コーディネーショントレーニングとは?簡単に解説!メニューや方法は?運動神経あげるには?

コーディネーショントレーニングとは何かご存知でしょうか?難しく説明されることが多いですが、簡単に言えば運動神経を鍛えるトレーニングのことです。コーディネーショントレーニングの重要な7要素と具体的なコーディネーショントレーニングメニュー例などをご紹介します。

コーディネーショントレーニングとは?

コーディネーショントレーニングとは簡単に言うと「運動神経を良くするトレーニング」の事です。

コーディネーショントレーニングとは元々、旧東ドイツがスポーツ選手などの育成のために考案したトレーニング方法・理論とされています。

筋トレなどのレジスタンストレーニングは筋肥大、筋力向上などを通じて運動能力を高める効果がありますが、

コーディネーショントレーニングは反応や処理などの神経を鍛えるトレーニングです。

コーディネーショントレーニングの7要素

コーディネーショントレーニング、つまり運動神経を構成する7つの要素があります。

リズム能力 動くタイミングを上手につかむ
バランス能力 体勢の維持、立て直し
変換能力 状況に応じた動きの切り替え
反応能力 素早い反応と適切な対応
連結能力 身体全体をスムーズに動かす
定位能力 動いているものと自分の位置関係を把握する
識別能力 道具の上手な操作、必要な動きの把握

(※1)

一般的に運動神経と呼ばれているものを分解するとこのような要素になります。例えば、サッカーの場合

・ボールをトラップしたりドリブルしたりするのはリズム能力
・ヘディングや相手との接触はバランス能力
・相手にボールを取られた場合に攻めから守りに切り替えるのは変換能力
・味方からのパスへの反応は反応能力
・フェイントをしたり、シュートを打つには連結能力
・ロングパスの落下点に入るのは定位能力
・シューズや足を斜めを使ってカーブをかけたり、ちょうどいい距離のスルーパスを出すのは識別能力

と一般的にすべてのスポーツでこの7つの能力をつかいます。

また、サッカーの例でも実際にシュートを打つときにはバランス能力と連結能力を同時に使って強いシュートを打ち、さらにゴールキーパーの位置を把握するのに、反応能力や変換能力、定位能力をつかうなど、これら7つは同時に使われています。

この運動神経に必要な要素のうち幾つかを抽出してトレーニングして運動神経をあげるというのがコーディネーショントレーニングです。

まとめ
・運動神経には7つの要素がある
・スポーツではこの要素が同時に複数使われる
・この要素のうちいくつかを取り出して鍛えるのが、コーディネーショントレーニング

    コーディネーショントレーニングと年齢

    運動神経は一般に若い時期(幼稚園や小学生)の遊びによって形成されると言われています。

    一昔前であれば、学校の校庭や公園で、木登りや遊具、ボールなどを使って遊んでいたので自然と運動神経が養われていました。

    しかし、最近では遊び場がなかったり、室内でゲームをしていたりと子供が身体を使って遊ぶ事が少なくなっています。

    ですから、あまり外で遊ばない子供であればコーディネーショントレーニングがかなり効果的になります。

    しかし、大人になってからコーディネーショントレーニングをしても意味がないわけではありません。あくまでも、若ければ若いほど効果が大きいというだけです。

    コーディネーショントレーニングメニュー1 簡単後出しジャンケン

    1. 片方の人がジャンケンをだす
    2. もう一人ができるだけ素早くそれに勝てるのもを出す
    3. 慣れてきたら足を使う、相手が右手なら左手で出すなど複雑にしていく

    一番簡単なコーディネーショントレーニングの例です。反応能力や変換能力を中心に運動神経を鍛えます。

    コーディネーショントレーニングメニュー2 子供向け

    1. ジャンプして手を上で叩いたら、90度回転する
    2. 4回繰り返して1周したら、2回ジャンプして手を叩いたら90度回転する
    3. 同様に3回、4回と増やしていく

    こちらは子供向けのコーディネーショントレーニングの例です。

    こちらのyoutubeのチャンネルでは他にも子供向けのコーディネーショントレーニングメニュー例を紹介していますので気になる方は見てみてください。

    コーディネーショントレーニングメニュー3 サッカー選手

    1. 手でバスケのドリブルをしながら足でサッカーのドリブルをする

    大人のプロスポーツ選手のコーディネーショントレーニング例です。このように複雑な動きや同時処理能力を高める必要がありますが、あまりうまくできない人もいます。

    そういった人はコーディネーショントレーニングで鍛えていく必要があります。

    コーディネーショントレーニングの本

    もっとコーディネーショントレーニングの方法を知りたい方や、本格的に子育てに活かしたい方は本やDVDを活用するのがいいでしょう。

    運動神経のいい子に育つ親子トレーニング

    子供の運動神経発達のために1冊あるといいでしょう。コーディネーショントレーニングへの理解も深まります。

    楽しみながら運動能力が身につく! 幼児のためのコーディネーション運動


    もっと小さい子供をもつ親の方向けの書籍です。小さい頃の運動で運動神経が決まるので是非おすすめします。

    サッカーのコーディネーショントレーニング


    サッカーのためのコーディネーショントレーニングです。小学生から中学生、高校生、大人でも使えます。

    他にも関連書籍などに、バスケやテニスなど様々なスポーツのコーディネーショントレーニングの書籍がありますので、見てみてください。

    コーディネーショントレーニングのまとめ

    コーディネーショントレーニングは運動神経を良くするためのトレーニングです。

    筋力トレーニングだけでなく、コーディネーショントレーニングも取り入れると、スポーツや子供の運動神経向上に効果的です。

    ※1)参考文献 : 出典 SAVAS 成長期に必要なトレーニング~「コーディネーショントレーニング」
    ※ 表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

    あわせて読みたい