スクワットは有酸素運動ですか?消費カロリーは?回数はどれくらいがいい?

スクワットは有酸素運動ですか?スクワットの有酸素運動としての消費カロリーは?回数はどれくらいにするべき?自宅でも簡単にできるスクワットは有酸素運動として室内で行われることも多いと思います。しかし、スクワットを有酸素運動として行うのは思わぬ落とし穴があるんです!

スクワットは有酸素運動ですか?

スクワットは有酸素運動ではありません!

日本人の多くはスクワットをダイエット目的に行なっていますが、果たしてこれは効果的なのでしょうか?

まず、それらの人達がスクワットをダイエット目的として行う理由として以下のような理由が挙げられます。

・スクワット自体に有酸素運動効果があるのではないか?
・太ももの筋肉を鍛えて基礎代謝の向上ができるのではないか?

などなど、上記は一部に過ぎませんがこのような事を思って行っているのが過半数でしょう。

実はこれらは、どちらも正しくないのです。

スクワットは有酸素運動として効果はあまりない…

スクワットは有酸素運動として効果はあまり期待できません。以下を確認してみて下さい。

スクワットの消費カロリーはしょぼい

スクワットの消費カロリーは1回で約0.5kcalです。0.5ですよ?100回やっても20kcal程度しか消費されないんです。

スクワットは筋肉量を高める無酸素運動として行うべき。有酸素運動として行うと思わぬ落とし穴にハマってしまうので注意です。

スクワットで回数をこなすのは効率的なダイエットではない

スクワットで回数をこなしても効果的なダイエット効果を望むことは出来ません。

効率的なダイエットとは、筋肉量を増やし基礎代謝を高めて痩せやすい体を作るものです。筋肉量を増やすには、8~12回で限界となる強い負荷でスクワットをするのがベター。

100回などもやる必要はないのです。スクワットを有酸素運動として行うとそのルールに反して間違ったダイエットをしてしまうでしょう。

スクワットと有酸素運動は切り離して考えよう

スクワットはスクワットとして筋トレとして見て、有酸素運動は有酸素運動として切り離して考えてください。

そもそもですが、ダイエットの最短の道は有酸素運動ではなく筋トレです。これは、世界の常識であり日本の非常識とも言えわれています。

正しいダイエットとは、筋トレをメインに行い有酸素運動を+α程度で行っていくことです。

スクワットと有酸素運動をごっちゃにして考えてしまうのは、ダイエットの思わぬ落とし穴になりますので注意してください。

次の筋トレ記事もおすすめ

スクワットは有酸素運動ですか?消費カロリーは?回数はどれくらいがいい?のまとめ

スクワットで有酸素運動効果を見込むのは間違っている事がお分かり頂けたと思います。

スクワットは筋トレとして、有酸素運動を行うならジョギングやウォーキングで行うように分けてください。今回の記事を参考に、正しくダイエットをしてくださいね。

あわせて読みたい