デッドリフトが広背筋に効かない人が知らない3つの真実

デッドリフトが広背筋に効かない人が絶対に知らない3つの真実をお教えしましょう。デッドリフトが広背筋に効かないのは、フォームが間違っていたり、しっかりと効かせる効かせ方を知らないから。ハーフデッドリフトで練習するのも手ですが、まずは効かない原因を知り、正しい効かせ方を知りましょう!

デッドリフトが広背筋に効かない原因

デッドリフトは広背筋を中心に背筋全体、そして脚の特に後部に位置するハムストリングを効果的に鍛えられる筋トレですが、なぜ広背筋に効かないのでしょう?

デッドリフトが広背筋に効かない原因は間違ったフォームにある

デッドリフトが広背筋に効かないのが、十中八九間違ったフォームのせいです。フォームが正しくないために、負荷が逃げてしまっていたり、広背筋にうまく効かせられていない。

しかし、デッドリフトのフォームのどこがおかしいのか分かりませんよね?実は、広背筋に効かない人は、後述する”3つ”のポイントが絶対にできていません。

デッドリフトの広背筋への効かせ方

デッドリフトで広背筋を効かせられない人ができてない3つの真実をお教えします。

デッドリフトを広背筋に効かせる1) 肩を落として背中を寄せる

デッドリフトでバーベルを引き上げる際に、特にセカンドプル(膝上からフィニッシュまで)で肩を落とした状態にしつつ、肩を後ろに引いて肩甲骨を若干寄せるイメージで背中を寄せてください。

肩が前に出過ぎていたり、上がった状態で背中を寄せると広背筋にかかる負荷が意味の分からない筋肉逃げてしまいます。

デッドリフトを広背筋に効かせる2) 背中を伸ばした状態で動作する

スタートポジションでは背中をしっかり伸ばしているのに、バーベルの引き上げていくと同時に背筋が丸まってしまう人が多くいます。これでは広背筋に効かせられません。

常に背筋がまっすぐになるように意識すること。ウェイトが重すぎると丸まってしまうことがあります。一度ウェイトを少し下げて背筋を意識して行なってみてください。こっちの方がよっぽど効果的です。

デッドリフトを広背筋に効かせる3) 手でバーベルを引っ張らない

腕は常に伸ばした状態でデッドリフトを行うこと。手でバーベルを引っ張ると僧帽筋を動員させてしまうので、広背筋に負荷が入らなくなります。

デッドリフトが広背筋にどうしても効かない人はハーフデッドリフトもありかも

デッドリフトはファーストプル(地面から膝まで)でかなり脚の力を使います。そしてセカンドプルで背筋を使うのですが、この二つのステップは運動量も多く効かせるにはテクニックが入ります。

セカンドプルのみを行うハーフデッドリフトで広背筋に効かせてみてはどうでしょう?意識を広背筋のみに集中できるので、広背筋により効かせやすいデッドリフトの種類とも言えます。

ハーフデッドリフトで広背筋への効かせ方をマスターしてから、通常のデッドリフトに移行するのも一つの手ですね。

デッドリフトが広背筋に効かない人が知らない3つの真実のまとめ

デッドリフトが広背筋に効かない人は、

・肩を落として背中を寄せる
・背筋を伸ばして動作する
・手で引っ張らない

これらが出来ていない可能性99%です。デッドリフトの広背筋筋トレ効果はどの筋トレにも代えられないものなので、今回の記事を参考に正しいデッドリフトに挑んでみましょう!

あわせて読みたい