ディップスができない?初心者必見の効果的なステップと練習方法!

ディップスができない?ディップスができない初心者は必見の練習方法と効果的なステップを解説!ディップスができない原因は非常にシンプルで、それらを解決するのは非常に簡単なことです。

ディップスとは?

「ディップス」とは大胸筋下部または上腕三頭筋(二の腕の筋肉)を鍛えるために行う筋トレの種目です。

「ディップススタンド」と言う、平行棒に両手で捕まり、腕を曲げて体を上下に動かします。

この動きと筋トレの効果が大きなことから「上半身のスクワット」と呼ばれます。

ディップスは初心者から上級者まで非常におすすめの筋トレで、上半身の発達には欠かせない種目の一つとも言えるでしょう。

ディップスができない理由は?

ディップスができない原因は主に二つあります。

1. ディップスに使う筋肉が弱い
2. ディップスの動作に慣れてない。もしくは出来ない(怪我等)。

怪我などで動作が上手く出来ない状態を除いて、ディップスは効果的な練習を行えば誰でも出来るようになります。以下より解説していきます。

ディップスができない時の効果的なステップと練習方法を紹介!

ディップスができない時の効果的な筋トレ①ディップスマシン

ディップスマシン(マシンディップス)とは、筋トレのディップスと同じ動きを座ってマシンで行う筋トレです。

腕の上腕三頭筋や大胸筋下部の筋トレとして、人気のディップスですが、懸垂と同様に自体重で行うのは初心者や女性には非常にきついので、効果が高いとわかっていても取り組みにくい筋トレです。

そこで、マシンを使うことで誰でも簡単で効果的にディップスを行うことができますね。ディップスが出来ない人は効率的にディップスで使う筋肉を鍛えられるオススメの筋トレマシンです。

ディップスができない時の効果的な筋トレ②ネガティブディップス

ネガティブディップスとは、ディップスにおいて体を下げる動作のみを行うディップスのことです。つまり、ネガティブ動作のみを行います。

ポイントとしては、「ネバルこと」。すぐに体を落としてしまうのではなく、出来るだけゆっくりと体を下げるようにします。ディップス習得への効果的な練習ができますよ。

ディップスができない時の効果的な筋トレ③ベンチディップス

ベンチディップスとはトレーニングベンチや椅子などに体の後ろ側で手をついて体を上下することで二の腕の上腕三頭筋を鍛えるトレーニング種目です。

自宅でもジムでも手軽にできて、二の腕引き締め効果から腕を本格的に鍛えて太くする効果まであるおすすめのトレーニング。

ちなみに、リバースプッシュアップという呼び方もあります。

ディップスが出来ない人でも簡単に行えるトレーニングで、ディップスに使う筋肉も効果的に鍛えられます。

ディップスができない時の効果的な筋トレ④胸筋と上腕三頭筋の基礎トレ

ディップスで使う筋肉は主に胸筋と上腕三頭筋。ディップスが出来ないのは以上の筋肉が弱いから。筋トレの問題の原因は常にシンプルです。

単純にこの2部位を強化しましょう。一番オススメはやっぱりベンチプレス!ベンチプレスは胸筋と上腕三頭筋を高負荷で効果的に発達させられます。

ディップスができない?初心者必見の効果的なステップと練習方法!まとめ

ディップスが出来ない原因とできるようになる練習方法のトレーニングを解説しました。

ディップスは「上半身のスクワット」と呼ばれるほど効果的な種目。上半身の発達に欠かせません。ディップスが出来ない人は今回の記事を参考に是非練習してみましょう!

あわせて読みたい