディスクの上に立ってバランスを鍛えるのも場所をほとんどとらず、テレビなどを見ながらできます。

インナーマッスルやバランスを鍛えるのはわざわざ専用のトレーニングをするのもいいですが、隙間時間や日常生活をしながら一緒に鍛えるのが時間的にも効率的でしょう。

バランスディスク(バランスクッション)の基本的な使い方!

まずは簡単座るだけで姿勢改善

まずは、簡単に座るだけのエクササイズです。作業をしながら行う事もできます。

ポイントは背筋を伸ばす事です。バランスを取ろうとすると比較的自然にお腹に力が入ります。

お腹に力を入れるのは大切ですが、力を入れすぎて肩や腰が力んで丸まらないようにあくまでもリラックスしながら背筋を伸ばしましょう。

お腹を引き締めるトレーニング

バランスディスク(バランスクッション)で体幹トレーニング

バランスディスクで体幹を鍛える基本トレーニング

バランスディスクをつかってプランクを行う事で、通常よりも不安定な分、体幹やバランスに強い刺激を与える事ができます。

動作自体は非常に簡単ですが、効果は抜群です。

バランスディクスで脇腹の引き締める

バランスディスクを使って脇腹も引き締めるトレーニングです。

腕と反対の足を延ばす事でひねりの動作が加わり脇腹に効きます。

立って行う体幹トレーニング

太ももからお尻にかけての筋肉を刺激しながら体幹を鍛えるトレーニングです。

バランス力はこのトレーニングが一番つきます。スポーツをやる人や筋トレをしている人にもおすすめです。

バランスディスク(バランスクッション)おすすめ商品

EGS(イージーエス) バランスディスク ポンプ付き


価格が安く大人気の商品です。

ブツブツの突起は片面だけについている仕様です。トレーニングの用途に合わせて突起を使うのと使わないのを使い分けられるので片面だけのものが良いでしょう。

ポンプも付いていてすぐに使う事ができます。色はブルー/ピンク/ブラックの3種類から選ぶ事ができます。

バランスディスク(バランスクッション)を使ってみよう

バランスディスク(バランスクッション)の使い方がわかったら、実際に使ってみましょう。

まずは、椅子の上に座ってみてください。それだけで気持ちいいですよ!

※ 表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

あわせて読みたい