セラバンド筋トレとおすすめ5選!トレーニング・ストレッチから高齢者のリハビリまでの使い方

セラバンドとはゴム製のトレーニング用のバンドです。自宅でのチューブでの筋トレから、ストレッチや高齢者のリハビリ体操にまで幅広く活用されているセラバンド。種類がいくつかあり負荷が違うので、おすすめのセラバンドの商品の情報(価格や長さ)と使い方を確認しましょう。ループになってる商品もおすすめです。

セラバンドとは?


(Amazon (THERABAND)セラバンドトレーニングチューブ バンドタイプ 2m レッド)

セラバンドとは筋トレやリハビリなどの運動に使用されるゴム性のバントであり、色によって強度が変わり、また伸びれば伸びるほど負荷が強くなるというゴムの特性を活かした筋トレグッズです。

厳密にはTHERA-BANDという一つのブランドの商品名なのですが、一般的にはセラバンド=ゴム性のトレーニングバンド/レジスタンスバンドのことを指すように使われています。

正規品のセラバンドでは、タン(肌色)→イエロー→レッド→グリーン→ブルー→ブラック→シルバー→ゴールドの順に強度が強くなります。

セラバンドでトレーニングするメリット・効果は?

セラバンドでトレーニングするメリットや効果は多くあります。

筋トレやボディメイクの観点からは、ダンベルなどとは違う伸ばせば伸びるほど負荷が増えるという変わった刺激を筋肉に与えたり、

持ち運びが軽くて小さいのでジムに行けない日にも使えるというメリットがあります。

また、軽いセラバンドを使えばシェイプアップにも最適。女性にも人気があります。

さらに、セラバンドは本来リハビリ用に開発されたように、高齢者やスポーツ選手がリハビリに取り入れることでも幅広く活用されています。

セラバンドの筋トレ・使い方

セラバンドの具体的な筋トレ種目や使い方を紹介します。

セラバンドの筋トレ・使い方1)腕を鍛えるバンドカール

1. セラバンドやゴムチューブを両手で持ち、足で左右均等な長さになるように踏む
2. 逆手で肘から下を動かしてバンドを持ち上げる
3. バンドを下げて繰り返す

自宅で自重では鍛えられない上腕二頭筋(腕の力こぶ)を鍛える筋トレです。バンドの伸びて強くなった負荷を使ってしっかりと腕を曲げて収縮しましょう。

筋肉をつけたいならば1セット8~12回の負荷のバンドを選ぶのがオーソドックスですが、限界まで100回ぐらいやる100レップトレーニングなどもおすすめです。

セラバンドの筋トレ・使い方2)背中を鍛えるバンドデッドリフト

1. 脚を肩幅よりやや広げてバンドを踏み、膝を曲げて体をかがめて両手でバンドを持つ
2. バンドを掴んだまま膝を伸ばしながら両手でバンドを引き上げて背中を伸ばす
3. 体をかがめて元に戻り繰り返す

同じく自宅で自重では鍛えにくい広背筋や僧帽筋、脊柱起立筋など背中を鍛えるバンドの使い方です。

比較的強度が高めのバンドを使いましょう。他にもバンドやトレーニングチューブを使った鍛え方をこちらの記事で多く紹介しているので参考にしてください。

セラバンドの筋トレ・使い方3)高齢者のリハビリ体操

高齢者のリハビリ、介護予防のセラバンド体操です。比較的負荷の低いセラバンドで軽い運動を行うやり方を紹介しているので、興味がある人は確認してみてください。

セラバンドおすすめ5選

セラバンドのおすすめ商品を紹介します。

セラバンドおすすめ1)まずは正規品のレッド(基本レベル)がおすすめ

(THERABAND)セラバンドトレーニングチューブ バンドタイプ 2m レッド

正規品のセラバンドです。手や足、腕の筋力アップトレーニングから、リハビリ、ストレッチ、シェイプアップまで幅広く使える基本強度(レベル0)のレッドが最初の1本におすすめ

長さ2m×幅12.5cmの大きなタイプで使いやすいです。持つときに手に巻いて使えば短くすることもできますよ。コピー商品よりも正規品の方がしっかりしているので長持ちしやすいです。ただし、ずっと使わないで放置すると千切れやすくなるので注意しましょう。

レッド以外の全ての強度もこちらのAmazonの画面や楽天で選べるので一度チェックしましょう。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

セラバンドおすすめ2)最強を極めたい人はセラバンドゴールド

(THERABAND)セラバンドトレーニングチューブ バンドタイプ 2m ゴールド

筋力に自信のある方は最強レベル(レベル+5)のセラバンドゴールドを試してみてはいかがですか?プロレベルの強度で、大胸筋や広背筋もガッツリ鍛えることができます。

セラバンドでチェストプレス、デッドリフト、スクワットも出来ますよ。また、ジムのトレーニングマシンにつけて終動負荷を加える方法も上級者は取り入れていますよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

セラバンドおすすめ3)少し変わったループ状のセラバンド

THERABAND(セラバンド)セラバンドCLX(150cm)


セラバンドの中でもループタイプという特殊なバンドです。9つの小さなループが繋がっているバンドなので、細かい長さ調節や、手や足を引っ掛けることで様々な種類のトレーニングが可能になっています。

日本ではまだ使っている人が少ないですが、アメリカでは大人気のトレーニングバンドですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

セラバンドおすすめ4)正規品にこだわらないなら安いセットタイプ

Winhi エクササイズバンド 強度別5本セット

正規品のセラバンドにこだわらないなら、Amazonカテゴリベストセラー(2017年12月時点)の5本セットが安くておすすめ。5本セットでこの安さは非常に嬉しいですね。

5段階の強度のゴムバンドがあるので、筋トレ種目や筋肉の部位ごとに、筋肥大に最適な1セット8~12回の負荷のバンドをチョイスすることができますよ。(※1)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

セラバンドおすすめ5)チューブタイプも使いやすいかも

Patech フィットネスチューブ トレーニングチューブ

バンドタイプよりもチューブタイプが使いやすいという人もいますね。こちらは、グリップやグリップストラップ付きで手が痛くならないチューブタイプ。120cmと長さも十分です。

黄:約5Kg、緑:約7Kg、赤:約9Kg、青:約11Kg、黒:約14Kgと色で強度が分かれている5本セットでこの価格は大好評です。

本格的なトレーニングをしたい人から、初心者まですべての人におすすめのトレーニングチューブです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

セラバンドで自宅トレーニングやストレッチしてみよう

セラバンドの使い方、筋トレ方法やおすすめのセラバンドの商品を紹介しました。

セラバンドが一つあれば、自宅でも本格的なトレーニングができますね。こちらの記事も参考にして自宅トレーニングをはじめてみてくださいね。

※ 表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

※1)参考文献 : 出典 Steven J. Fleck/William J. Kraemer レジスタンストレーニングのプログラムデザイン p.195

あわせて読みたい