ディップスマシンの使い方と効果!初心者や女性でも出来る腕のトレーニング!

ディップスをマシンで行う筋トレのやり方(マシンディップス)の使い方や効果をを解説します。ディップスは大人気の効果の高い筋トレですが、自重でできない人にとってはとっつきにくいトレーニングですね。そんな初心者や女性におすすめなのがマシンで行うディップス。さらに、上級者も上腕三頭筋の追い込みにおすすめです。

ディップスマシン(マシンディップス)とは?

ディップスマシン(マシンディップス)とは、筋トレのディップスと同じ動きを座ってマシンで行う筋トレです。

腕の上腕三頭筋や大胸筋下部の筋トレとして、人気のディップスですが、懸垂と同様に自体重で行うのは初心者や女性には非常にきついので、

効果が高いとわかっていても取り組みにくい筋トレです。

そこで、マシンを使うことで誰でも簡単で効果的にディップスを行うことができます。

ディップスマシンの効果・メリット

ディップスマシンの効果・メリット1)負荷を調節できるので初心者や女性でもできる

ディップスの最大の難所は最低でも自重でできないと始められないところ。

マシンディップスなら数kgから自分で負荷を調節して行うことができます。そのため、初心者や女性でも簡単にできて、自分の目的の回数

・筋肥大なら8~12回の中負荷
・二の腕引き締めなら20回程度の低負荷

に調節して行うことができます。

ディップスマシンの効果・メリット2)座って行うので腕に集中できる

通常のディップスは、体を宙に浮かせた状態で行います。

その時にバランスを取る必要があるので、目的の上腕三頭筋や大胸筋下部以外にも、肩の筋肉や体幹の腹筋背筋も必要とされます。

もちろん、この複数の筋肉を鍛えられるのはディップスのメリットでもあるのですが、上腕三頭筋や大胸筋下部を追い込みたいという目的なら限界まで追い込むのには邪魔になってしまいます。

マシンディップスなら座って体を安定させた状態で行うので、目的のターゲットの筋肉を集中して限界まで追い込むことができます。

ディップスマシンの効果・メリット3)上級者なら上腕三頭筋の最高負荷を扱える

筋トレ上級者なら、マシンディップスを行うことで上腕三頭筋に最高負荷をかけることができます。

自重にディッピングベルトで加重したディップスやクローズグリップベンチプレスでも高重量を扱えますが、

多くの人はマシンディップスが一番安定するので純粋な高負荷を扱うことができます。しかも、安全です。

ディップスマシンの使い方、やり方のコツ

1. マシンに座りグリップを持つ(大胸筋下部なら上半身を前傾、三頭筋なら垂直に)
2. バーを押し下げる(勢いは使わない代わりに、しっかりと肘がロックするまで伸ばす)
3. 肘を90度程度までまげて繰り返す

こちらの動画でボディービルダーのリッチー・ピアーナがマシンディップスのやり方を紹介しています。ポイントは3つで、

1. 大胸筋下部なら上半身を前傾、三頭筋なら垂直に
2. 肘は最後まで伸ばしきるが、反動は使わない
3. 肘を曲げる時に肩をすくめないよう胸を張って動作する

です。特に、最後の肩をすくめてしまうのは初心者によくある間違いですが、効果も減り肩の関節への負担が増えてしまうので注意が必要です。

マシンディップスで上腕三頭筋を追い込もう

マシンディップスのやり方や効果、ポイントを紹介しました。

通常のディップスがうまくできない人も、できる人でも最後に追い込みたい人、マシンディップスを活用して腕を追い込みましょう。

また、マシンディップスができるようになったら、通常のディップスにもチャレンジしてみましょう。

あわせて読みたい