デッドリフトの握力強化!握力がもたない時の対策法を解説!

デッドリフトの握力強化の方法を紹介!デッドリフトで100kgを超えてくると、段々と握力がもたない人が増えてきます。握力補助には、パワーグリップ、リストストラップ、オルタネイトグリップなどもおすすめ。握力が弱い人でも難なくデッドリフトで高重量を扱えるようになります!

デッドリフトの握力がもたない…

デッドリフトで握力がもたないと、背筋やハムストリングがまだ効果的に鍛えられていないのに、バーベルを落としざるを得なくなります。

さらに、デッドリフトで握力が疲労しすぎて次の種目の筋トレでも全然本気を出せなくなってしまうことも。

デッドリフトで必要な握力は重量が上がるほど同じく上がってきます。元々握力の弱い人は特に握力強化をしっかり行う必要がありますよ。

デッドリフト100kgを超えてくると握力がもたなくなってくる

個人差はありますが、多くの場合デッドリフト100kg辺りを超えてきたラインで握力がもたなくなってきます。

すでにデッドリフトで100kg以上の重量を扱っている人は、早急に握力強化もしくは握力補助になるギアや握り方をしてみるべきかもしれません。

デッドリフトの握力強化をしよう!

デッドリフトの握力強化を効果的にできる方法を紹介します!

ベントオーバーローで握力の強化と同時に背筋力アップ

バーベル・ベントオーバーローは上体を前傾させた状態でバーベルを持ち、肘を引くようにしてバーベルをお腹に引きつけます。

このトレーニングは、デッドリフトと同じオーバーグリップ(順手でバーベルを握る)で、さらに非常に高重量を扱うので握力の補助にめちゃくちゃ効果があります。

さらに、デッドリフトで必要な筋肉(広背筋)も鍛えられるので握力の強化や補助トレとしてもおすすめです。

バーベルシュラッグで握力強化

バーベルシュラッグはウェイトをつけたバーベルを前から握る、そのまま肩をすくめるようにしてバーベルを上げます。

高重量を扱える種目、かつバーベルの握り方が一緒(オーバーグリップ)なので、握力強化にもってこいの筋トレです。

ハンドグリッパーで握力強化

ハンドグリップは握力のトレーニングには最もおすすめ。握力を鍛えたいのであれば、握る動作をするのが一番だからです。

また、最大パワーを向上させたいのであれば、自分の限界に近い負荷をかけて効率的に筋肉を成長させることが筋トレの常識です。(連続10回程度が限界くらいの重さ)

ハンドグリップの使い方や選び方についての以下の記事も参考にしてみてください。

画像の「LGTM ハンドグリップ 5~50kg」はAmazonでベストセラー1位(2017年1月時点)となっているハンドグリップです!

5kgから50kgまでつまみを捻ることで強度を調節することが出来ます。ハンドグリップはダンベル同様に成長すると負荷を重くしなければならないのですが、これなら一つで50kgまでカバーできます。

形状も握りやすいR字型になっていて、まさに最先端のハンドグリップ。女性や初心者にもおすすめです。

ぶら下がりで握力強化

初心者でも簡単に取り組めて、かつ効果の高い握力強化方法が「ぶら下がり」です。簡単に行えるので、今すぐチャレンジしてみましょう。

握力が強くなってくれば、「片手ぶら下がり」も出来る様になってきます。1~2分間片手でぶら下がり続けれられる人は相当な握力の持ち主です。

デッドリフトの握力強化方法まとめ!

  • ベントオーバーロー
  • シュラッグ
  • ハンドグリッパー
  • ぶら下がり

デッドリフトの握力の補助に

デッドリフトの握力の補助になるトレーニングギアや握り方を確認しましょう。

パワーグリップ


(Amazon ゴールドジム パワーグリッププロ)

パワーグリップとは画像のように、手首に巻きつけるストラップとゴム状のベロがつながった筋トレグッズです。

パワーグリップは握力の補助に使うのでトレーニンググローブの代わりに使用されます。筋トレ上級者になるとトレーニンググローブでなく、パワーグリップを使う人も増えてきます。

デッドリフトの握力補助に重宝するので、一つ買っておいて損はないです。

リストストラップ


(Amazon Harbinger(ハービンジャー) リフティングストラップ)

リストストラップは、リフティングストラップとも呼ばれる筋トレの補助グッズです。ストラップを輪っかにして、その中に手を通し、帯のあまりの部分をバーベルなどに巻きつけて使います。

基本的には扱う重量が100kg以上になってくると握力的にバーベルを持ち続けるのが不可能になってきます。

そういった場合に必要なのがこのリストストラップで、バーベルを手首にひっかけて持ち上げれるので高重量のトレーニングができます。

パワーグリップとの比較は以下の記事を参考にしてください。

オルタネイトグリップにしてみる

オルタネイトグリップとは、片方の手をオーバー(順手)で、もう片方の手を(逆手)にしてバーを握るグリップの仕方です。パワーリフターが多く利用しています。

オーバーグリップよりもバーベルが安定しやすく、より高重量を扱いやすいグリップです。

デッドリフトの握力補助にオーバーグリップとオルタネイトグリップどっちがいい?

デッドリフトの握力補助にどちらのグリップの仕方がいいか以下の記事を参考にしてみてください。デッドリフト100kg以上挙上できる人は特に確認しておきましょう。

デッドリフトの握力補助方法まとめ

  • パワーグリップを使う
  • リストストラップを使う
  • オルタネイトグリップで握る

デッドリフトの握力強化!握力がもたない時の対策法を解説!まとめ

デッドリフトの握力に悩むのはもうやめましょう!

効果的なテクニックと筋トレで十分にカバーすることができます。

デッドリフトの握力がもたなくなると、さらなる成長を妨げる可能性が大いにありますので、今回の記事を参考に解決しさらなるレベルへ飛躍していってくださいね!

※ 表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

あわせて読みたい