腹筋10回3セットを毎日は効果ある?消費カロリーは?100回分に匹敵するやり方がある!?

腹筋10回3セット。これを毎日行うことに意味があるのか?筋肉の成長するメカニズムから解説していきます。腹筋10回の消費カロリーはどの程度なのかも、合わせて解説します。また、腹筋10回で100回分に匹敵する効率的なトレーニング方法も紹介するので、合わせてチェックしてください!

腹筋10回3セットを毎日やる効果は?

腹筋10回を取り憑かれたように毎日行う人は多くいますが、果たして本当に効果的なのでしょうか?

腹筋10回ではほとんど効果なし

腹筋10回の効果はほとんどないと考えていいでしょう。

基本的に筋肉は、危険信号を感じないと発達しません。その危険信号を感じるには、次の一回が中々出来ない、もしくはもう絶対に起き上がれないほどの負荷で行う必要があります。

自重での腹筋10回は、負荷として非常に弱いもので、筋肉が発達する信号をキャッチできずに終わってしまうケースがほとんどでしょう。

腹筋10回3セットを毎日やるのはオススメしない

基本的に1部位につき週1回行うのが効果的なトレーニングです。

腹筋は持久系の力を司る遅筋繊維と呼ばれる筋繊維が多いので、毎日行ってもいいと思っている人もいますがこれは間違い。頻度的には週3回も行えば十分です。

逆に毎日行うのは、筋肉の回復を妨げる可能性があるので、逆に筋肉が弱体化する恐れすらあります。

腹筋10回3セットではなく、週に1回でもいいので強烈な刺激を腹筋に与える方が断然効果的です。

腹筋10回の消費カロリーは?

腹筋を積極的に行う人の中には、消費カロリーが気になる人が多くいますね。どのくらいカロリーを消費できるのか解説します。

腹筋10回3セットの消費カロリー

正確な消費カロリーは、体重や筋肉量等で変わってくるので分かりませんが、一つの目安となる指標は分かります。

腹筋10回3セットの消費カロリー:1.5~2カロリー程度
※METsで計算(自重の腹筋10回3セットとして実働時間30秒×5、体重60kgの男性、腹筋のメッツは3.8として計算)

いかがでしょうか?たったのこれだけです。しかし、腹筋自体はダイエットに効果的です。というのも、腹筋の筋肉量アップで基礎代謝を上げれるからです。

ただ、腹筋10回3セットはあまり意味がないでしょう。

腹筋10回で100回分に匹敵するやり方があった!?

元ミスターカリフォルニアのパーソナルトレーナー北島達也氏がテレビ番組でも紹介した、スフィンクストレーニングです。

やり方は非常に簡単で、プランクの体勢から頭を下におへそを覗くような動作を繰り返します。

この腹筋運動は、たったの10回で腹筋100回分に相当するらしく、新しい腹筋トレーニングとして注目されています。

腹筋専門ジムの無料体験をチェック

腹筋10回で限界になるきつい筋トレ法とは?

腹筋10回で効果を出すためには、いくつかの工夫を加える必要があります。

腹筋10回で限界になる筋トレ法1) 重りをつける

MIZUNO(ミズノ) ウエイトジャケット

ウェイトベストを着て腹筋をすることで、今までにない負荷を腹筋にかけることができます。

このウェイトベストを着て腹筋10回行えば、十分な刺激を腹筋に与えることができ、限界もすぐにくるでしょう。

腹筋だけでなく、スクワットやランニングなどの飛躍的に効果的にする筋トレベストです!

腹筋10回で限界になる筋トレ法2) スロートレーニング

スロートレーニングは、5秒かけて体をあげ、そして5秒間かけて体を下げる、文字どおりゆっくりと筋トレをして負荷をかける方法です。

腹筋を非常にゆっくりとした動きで行うことで、通常の倍以上の負荷を腹筋にかけることが出来るようになります!

その他にはEMSなどの腹筋マシンを使う方法もあります。おすすめはシックスパッドです。

腹筋10回3セットを毎日は効果ある?消費カロリーは?100回分に匹敵するやり方がある!?まとめ

腹筋10回3セットを毎日は効率が悪く、あまり筋肉の成長を望めるものでもありません。

消費カロリーも少ないので、もっと大きな刺激を短期間でかけることを行うといいかも知れませんよ。

自宅で腹筋をしている人であれば、100回分に相当するスフィンクスポーズの腹筋も挑戦してみましょう!

あわせて読みたい