大胸筋を動かすには?ピクピクさせるコツを伝授!

大胸筋をピクピク動かすにはどうすればいいか?実は、大胸筋を動かすことがそこまで難しいことではなく、誰でも出来るようになるものです。今回は、大胸筋を動かすために必要な条件と、実際に動かせるようになるまでの練習方法を伝授します!

大胸筋を動かすには筋肉の発達が不可欠

大胸筋を動かすには、もちろんその練習が必要になりますが、その前に前提条件として、筋肉の発達が不可欠です。

どれだけ頑張っても脂肪を動かすことって出来ません。しかし、筋肉は別です。意識次第で動かしたり、硬くすることもできます。

胸筋の筋肉がある程度付いていないと、そもそも大胸筋を動かすことが出来ないので注意しましょう。

大胸筋を動かすことは練習すれば誰でもできる

大胸筋をピクピク動かすことは、中々難しいことに思われがちですが、実は練習すれば誰でも出来るようになります。

元日本ボディビルチャンピオンで東京大学で理学博士を務める石井直方氏も、筋肉のコントロールは訓練さえすれば誰でも出来ると語っています。(※1)

ボディビルダーであれば、ポージングの練習や筋肉の意識を深める際に自然と習得できるものですが、これは一般の人とは殆ど縁のないものですね。

以下に、大胸筋を動かす効果的な練習方法を解説します。

大胸筋を動かす練習方法を伝授!

大胸筋を動かすには、筋肉意識を明確にしていく必要があります。いかに紹介するステップを踏んで大胸筋をピクピク動かせるようになりましょう。

大胸筋の動かす練習方法(ステップ1)

1. 肩に多少力を入れてもいいから胸筋に力を入れる
2. 力を入れ、脱力、力を入れ、脱力。これを繰り返す

この一連の動きで胸筋の筋肉にどのように力を入れれば動くのか覚えてください。

大胸筋の動かす練習方法(ステップ2)

1. 肩の力を限りなく抜いて胸筋の力を入れるようにする
2. 力を片方ずつ入れる
3. 左右交互に繰り返す(多少肩の力を入れてもいいから、左右交互に力を入れていく)

このステップ2で、いわゆる大胸筋をピクピク動かせる練習ができます。

毎日これを行なっていけば、自然の大胸筋のみに力を入れられるようになっていくでしょう。

筋肉をリラックスさせた状態から瞬間的に力を入れピクッとさせる!

アメリカのトレーニングサイトLIVESTRONG.comで言われていますが、筋肉を動かす前にリラックスさせること。(※2)

そして、脱力状態から瞬間的に乳首を上にあげるように力を入れピクッとさせるのがポイントです。

大胸筋を動かすのが難しい人は

上記の練習方法をしても、中々大胸筋を動かすのが難しい人は、そもそも大胸筋の筋量が足りない可能性があります。

大胸筋の筋量が十分あるので動かせない人は、少し慣れないだけかもしれません。そのような人は、

1. 両手を合掌のポーズをとり手のひらを合わせる
2. 力を入れて胸筋の収縮を感じる
3. 片方ずつ力を入れる(手で押す力を使って強引にでも片方ずつ力を入れてく)

これで練習して見てください。

大胸筋を動かすには?ピクピクさせるコツを伝授!まとめ

大胸筋を動かすには、ある程度の胸筋の筋量が必要になります。

しかし、それだけでは不十分で、筋肉を自分の意識で動かせるようにする練習もしましょう。

胸筋がしっかり付いた状態で、少し練習すればすぐに出来る様になります。胸筋をピクピクさせるのは、全く難しいことではないと覚えておきましょう。

※1)参考文献 : 出典 石井直方 石井直方のトレーニングのヒント p.144
※2)参考文献 : 出典 LIVESTRONG.com How to Do Pec Dance

あわせて読みたい