腹筋を1ヶ月で割る方法とメニュー!その効果と変化に驚き!?

腹筋を1ヶ月で割る方法とメニューを紹介!その効果と変化に驚くかもしれません!女性でも効果的に腹筋を1ヶ月で割る方法を解説。腹筋1ヶ月チャレンジをお試しあれ!効率的なダイエットとトレーニングをすればビフォーアフター驚くこと間違いなしです!!!

腹筋を1ヶ月で割る方法!

腹筋を1ヶ月で割る方法の大事なポイントを以下に紹介します。

腹筋を1ヶ月で割る方法1) 週3回の筋トレ

腹筋を1ヶ月で割るのに毎日腹筋をやる必要はありません。毎日行うと筋肉に休まる時間がなくなり逆に非効率になってしまうこともあります。

正しい頻度として、週3回腹筋の筋トレをしましょう!また、連続して行うのではなく、一度トレーニングをしたら最低でも1日空けるようにすると◎。筋肉がしっかり休憩できます。

腹筋を1ヶ月で割る方法2) 筋トレ後は有酸素運動で決まり

腹筋を割るには皮下脂肪を落とす必要があります。皮下脂肪を効率的に落とすには、筋トレ後の有酸素運動が最高!

トレーニング後に20~30分程度軽いジョギングを行うようにしましょう。筋トレ後は体が温まっているので、脂肪燃焼効果も非常に高いですよ!

腹筋を1ヶ月で割る方法3) 10回3セットで鍛える

腹筋を10回3セットで鍛えましょう!無駄に100回こなしたりするのではなく、1回1回を丁寧に腹筋の筋肉の収縮を意識しながら行うことです。

腹筋を割るには、量より質!1回1回どれだけ丁寧にやるかで、筋肉の反応が大きく違ってきます。

腹筋を1ヶ月で割る方法4) タンパク質中心の食事

腹筋を割るにはタンパク質がとても大切です。タンパク質は筋肉の成長を助ける最も重要な栄養素。

腹筋のトレーニングと同じくらいタンパク質中心の食生活が大切。お肉やお魚には、筋肉に嬉しい動物性タンパク質がたっぷり入っているので、積極的に摂取していきましょう!

腹筋を1ヶ月で割るメニュー

腹筋を1ヶ月で割るおすすめのメニュー1) クランチ

クランチは見ためは辛くなさそうに見えますが、実はやってみるとシットアップよりも何倍も腹筋に効いて、腹筋が熱くなります。

クランチは腹筋の最も基本となる種目であり、クランチをマスターする事が腹筋を鍛えて割るための大切な一歩です。

腹筋を1ヶ月で割るおすすめのメニュー2) ツイストクランチ

ツイストクランチを行う際に、無理に肘を膝につけようとしないことです。あくまで腰をひねり腹斜筋を収縮させた結果として肘が膝に着くのです。

目的はいかに腹斜筋、つまり横腹の筋肉を効果的に収縮させることができるかなので、それを意識して動作をしましょう。

腹筋1ヶ月チャレンジ!

・週3回腹筋トレーニング
・10回3セットで鍛える
・クランチとツイストクランチがおすすめ
・トレ後は20~30分の有酸素運動

腹筋を1ヶ月で割る方法のポイントです!

女子が腹筋を1ヶ月で割る方法とは?

女性が腹筋を割るのは、難しいことではありませんし、やり方において男性と大きな違いはありませんが、その中でも女性に特化した1ヶ月で腹筋を割る方法を紹介します!

腹筋1ヶ月ダイエット!

・週3回腹筋トレーニング
・10回3セットで鍛える
・クランチとツイストクランチとニーズトゥチェストがおすすめ
トレ後とそれ以外の日も20~30分の有酸素運動

女性の場合は、男性よりも体脂肪率が平均的に多く、皮下脂肪を落とすのに苦労します。ですので、トレ後だけでなく、筋トレをしない日も有酸素運動を取り入れてみましょう。

また、ニーズトゥチェストは、腹筋だけでなく太ももの引き締めにも効果的なので、女性におすすめのトレーニングです!

腹筋を1ヶ月で割る方法とメニュー!その効果と変化に驚き!?まとめ

腹筋を1ヶ月で割る方法と効果的なメニューを紹介しました!腹筋を割るには、腹筋に効果のある腹筋トレーニングと有酸素運動、そしてタンパク質中心の食事です。

想像よりも難しいものではないと思います。一度試してみてみましょう。

あわせて読みたい