トレーニングではなく世界基準の「ワークアウト」をやれ!筋トレで効果を出すために絶対知っておきたい事

日本では、筋トレのことを「トレーニング」と言います。しかし、世界では「トレーニング」とは呼ばれておらず皆さん「ワークアウト」と言います。言葉が違いますが、実は中身も違うのです。日本人には「ワークアウト」でなく、「トレーニング」をしている人が多すぎます。今回は、トレーニングをする日本人に、効果を出すための「ワークアウト」を徹底解説していきます。

ワークアウトとは?

ワークアウトとは、アメリカなどで用いられている言葉です。何を意味するかというと、日本で言うところの「トレーニング」「筋トレ」というものを指す際に使われます。

仮にアメリカで「トレーニングをする」と言うと、何か軍隊などのトレーニングや、自発的に行なっていない運動を指す場合が多く、アメリカで筋トレは「ワークアウト」なのです。

日本では、「トレーニング」や「筋トレ」の愛称で親しまれているものは、アメリカで言う「ワークアウト」とは違います。

それには幾つかの理由があり、これを理解することでいわゆる筋トレにおいて大きな成果を上げることができるようになるでしょう。

それでは、以下より早速本題に入ります。

トレーニングではなくワークアウトをしろ

トレーニングやワークアウトとは、そもそも英語ですが、具体的にこの言葉自体何を意味するのか。

トレーニング(Training)=鍛錬や、調教、つまり自発的に行なっていない訓練等、罰におけるトレーニング等を指します。

ワークアウト(Work Out)とは、ワーク(Work)=機能する、アウト(Out)=機能を表に出す、つまりワークアウトとは、結果(機能=筋肉・筋力)を表に出す(目に見えて違いがわかる)ことです。

ワークアウトは自発性を伴った結果を出すためのトレーニングのことです。日本人には、筋トレ=鍛錬、トレーニングといった認識が多すぎです。

本来は、筋トレ=ワークアウトなのです。結果を出すために手段としてウェイトトレーニングをするわけです。

何故、アメリカ人はあれだけ筋肉がついているのに関わらず、日本人ではそうではない人が多いのか、それは体質や文化の違いもなくはありませんが、トレーニングとワークアウトの認識の差でしかないとも言えます。

ワークアウトは結果を出すための筋トレ

それでは具体的にトレーニングとワークアウトでは、私達の行なっている筋トレで何がどう違うのか?以下にまとめました。

何の為に筋トレをしているのか認識する

まず初めに、何の為に筋トレをしているのか再認識して下さい

カッコいい体になりたいのか、痩せたいのか、ある特定の運動機能を高めたいのか、自分が何の為にウェイトトレーニングをしているのか、その目的をしっかり把握することです。

筋トレを始めたばかりの方は大体しっかり認識できていますが、途中でみんな忘れていき、ただの義務として”トレーニング”をするのです。これはワークアウトではありません。つまり結果が出ないのです。

目的を決めそこに向けていかに効率的に無駄を省いて筋トレをしていくか、これがワークアウトです。

ワークアウトは1~2時間もジムにこもるものではない

日本人は非常に真面目な方が多く、耐えることを非常に得意にしている民族に見受けられます。この性質は尊敬すべきものなのですが、こと筋トレにおいて悪く出ている場合が多くあります。

というのも、1~2時間、ひどくて3時間もジムでトレーニングをしているのです。これは明らかなミスであり筋肉を全く追い込めてない公算が大きいと言えるでしょう。(※1)

筋トレで成果を出す、つまり筋肉を大きくさせていく上で1~2時間はやりすぎなのです。本来の筋トレは、筋肉を大きく発達させていく上で一部位につき5~15分程度で十分なのです。

長時間(1~2時間)の筋トレは筋肉を細くする

1~2時間の筋トレでは、筋肉が細くなっていくと言えるでしょう。というのも、このような長時間の筋トレだと速筋線維ではなく、遅筋線維が刺激されてしまうからです。

速筋は大きくなる瞬発的な筋肉ですが、遅筋は小さくなる持久系の筋肉なのです。

長時間の筋トレはこの遅筋を多く発達させるので、結果として筋肉が小さくまとまっていきます。日本人が大きくバルクアップできない理由が、この長時間の筋トレにあります。

一部位5~15分で速筋を刺激しまくれ

速筋は瞬発系の筋肉であり、瞬発的な刺激を成長に必要とします。つまり、いかに少ないセット数の中で追い込むかが重要なのです。

例えば、胸筋であれば3セット程度で追い込めばもう十分なわけです。1,2セットで軽めと中程度のウォームアップを行う、最終セットで本番だと思いここで一気に本気で追い込みます。

筋肉を大きく発達させる為にはこれで十分なのです。

休息や食事もワークアウトの一つ

ワークアウトは結果を出すために行うもの。つまりウェイトとレーニングだけでなく、休息や食事もワークアウトの一つなのです。

1週間3回だけの筋トレであとは休息に当てる

多くても1週間3回でいいでしょう。そして鍛えるのは各部位1回ずつです。

超回復と言って、一度傷ついた筋肉が回復するのに48~72時間は要します、さらに、その部位が最大筋力でもう一度重りを上げれるようにエネルギーが溜まるのに、1週間は期間を要します。

動物性タンパク質を取りまくる

家を建てるのに、木材や鉄筋が必要なように、筋肉を作るのにタンパク質が必要になります。

タンパク質の中でも、肉や魚や牛乳に多く含まれる吸収性の高い動物性タンパク質を多く取るといでしょう。最低でも体重1kg当たり2~3gは欲しいところです。

結果が出なければワークアウトではない

結果が出なければ「ワーク(機能する)」していないのでワークアウトではありません。

筋肉が発達するのは所詮科学反応に過ぎません。脳が「これだけ筋肉が必要ですよ」と体にサインを送り筋肉が発達するわけです。

結果が出ないということは、脳が体にサインを送れていない、つまりワークできていないということです。

すぐに今行なっている筋トレをやめて、ワークアウトをするなりトレーニングの手法を変えるべきです。

ワークアウトをしよう

いかがでしたでしょうか?

長くやればいいわけではありません。ワークアウトとは、「何をやるか」ではなく「どうやるか」を突き詰めたものです。ウェイトトレーニングは自分の目的のために手段としてやるに過ぎず、その手段が間違っていればすぐに疑い何かを変えるべきです。

日本人に多いトレーニングから脱却し、世界標準のワークアウトをしましょう。

(※1)参考文献:bodybuilding.com Get Pumped For Your Big Date

あわせて読みたい