ダンベルフライ10kgで誰しもが憧れる分厚い胸板は出来るのか?

ダンベルフライ10kgで分厚い胸板を作ることは出来るのか?ダンベルフライ10kgは平均重量から考えてもかなり軽く、さらに床でやる人もいるからこれは大変…ダンベルフライ10kgで分厚い胸板を作れるのか、また出来ないとしたら効果的な方法はあるのか?

ダンベルフライ10kgで分厚い胸板は作れる?

ダンベルフライ10kgで分厚い胸板を作ることは出来るのか?以下に解説しました。

ダンベルフライ10kgではかなり難しい

正直に言って、ダンベルフライ10kgで分厚い胸板を作るのは非常に難しいことです。どれだけトレーニング歴が長い人でテクニックを使える人でも、まず困難。というかほぼ不可能です。

大きな筋肉はそれだけ重い重量を扱えるのが生理学の基本です。単純に、筋肉はデカければデカいほど大きなパワーを発揮できます。

ダンベルフライ10kgは重さが軽すぎて、筋肉を大きくするだけの効果的な負荷をかけれません。

ダンベルフライ10kgを床でやったらなおさら効かない

ダンベルフライ10kgを行う人はトレーニング初心者が多いと思いますが、その中にはトレーニングベンチがないために床でダンベルフライをする人がいるでしょう。

床でのダンベルフライはダンベルフライのメリットである「可動域」を狭くしてしまい、胸筋にストレッチがかけれなくなり、その結果トレーニング効果も半減してしまいます。

ダンベルフライ10kgは平均重量を大きく下回っている

ダンベルフライの平均重量は26kg程度です(一回の挙上)。(※1)これから考えてもダンベルフライ10kgは負荷が非常に弱い重量だと言わざるを得ません。

ダンベルフライ10kgで最大限効かせる方法がある!?

ダンベルフライ10kgは負荷としては弱め。この負荷を最大限高負荷にするには、回数を多くこなします。基本的には10回ですが、100回やってみましょう。

これは実は理に適っていて、筋肉が動かなくなる限界まで挙上を繰り返すことで、「代謝的オールアウト」を実現し筋肥大に効果が出るのです。

100回というのは目安。要は限界まで繰り返すのです。かなり根気がいりますが、成功すれば確実に筋肉は大きくなります。しかし、やはり非効率であるのは否めませんね。

ダンベルフライ10kgで誰しもが憧れる分厚い胸板は出来るのか?まとめ

ダンベルフライ10kgで分厚い胸板を作るのはほぼほぼ不可能。代謝的オールアウトを狙って筋肥大は起こせないわけではありませんが、現実的にかなり難しいものです。

最低ラインとしても、ダンベルフライ20kgは欲しいところですね。

※1)参考文献 : 出典 STRENGTH LEVEL Incline Dumbbell Fly vs Dumbbell Fly

あわせて読みたい