EZバーの使い方とおすすめ商品&トレーニング種目!手首を痛めない二頭筋や三頭筋の筋トレ!重量は?

EZバーという中央部分が少し曲がっているタイプのバーベルを使ったことはありますか?EZバーの使い方や、EZバーで行った方が効果の高いトレーニング種目を行えば、手首を痛めずに安全に上腕二頭筋のアームカールや三頭筋の筋トレができます。おすすめのEZバーの商品や重さなどの情報も紹介するので確認しましょう!

EZバーとは?重さは?持ち方は?


(Amazon アイロテック レギュラーWバー)

EZバーとは通常のストレートバーベルの中央部分が緩やかに曲がっているタイプのバーです。

緩やかな傾斜に沿って内側、もしくは外側を持つことで、自分の手首に自然に持ちやすい角度で持つことが出来るので手首への負担をかけなかったり、種目によってはやりやすいなどのメリットがあります。

重さはジムにあるオリンピックタイプは10kgですが、自宅用のAmazonなどで買えるものは6~7kgのことが多いです。

ちなみに、Wバーと混同されていますが、厳密には少し違います。Wバーは本当にWの字のようにきつくぐにゃぐにゃと曲がっているタイプ、EZバーは多少傾斜がついているタイプです。

EZバーで筋トレする効果・メリットは?

EZバーでトレーニングをするメリットは手首を痛めずにトレーニングができることです。

通常のストレートバーの方が手首を外側にひねっているので、上腕二頭筋への負荷が強く、EZバーで手首を少し内側に向けると、上腕筋や腕頭骨筋への刺激が強くなって上腕二頭筋への負荷が減ります。

しかし、EZバーでも手首が外側を向くように持てばストレートバー以上に手首を外側にひねることも可能。

単純にストレートバーやWバーとどちらがいいかということではなく、EZバーで行うのがおすすめのトレーニング種目を知ることが大切ですよ。

EZバーの使い方・トレーニング種目

EZバーの使い方、EZバーでおすすめのトレーニング種目を紹介します。

EZバーの使い方・トレーニング種目1)アームカールで二頭筋を鍛える

まずは、バーベルで行うアームカールをEZバーでやや手首を内側に向けることで楽に行うことができます。オーソドックスな使い方ですね。

EZバーの使い方・トレーニング種目2)プリーチャーカールにもおすすめ

肘を台に乗せて固定して行うプリーチャーカールは通常ストレートではなくEZバーを使います。

肘を固定しているので、手を下ろした時にストレートバーベルだと手首がつっかえてやりにくい。EZバーでプリーチャーカールをやるようにしましょう。

EZバーの使い方・トレーニング種目3)スカルクラッシャーで上腕三頭筋に刺激を!

EZバーと言えばスカルクラッシャーと言うほど、EZバーと相性のいいトレーニング種目。上腕三頭金を強い刺激で鍛えることができて非常におすすめですよ。

EZバーのおすすめ商品

EZバーのおすすめ商品を紹介します。

EZバーのおすすめ商品1)

ワイルドフィットWバー スクリューカラー2個付

価格が比較的安く人気が高いEZバーです。名前はEバーとなっていますが、傾斜は緩やかなのでEZバー。

曲がりの折り返し部分が比較的カクカクとしているので、緩やかなカーブがいい人は次の隘路テックの商品の方がいいかも。

EZバーのおすすめ商品2)

アイロテック レギュラー Wバー

名前はEバーとなっていますが、傾斜が非常に緩やかで実質EZバーであるタイプ。

緩やかな傾斜で自然にバーベルカールやスカルクラッシャーなどのトレーニングに取り組みたい人におすすめのバーです。

EZバーのおすすめ商品3)

ボディメーカー EZバー

こちらは逆に緩やかな傾斜と急な傾斜が丸みを帯びてついているWバーに非常に近いEZバー。

傾斜はかなりきついのでハンマーカールなどをバーベルでやりたい人におすすめWバーになります。丸みを帯びている方が使いやすい、持ちやすいという人におすすめです。

EZバーやWバーも上手に使おう

EZバーの使い方やおすすめのトレーニング種目。おすすめのEZバーの商品などを紹介しました。

EZバーを使いこなせば、手首を痛めずに効果的なプリーチャーカールやスカルクラッシャーを行うことができますよ。

Wバーで行うのがおすすめなトレーニング種目もこちらの記事で紹介しているのでチェックしてくださいね。

※ 表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

あわせて読みたい