ベンチプレスは胸につけない方が良い?つける方が良い?胸筋に効かすコツは?

ベンチプレスを胸につけない方が良いのか、つける方が良いのかという事について解説します。基本的にはベンチプレスはバーが胸に触れる程度までつけて、バウンドや反動は使わずに持ち上げるのが可動域を広く取った正しいやり方。そのためにはブリッジなどベンチプレスのフォームをしっかりと行うのが胸筋に効かすコツです。

ベンチプレスは胸につけない方が良い?つける方が良い?

ベンチプレスを胸につけないでやっている人と、つけてやっている人とジムではどちらも見かけますね。

どちらの方が良いのか最初は迷うかもしれませんが、基本的にはベンチプレスは胸につけるが、胸でバウンドはさせないというのが正しいです。

ベンチプレスを胸につけない場合とつける場合の違いを紹介します。

ベンチプレスを胸につけるメリット・デメリット

ベンチプレスを胸につけるメリット)フルレンジで可動域を広く使える

ベンチプレスを胸につけてやるべき理由は筋トレにおいて可動域が非常に大切だからです。

フルレンジとも呼ばれる胸につけてやるベンチプレスは、可動域を最大限に確保しているやり方です。

この場合、胸筋の伸びているストレッチした状態から縮んでいる収縮した状態までを動かすことができます。

ベンチプレスはただでさえ、ダンベルベンチプレスなどに比べるとそもそもの可動域が狭い筋トレです。

そのベンチプレスを胸につけないで行うことは胸の筋肉をあまり動かしていない事となり筋トレ効果が減ってしまいます。

胸筋を大きくして発達させたい人は基本的に胸につけてベンチプレスを行いましょう。

ベンチプレスを胸につけるデメリット)ブリッジをしっかり行わないと負荷が抜ける

ベンチプレスは基本的に胸につけるべきで大きなデメリットはありません。

ただし、胸につけるといっても背中をベタ寝にしてしまうとバーが降りすぎて負荷が抜けて力が入らなくなってしまいます。

ベンチプレスで胸につけるのが嫌な人の多くはこのブリッジがうまくできないで力が入っていないのが理由でしょう。

しっかりとブリッジをして、コントロールしながらバーを胸につけるまで下ろす。そして、バウンドや反動は使わないのが大切。胸に触れる程度でOKです。

一度、ブリッジの組み方について確認してください。

ベンチプレスを胸につけないメリット・デメリット

ベンチプレスを胸につけないメリット)高重量の刺激を与える

ベンチプレスを胸につけないやり方は基本的にやるべきではないのですが、MAX重量が伸び悩んでいる時に1,2回やるというのは効果的なテクニックです。

ベンチプレスを胸につけないで可動域を狭くすれば高重量を扱いやすいです。

もちろん筋トレ効果は下がるので、最終的にはその重量でも胸につけてできるようになるべきですが、

新しい重量にチャレンジする時に、胸につける事を気にしすぎてあげられなくなるよりも、まずはハーフレンジでも上げる事ができて重さに慣れる。

その後、しっかりとしたフォームに直していくというのもやり方の一つです。ただし、胸につけない悪いフォームの癖がつかないように1,2回だけにしましょう。

ベンチプレスを胸につけないデメリット)フォームが崩れたベンチプレスになり効果なし

ベンチプレスを胸につけないやり方が癖になってしまうとベンチプレスがただの遊びになってしまい、筋トレの効果はなくなってしまいます。

特に高重量至上主義の人が陥りがち。重量を伸ばすのは成長に大切ですが、それは「正しいフォームを維持した上で、重量を上げていく」というのが絶対条件。

また、胸につけない人は腕も伸ばしきってやすみやすみやってしまいがちです。胸筋よりも上腕三頭筋の筋トレになってしまいます。ベンチプレスを胸筋に効かすコツは

「胸にはつけるが肘は伸ばしきらない」

というやり方。しっかりとベンチプレスの正しいフォームを確認し直しましょう。

ベンチプレスを胸につけない方が良い?つける方が良いのまとめ


ベンチプレスを胸につけないようが良いか、つける方が良いかという事について解説しました。

基本的には胸につけるのが正しいやり方です。胸につける正しいベンチプレスのやり方で大胸筋を発達させていきましょう!

あわせて読みたい