ベアースクワットのやり方!お尻と太ももの引き締め効果アリ!回数は?

ベアースクワットのやり方や効果について解説します。ベアースクワットは自宅でも簡単にできて、お尻や太ももの引き締めにおすすめなトレーニング。ブログなどでの口コミもあってダイエットしたい女性から人気急上昇中です!ベアースクワットの正しいやり方と効果的な回数を見ていきましょう!

ベアースクワットとは?

ベアースクワットとは、手をついてお尻を上げた状態で行うスクワット

自宅で簡単位出来るトレーニングで、負荷が軽く簡単なので女性にすごくおすすめ。お尻や太もも、ふくらはぎなどを引き締めるのに最適です。

また、筋トレ前のウォームアップとしてもおすすめですよ。

ベアースクワットのやり方と回数

1. 四つん這いになる
2. 腕を伸ばしきりお尻を高く上げ膝も伸ばす
3. そのまま膝が地面に着くギリギリまで曲げる(つま先立ち)

 

ベアースクワットはお尻や太ももの引き締め目的で行うトレーニング。

なのでベアースクワットの回数は20回~30回を1セットの目安として5セット程度行うようにしましょう。

1回1回の負荷は高くないので簡単に行うことができますよ!

ベアースクワットのやり方のポイント

ベアースクワットのやり方のポイントを紹介します。

ベアースクワットのやり方のポイント1)腕と膝は伸ばしきる!

スタートポジションで腕と膝は完全に伸ばしきるようにしましょう。

お尻を突き上げた姿勢で腕と膝を伸ばしきりますから、ストレッチを感じることができるはずです。

動作が始まったら膝は地面すれすれまで曲げていきます。しかし、この際も腕は伸ばしきったままにしてください。

ベアースクワットのやり方のポイント2)お尻を高く上げる

お尻を高く突き上げた状態をキープして動作をしましょう。

疲労が溜まってくると、どうしてもお尻が下がってしまいがちですが、絶対に下がらないようにしてください。

お尻を突き上げた姿勢をキープして動作で動くのは膝のみです。

ベアースクワットのやり方のポイント3)つま先立ちで動作

つま先立ちで動作をするようにしてください。

そもそも腕と膝を伸ばしきった姿勢がスタートポジションなので、つま先を立てないとお尻を突き上げた姿勢をキープするのが難しいはず。

さらに、お尻を突き上げた姿勢をキープしてつま先立ち行うことで一般的なスクワットとは全く違う筋肉の刺激の入り方を感じるはず。

実はつま先重心は美しい筋肉の引き締めに重要な要素。ベアースクワットはその点優れているとも言えます。

ベアースクワットはお尻と太ももの引き締め効果抜群!

ベアースクワットはヒップラインと太ももの美脚作りに非常に効果的な引き締めトレーニング!

ベアースクワットの最大のメリットは「つま先立ち」で行う所にあります。爪先立ちで行えばふくらはぎの引き締めにも効果があります!

ベーアスクワットはその姿勢からつま先重心を半強制しているので、非常に優秀な自重トレーニングと言えるでしょう。

次の筋トレ記事もおすすめ!

ベアースクワットのまとめ

ベアースクワットはお尻と太ももの引き締めに非常に効果的な自重トレーニングであり、女性であれば是非とも行って欲しいものです。

特にヒップラインの形成に非常に高い効果があるので、ご自宅で20回3セットで今すぐ始めてみてはいかがでしょう?

今回の記事を参考に、ベアースクワットで美しいヒップラインの形成を目指しましょう!

あわせて読みたい