筋トレでモテるために大切な5つのこと☆間違った方法や振る舞いはやめるべし!

「筋トレをする理由はモテたいから」というのは筋トレを始める理由の中でもかなり上位の理由だと思います。確かに上手に筋トレすればモテるようになりますが、間違った方法や筋肉自慢を押し付けてしまうと女子から引かれてしまうこともあります。今回は筋トレしてモテるために大切な5つのことを紹介します。

筋トレするとモテるの?

「そもそも、筋トレするとモテるの」という疑問があると思います。

もちろん、異性の好みは人によりますし外見だけが全てではないので一概には言えません。

しかし、同じ人間であるならば筋トレをした方がモテる確率は上がるでしょう。なぜなら、

・女性は筋肉質な体が好き
・筋トレは自分に自信をつける
・筋トレすると集中力が上がり仕事もできるようになる

などなどのたくさんのメリットがあります。もちろんこれらも人によるところは大きいですが、少なくとも身も心も健康になってデメリットがあるということはありません。

筋肉をめちゃくちゃつければいいというわけはないので、これから気をつけるべきポイントを5つ紹介します。

筋トレでモテるための大切なこと1 バランスよく筋肉をつける

男性の中には筋肉をつけるだけつければいいと思っている人もいるかもしれませんが、女性が魅力的と感じるのは筋肉の量よりもその人のバランスやボディーシェイプです。

そのためにはバランスよく全身を鍛えることが大切です。特にふくらはぎや脚などはトレーニングがきついのでサボりがちですが、英語では「skip leg day」とそういう人たちを揶揄する言葉があるほどです。

自分の好きな筋肉だけつけているのは他人から見ると気持ち悪い場合があります。気をつけましょう。

筋トレでモテるために大切なこと2 体脂肪率を10%以下にする

もちろん、プロレスラーやお相撲さんのような体型が好きな女性もいると思いますが、一般的にはある程度の細マッチョが一番万人受けが良いのではないでしょうか?

細マッチョとわかるのは腹筋や胸や腕の筋肉に程よく筋が入っている状態です。これは体脂肪率にすると10%程度のなので、この体脂肪率10%を目安にして頑張りましょう。

もちろんトレーニングの時期で、増量期は体脂肪率が上がるのはしょうがないですが、その後の減量期で取りきれないほどの脂肪をつけてしまうのは気をつけましょう。

筋トレでモテるために大切なこと3 さりげないシンプルなファッション

マッチョな人はタンクトップなどの筋肉を見せる服を着たがりますが、女性からしたらそれはイマイチです。

むしろさりげないシンプルなファッションで腕の筋肉がチラッと見える程度が理想です。あなたがその女性と親しくなった時に、「脱いだらすごい」というギャップで女性は熱くなるので筋肉はその時までとっておきましょう。

筋トレでモテるために大切なこと4 自分から筋トレの話はしない

筋トレをしている人は本当に筋トレが好きで、食事にも気をつけている場合が多いです。

一緒にデートで食事した時などにも「これはたんぱく質がたっぷりある」とか「これは食べれない」とか言ってしまいがちですが、女性が求めているのは「一緒に楽しく食事をしてくれること」です。

また、普段の趣味の話などをしていてもいつも筋トレの話をしてるようでは、筋肉が好きな女性でも「内面がもう少し面白い人なら…」と思ってしまいます。

努力は隠しましょう。その方がカッコイイ男になれます。

筋トレでモテるために大切なこと5 自信を持ちながら思いやりを忘れずに

筋トレをすると自分に自信が持てるようになります。これは、非常にいいことなのですが中には態度がデカくなる人もいます。

個人の性格にとやかく言うつもりはないですが、自分に自信を持つことと女性への思いやりや態度が悪くなるのは全く別の話です。

ちなみに、「マッチョ」とはスペイン語なのですが、アメリカ南西部やメキシコなどスペイン語圏で「マッチョ」というと「男性主義者、男尊女卑」などの意味になってしまいます。

外国に行っても「マッチョ」と言われないように気をつけましょう。ちなみに、日本のいわゆるマッチョは「Big Guy(ビッグガイ)」などと言います。

心はビッグになっても態度はビッグになりすぎないようにしましょう。

筋トレを上手にしてモテよう

筋トレは自分のために行うものなので他人からの評価をそこまで気にする必要はないと思いますが、どうせやるなら上手に筋トレしてモテる方がいいかもしれませんね。

根本的には筋トレで自分を高めることによって、結果的に女性からもそれが評価されるという事です。

筋トレをすると多少価値観が変わって周りが見えなくなる時期もたまにあります。そんな時に自分を見つめ直す材料にしてください。

あわせて読みたい