デクラインプッシュアップのやり方と効果まとめ!大胸筋上部に効く角度がコツの腕立て伏せ!

デクラインプッシュアップのやり方と効果を解説します。大胸筋上部に効果的に効く角度がコツの腕立て伏せの筋トレです。大胸筋のみならず、広背筋(背筋)、僧帽筋、三角筋にも効果的。手の位置もポイント。プッシュアップバーを使うのもオススメ!

デクラインプッシュアップのやり方

デクラインプッシュアップのやり方を解説します!

デクラインプッシュアップのやり方

1. 椅子や台などに足を乗せた状態でプッシュアップポジションを取る
2. ゆっくりと体をおろし、床まで10cm程まで下ろす。
3. 腕に力を入れて起き上がる。この時も体をまっすぐに保つ。
4. 2~3の動作を繰り返す

デクラインプッシュアップのやり方をマスターしたい人にオススメ

この動画は間違ったデクラインプッシュアップと正しいものを分かりやすく動きで説明しています。

デクラインプッシュアップにチャレンジしたい方は一度この動画で動作をしっかり見ておくのがいいでしょう。

デクラインプッシュアップのやり方ポイント

デクラインプッシュアップのやり方ポイント①手の位置

両手を広げすぎないで地面について動作をするようにしましょう。

あまりに広くとりすぎてしまうと、可動域が狭くなってしまって効果的に胸筋に刺激を与えられなくなる可能性があります。

狭すぎるのも考えものですが、肩幅よりも少し広め程度を目安に位置を考えてくださいね。

デクラインプッシュアップのやり方ポイント②大胸筋上部を意識して動作する

デクラインプッシュアップは胸筋上部を効果的に刺激することができる種目です。

デクラインプッシュアップを行う時は、このターゲットになっている胸筋上部に効いているのをしっかり意識して動作をするようにしてください。

そこに意識を集中させて行うのと、行わないのでは筋トレの成果が全く違うことは研究結果でも明らかになっています・

デクラインプッシュアップのやり方ポイント③背筋を一直線に

動作前・中・後全てにおいて体の一直線のラインをキープすることがポイント。動作中は疲労が溜まってくると、どうしてもお尻を上げたり胸が下がったりしてフォームが崩れがちです。

間違ったフォームでは胸筋に効果的に刺激を与えることができなくなってしまうので、注意しましょうね。

デクラインプッシュアップの効果

デクラインプッシュアップの効果を解説します!

デクラインプッシュアップの効果①大胸筋上部に強い刺激を与える

デクラインプッシュアップは通常のプッシュアップと違い大胸筋の上側、つまり胸筋上部に効果的に刺激を与えることができる種目です。

大胸筋上部を鍛えることで、胸筋にさらなる厚みを持たせることができます。

胸筋は、上部、中部、下部に分かれており、このうちの上部は胸筋の印象づけに非常に効果的な部位だと言われています。

自宅筋トレで分厚い胸板が欲しい方は、デクラインプッシュアップを行なってみましょう!

デクラインプッシュアップの効果①角度を上げることで負荷を高め三角筋にも効かせる

デクラインプッシュアップはつま先を椅子やベンチ台に乗せて、角度をつけて行うプッシュアップですが、この角度を上げることでさらに負荷を高めることができます。

足が90度(倒立のような状態)に近づけば近づくほど、肩の筋肉である三角筋にも負荷がかかります。

高すぎては三角筋がメインターゲットになるので、65~75度が胸筋上部に最も刺激をいれられる目安だとも言えるでしょう。

次の筋トレ記事もオススメ!

デクラインプッシュアップで大胸筋の最強自重トレーニングをしよう!

いかがでしたでしょうか?

デクラインプッシュアップは胸筋上部に効果的に刺激を入れることができる種目です。

角度を調節することで、胸筋上部にかかる負荷をさらに上げることができるので、自重トレーニングの中でも最強の筋トレとも呼び声が高いのが分かります。

今回の記事を参考に、デクラインプッシュアップで分厚い胸板を手に入れましょう!

あわせて読みたい