プッシュアップバーで肩を鍛えられる?パイクプッシュ(パイクプレス)と逆立ちで鍛えろ

プッシュアップバーで肩を鍛えられるの?プッシュアップバーで肩を鍛える方法はあります!一つはパイクプレスと呼ばれる方法と、もう一つは逆立ちしてプッシュアップを行う方法です。広い肩幅はプッシュアップバーさえあれば意外と簡単に手に入れられちゃいますよ。

プッシュアップバーとは?

プッシュアップバーとは画像のような商品で、床に置いてバーのグリップを握り腕立て伏せを行うための器具です。

通常の腕立て伏せよりも

・可動域を深く取れる
・グリップや床に対して安定する
・手首を怪我しにくい

などのメリットがあります。また、使い方は実はたくさんあって、腹筋や体幹を鍛える使い方などもあります。

今回はプッシュアップバーの使い方について、基礎から応用まで解説していきます。プッシュアップバーの効果を詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考ください。

プッシュアップバーで肩は鍛えられる?

プッシュアップバーで肩を鍛える方法は2つあります。それぞれ見ていきましょう!

プッシュアップバーで肩を鍛える筋トレ①パイクプッシュアップ

パイクプッシュアップ(パイクプレスやショルダープッシュアップとも呼ばれる)は、体をくの字にして頭を下げて行うトレーニング。腕立て伏せの一種で肩の三角筋を鍛える筋トレです。

通常の腕立て伏せは体を平らにして押し上げる事で胸の大胸筋を鍛える筋トレですが、

パイクプッシュアップは頭を下げる方向に動作する事でショルダープレスと同じ動きになり、胸ではなく肩を鍛える事ができます。

上記の写真ではプッシュアップバーを使っていませんが、プッシュアップバーを使って同じ体勢になってみてください。

プッシュアップバーで肩を鍛える筋トレ②逆立ちプッシュアップ

逆立ちをして背中とカカトを壁に当てて安定させた状態で行うプッシュアップです。

プッシュアップバーが滑ってしまったりすると怪我に繋がるので、あまりオススメはできませんが、プッシュアップバーで肩を鍛える筋トレとしては効果的な方法と言えます。

逆立ちの体勢に抵抗なく出来る人は挑戦してみてください。

プッシュアップバーで肩を鍛える方法まとめ

パイクプレス
逆立ちプッシュアップ

    おすすめプッシュアップバーで肩を鍛えよう

    オーソドックスなプッシュアップバーです。アマゾンのレビューも約1000件あり、高評価なので信頼できる商品です。

    高さが14cmで緩やかな傾斜が付いています。軽くて使いやすいので、すべての人におすすめできる商品です。

    Amazonで詳細を見る

    ※ 表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

    あわせて読みたい