腕立て伏せ器具おすすめと使い方を紹介!

腕立て伏せ器具おすすめと効果的な腕立て伏せ器具の使い方を紹介します!腕立て伏せ器具は胸筋、三角筋、上腕三頭筋を鍛えるのにおすすめの筋トレグッズで、自宅筋トレのレベルを大幅に向上させます。プッシュアップーをメインにおすすめ腕立て伏せ器具を紹介します。

腕立て伏せ器具の使い方

腕立て伏せ器具の使い方は、大きく分けて地面に置き片方の腕もしくは両方の腕を器具に置いて使う使い方と、腕はそのままで足を乗せて使う使い方の2種類があります。

腕を器具に乗せると通常の腕立て伏せよりも負荷が増して、さらに大胸筋下部に刺激が入り、逆に足を器具に乗せると同じく負荷が増して、大胸筋上部に刺激が入るようになります。

自分の目的や腕立て伏せ器具のタイプによって、効果的に使い方を分けていくのがおすすめです◎。

腕立て伏せ器具おすすめまとめ!

腕立て伏せ器具おすすめ①

E-PRANCE プッシュアップバー

使い方は簡単。地面に置いてグリップを掴んで腕立て伏せをするだけ!それだけで胸筋に強い負荷をかけることができ、普段の腕立て伏せでは出来ない刺激を筋肉に与えます。

コスパも良く、コンパクトで持ち運びも便利。ご自宅に一つあって損はないおすすめの腕立て伏せ器具です!

腕立て伏せ器具おすすめ②

ローリングプッシュアップバー

回転式のプッシュアップバーはグリップ部分が回転できる構造になっていて、通常のプッシュアップバーよりもさらに筋肉の安定感を必要とします。

回転をさせながら、回転を抑えながら、様々な形で胸筋の筋繊維を刺激していくので、綺麗な胸筋作りに最適!体幹を鍛えるのにも効果的なおすすめの商品です。

腕立て伏せ器具おすすめ③

Toudorp プッシュアップバー

軽量でありながら滑り止め加工あり、さらにグリップ部分は柔らかい厚みのスポンジなので体重を支える手の負担を最小限に抑えます。

通常のプッシュアップバーよりも、より安定して動作をすることができるので、腕立て伏せ器具としてはとてもおすすめの商品です。

腕立て伏せ器具おすすめ④

ボディメーカー(BODYMAKER) メディシンボール

メディシンボールは簡単に言えば、滑り止め加工がしているトレーニング用の重いボールです。腹筋に当てたり、投げたり、より実践的な動作をするのに向いているグッズ。

メディシンボールを胸筋の中央からクローズグリップで手を当て腕立て伏せをすれば、胸筋の内側と上腕三頭筋を効果的に鍛えることができます!

腕立て伏せ器具おすすめ⑤

MEIBANG ツイストボード

ツイストボードはバランス能力を鍛えるエクササイズ器具。体重を預け少しでも重心がずれると360度どこかの方向に傾いてしまいます。常に重心を安定させざるを得なくするのです。

腕立て伏せ器具としても◎。両手をついて腕立て伏せをすると、体幹を鍛えてバランス力の向上と一緒に胸筋にも効果的な刺激を入れることができます!

腕立て伏せ器具おすすめ⑥

(トレックス) trexx スライドディスク

手元に滑りやすいこのスライドディスクを置けば、バランス力の向上に加え効果的な腕立て伏せのトレーニングを実現します。

腕立て伏せはプッシュ(押す系)の動作、しかし、スライドディスクを使えば胸筋の輪郭を広げるフライ(開く系)の動作、またアイソメリックの刺激も入れることができるのです!おすすめの腕立て伏せ器具!

腕立て伏せ器具おすすめ⑦

バランスボール

「バランスボールでどうやって腕立て伏せをするの?」そんな疑問を持つ人も多いはず。しかし、実は非常に効果的な使い方があるのです。

バランスボールに両足を置いた状態で腕立て伏せをしましょう。高さがつくことで腕立て伏せの負荷がさらに上がる+胸筋上部に刺激を入れることができます!

腕立て伏せ器具はプッシュアップバーがおすすめ

紹介したように腕立て伏せ器具には様々なものがありますが、中でも特におすすめしたいのが①〜③のプッシュアップバーです。

プッシュアップバーは胸筋をさらに効果的に鍛えるために作られた商品で、コスパが良く持ち運びが便利なのも良いですね。

プッシュアップバーに関しては以下の記事におすすめを多く紹介しています。効果的な様々な使い方も解説しているので参考にしてみてください。

腕立て伏せ器具おすすめと使い方を紹介!まとめ

腕立て伏せ器具としておすすめしたいのはプッシュアップバーをメインに7つの腕立て伏せ器具を紹介しました。迷っているならプッシュアップバーがいいかなという感じです。

プッシュアップバーの効果に関して以下の記事を参考にしてみてください。プッシュアップバーが腕立て伏せ器具として最適な理由を解説しています!

※ 表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

あわせて読みたい