懸垂バー「ドアジム」紹介【自宅】取り付け簡単!自作はやめとけ!

懸垂バーとは、自宅で背筋の筋トレ懸垂が出来る筋トレグッズです。自宅で簡単に取り付けができ、価格もリーズナブルなので大人気なんです!懸垂バーを自作する方もいますが、これはやめましょう!その理由を徹底解説!懸垂バーのおすすめも合わせて紹介します!

懸垂バーは自宅で簡単に取り付けが出来る


(Amazon BODYROX – ドア ジム (door gym) 筋肉ホームトレーニング 懸垂 運動不足 を簡単解消, 腹筋 64-105cm)

懸垂バーとは、「ドアジム」のことです。ドアジムとは、自宅で簡単に取り付けができ懸垂など筋トレをするために作られた筋トレグッズです。

ドアの枠に棒を合わせて取り付けます。そしてその棒にそのままぶら下がり懸垂を行うのです。

懸垂バーの自作はやめとけ!

懸垂バーをDIYで自作するトレーニーもいるのですが、これはあまりオススメできません…

自作の懸垂バーは危険すぎる

自作のDIYによって作られら懸垂バーは危険性が非常に高いです。

体をぶら下げてそのまま引き上げるのが懸垂運動ですが、自作の懸垂バーだと落ちてしまったり、思わぬ怪我を招く危険性があります。

基本的に筋トレグッズは強度が高い運動を行うための器具ですので、それらを自作すること自体あまりオススメできません。

市販の懸垂バーの方がクオリティが高い

自作するよりも、市販で売られている懸垂バーの方がクオリティの面において安心です。

当たり前ですが、市販の懸垂バーをそれを目的に作られています。安全性においても厳正なテストがあって初めて売られているものでしょう。

そこまで高いものでもありません。市販の懸垂バーが1番です。

懸垂バーのおすすめを紹介!

懸垂バーのおすすすめを以下より紹介していきます。価格、質において安心できるものを揃えました!

懸垂バーのおすすめ商品①

【ノーブランド品】運動不足を簡単解消 NEO ドアジム ストレートドアを利用して自宅で懸垂 62cm-100cmタイプ

オーソドックスなタイプのドアジムです。ラバーは中央にしか巻かれてないので、そこを掴む手幅の懸垂しかできませんが、とっきつやすい価格帯です。

買おうか迷っている程度であれば、このドアジムで十分でしょう。

懸垂バーのおすすめ商品②

BODYROX – ドア ジム (door gym) 筋肉ホームトレーニング 懸垂 運動不足 を簡単解消, 腹筋 64-105cm

ドアジムの中には、手を握るポイントのみにゴムが巻かれているものもあるのですが、このドアジムは棒一杯にゴムが巻かれています。

ワイドグリップからナローグリップの懸垂。様々な種類の懸垂ができる上に値段もお得。十分オススメできるドアジムです。

懸垂バーはおすすめの筋トレグッズ

懸垂バーに関してまとめました。懸垂バーは自宅でも簡単に取り付けできる便利な筋トレグッズです。

ただし、自作をすることはおすすめしません。自作された懸垂バーはあまりに怪我の危険性の招く可能性が高いからです。市販のものがクオリティ的にも値段的にも最適なチョイスです。

※ 表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

あわせて読みたい