プッシュアップバーに斜めの角度がついてる理由と使い方!おすすめ商品は?

プッシュアップバーには斜めの角度がついているタイプと水平なタイプがあります。斜めの角度が付いている理由と使い方、そして大胸筋の、上部、中部、下部などでプッシュアップバーの傾斜と置き方の角度を変えるテクニックを紹介します。また、斜めの角度のあるおすすめのプッシュアップバーの商品も紹介!

プッシュアップバーには斜めの角度が付いているものがある


(Amazon Gen-X 電源プッシュアップバー)

プッシュアップバーは腕立て伏せなどで使用することで、可動域を広げたり、手首を自然に力が入りやすい角度にすることで腕立て伏せの効果を増やす筋トレグッズです。

プッシュアップバーを何種類かよく見たことがある人や持っている人の中には、プッシュアップバーにはグリップ部分が水平なタイプと、

グリップ部分に斜めの角度が付いているタイプがあることに気づいたことがある人もいるでしょう。

今回はこのプッシュアップバーについている斜めの角度の意味と、この角度を生かした効果的な使い方を紹介します。

プッシュアップバーに斜めの角度がある理由と使い方

プッシュアップバーに斜めの角度がある理由と使い方1)低い方を手前にすると滑りにくい

まず単純に、低い方を手前側にして使うとプッシュアップバーの角度が体の斜めの角度の方を向くので、奥側へ滑りにくく握りやすくなります。

通常通り大胸筋全体を鍛える時はプッシュアップバーは平行に「↑↑」(矢印の先が高い)のように置けばよいですが、

さらに、この状態で逆ハの文字、つまり「↖↗」(矢印の先が高い)のように角度をつけて置くことで、大胸筋上部を集中して鍛えることができます。

プッシュアップバーに斜めの角度がある理由と使い方2)自然に正しいフォームでやりやすい

斜めの角度が付いていることで、初心者でも自然に正しいフォームで行うことができます。正しいフォームのポイントとは、

・肩甲骨を寄せる・・・胸筋を使うために大切
・肩を下げる(すくめない)・・・肩を痛めないで胸に集中させるために大切

の2つです。初心者だと、肩甲骨を寄せると肩が上がってしまいがちなのですが、手前側を低くすることで自然に肩が下がります。

プッシュアップバーに斜めの角度がある理由と使い方3)高い方を手前にすると胸筋下部への刺激を

上級者は、大胸筋上部と逆の向き、つまり手前が高く、ハの字にする「↙↘」(矢印の先が高い)にすることで、大胸筋下部を鍛えることができます。

ただし、手首や肩甲骨などのフォームが崩れやすいので初心者はやらず、正しいフォームを身につけてから行うようにしましょう。

斜めの角度のあるおすすめプッシュアップバー

おすすめの斜めの角度のあるプッシュアップバー

E-PRANCE プッシュアップバー

アマゾンのカテゴリーベストセラー(2018年2月時点)の大人気プッシュアップバーです。

グリップ部分は握りやすく汗を吸い取るPVC泡綿、支柱部分は軽くて丈夫で安全でエコなABSプラスチックでできており、「はめ合わせもしっかりしていて使いやすい」 というレビューが多いです。

もちろん斜めの角度の傾斜がついているので、初心者でも使いやすく部位別の使い分けもできます。

値段も比較的安い方なので初めてのプッシュアップバーにおすすめですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

※ 表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

あわせて読みたい