加重ディップスの方法と始める目安|10kgから始めよう!

加重ディップスは通常ディップスの方法とは一味違います。リュックやベルトを使って「加重(10~20kg)」して、自分の体重以上の負荷でディップスを行います。ベンチプレスと似た筋肉を鍛えられ、効果の高い筋トレができるのでオススメの種目です!始める目安も解説します。

加重ディップスとは?

加重ディップスとは、上記の写真のようにベルト(リュックを使う場合もある)にウェイトをぶら下げて、自分の体重以上のウェイトで負荷を筋肉にかけてトレーニングをする筋トレです。

加重ディップスの効果

自重トレーニングの進化系とも言える筋トレで、大胸筋(特に下部)、上腕三頭筋、三角筋を効果的に鍛えられます。

加重ディップスの方法

加重ディップスには主に2つの方法があります。

リュックを使った加重ディップス

リュックに重りを詰め込み、それを背負った状態でディップスを行います。リュックを背負うので、安定感を高く保持したまま動作ができるのがメリットです。

ベルトを使うのは専門のトレーニングベルトが必要になりますが、リュックは自宅トレでも使えちゃいます。

ベルトを使った加重ディップス

このベルトとはただのベルトではなく「ディッピングベルト」と呼ばれる加重ディップスを行う専門のトレーニングベルトです。本格派ジムには間違いなく置いてある筋トレグッズ。

リュックを使った加重ディップスより安定感に欠けますが、腰の真下にウェイトをぶら下げられるので、ターゲットの筋肉により強い負荷を欠けられます。

加重ディップスを始める目安

加重ディップスはどこか初心者にはハードルが高いイメージを持たれています。具体的に始める目安はどのようなものなのでしょう?

ベンチプレス60~80kg挙上できるなら始めよう

加重ディップスを始める目安としては、ベンチプレスで60~80kg難なく挙上できるようになっていれば十分でしょう。

10kgから始め20kgまで挑戦する

上記の目安に達していも、加重ディップスは怪我のしやすい種目なので、少し注意して行いましょう。ウェイトを10kgから始めます。

10kgで加重ディップスをやっていき、動作に慣れてきて筋肉もパワーアップしてきたら20kgに挑戦してみるのもいいでしょう。

加重ディップスの方法と始める目安|10kgから始めよう!まとめ

加重ディップスの方法はリュックとベルトを加重に使う二つの方法があります。初心者は10kgからスタートし、20kgまで挑戦できるレベルになれば上半身の見た目も相当なものでしょう。

ベンチプレスで基礎的な胸筋力をアップして、加重ディップスで最後の仕上げを行うのは多くの筋トレ上級者が行うトレーニングルーティンです!

あわせて読みたい