スクワットで足が太くなる?太くならないための3つのポイントで美脚に!

スクワットで足足が太くなる?そんな疑問がありますよね。ダイエットで美脚のために行っているスクワットなのに、それで足が太くなるのは困る…そんな女性のために太くならないためのポイントを3つ紹介します。男性で足を太くしたい人とのトレーニングの違いなども解説しますよ。

スクワットで足が太くなる原因は?

「スクワットで足が太くなってしまう…」

綺麗な魅力的な足のラインを手に入れようとして、スクワットを始めたのに足が太くなってしまっては元も子もありません。

実は、スクワットで足が太くなってしまうのにはある共通した原因があります。

安心してください。今回紹介する3つのポイントを抑えれば必ず美しい美脚を目指す事ができますよ!

スクワットで足が太くなる原因と改善3ポイント

スクワットで足が太くなる原因と改善のための3つのポイントを解説します!

スクワットで足が太くなる原因と改善ポイント1)かかと重心はやめてつま先重心に

足を細く、美脚を目指すなら正しいスクワットの姿勢はつま先に重心がいくような姿勢です。

こうすることで、骨盤が前傾して腰を反って行います。お尻と足の筋肉が上手に使われて引き締まってスタイルが良くなります!

実際にやってみると分かりますが、つま先重心で行うことで、かかと重心で行うのと全く筋肉への刺激の入り方が変わります。

欧米人は元々つま先重心が多いですが、日本人は普段かかと重心の人が多いです。そのままスクワットをやるとフォームが悪いので変なところに筋肉がついてしまったりします。

 

スクワットで足が太くなる原因と改善ポイント2)可動域を広くとりすぎない!

スクワットで足を太くしたくないなら、可動域を考えてみましょう。

基本的に筋肉を鍛える際は可動域を広くとるのがいいと言われています。しかし、美脚を目指すスクワットに関しては少し違いがあります。

可動域をフルではなく、パーシャルで行ってください。パーシャルとは半分程度の可動域を意味します。

目安として、ジャンプする際に膝を曲げる程度のレベルを意識してください。

このジャンプの可動域でスクワットを行う事で、機能的に優れた筋肉を鍛える事ができ、結果として綺麗に筋肉が発達していきます。

スクワットで足が太くなる原因と改善ポイント3)回数とセット数

実は、どんなに効果的なフォームで行っても、負荷と筋肉の関係の原則があるのでこのポイントを守らないと足が太くなってしまいます。

足が太くならない正しい回数

足を太くしたくないのであれば、どちらかというと引き締めがメインになる遅筋のトレーニングがいいです。

いわゆるゴリマッチョを目指す筋トレは速筋の筋トレなので別物。そのため、重いバーベルを背負う必要もありません。

1セット20~30回程度を目安にして、比較的ゆっくり。そして20~30回目では結構きついかもというぐらいには追い込みましょう。

足が太くならない正しいセット数

基本的に3~5セットでいいです。

5セット以上だとあんまり効果がありません。週に2回の頻度でもいいので、やる時は3~5セットしっかりとやるようにしましょう。

次の筋トレ記事もおすすめ!

スクワットで足が太くなるのはポイントを抑えて解消!

スクワットで足が太くなってしまう原因と対策のためのポイントを紹介しました。

ポイントをしっかり抑えてトレーニングをするだけで、美しく綺麗な足のラインを手に入れる事ができるのです。

ぜひ、スクワットで足を綺麗に鍛えていきましょうね!

あわせて読みたい