腹筋ローラーで女性らしい「くびれ」を♡効果的なやり方と回数のおすすめ

腹筋ローラーで女性らしいくびれを手に入れましょう!腹筋ローラーは女性に嬉しいくびれ効果やお腹痩せ、二の腕シェイプアップなどが目白押し♡女性におすすめしたい効果的なやり方や回数を解説します。ダイエット効果も高い腹筋ローラーの使い方を今回の記事をきっかけに知っちゃってください!

腹筋ローラーで女性らしい「くびれ」を手に入れよう♡

腹筋ローラーは女性や初心者にこそおすすめしたい筋トレグッズ。簡単に手に入れられ、簡単に始められる。しかも、そのトレーニング効果が高いのだからおどろきですよね。

女性らしい「くびれ」を効率的に短期間で作れちゃうのも腹筋ローラーの大きなメリット。以下より腹筋ローラーの女性にとって嬉しい効果を紹介しますのでチェックしてください。

腹筋ローラーの女性に嬉しい効果とは?

腹筋ローラーの女性にとって嬉しい効果は4つあります。

腹筋ローラーの女性に嬉しい効果①くびれ

腹筋ローラーはお腹の前面にある腹直筋、そしてお腹の横にあるくびれ筋とも呼び声の高い腹斜筋、さらにインナーマッスルの腹横筋の全部を同時に鍛えられるので、くびれ効果が抜群です。

くびれができるだけで、全身の見た目のバランスが変化し、一気にスタイル良く美しく見えるようになりますよ。

腹筋ローラーの女性に嬉しい効果②お腹痩せ

腹筋ローラーは女性に嬉しいお腹痩せ効果があります。先述したように、お腹の前、横、中の筋肉を一気に同時に鍛えることが出来るので、ぽっこりお腹を解消する効果が抜群。

服を着るとそうでもないけど、脱いでみるとお腹がポッコリ…なんて女性も少なくありません。腹筋ローラーでペッチャンコにしてみませんか?

腹筋ローラーの女性に嬉しい効果③ダイエットにもおすすめ

腹筋ローラーって実は腹筋だけを鍛えるわけではないんです。上半身の筋肉の多く、さらに女性の木になるお尻の筋肉まで鍛えられちゃってるんですよ!

効率的なダイエットは、より多くの筋肉を鍛えて基礎代謝を向上させるものです。腹筋ローラーはこれにぴったり。まさにダイエットをする女性の強い味方です。

腹筋ローラーの女性に嬉しい効果④二の腕のシェイプアップ

腹筋ローラーは腹筋だけでなく、その他の多くの筋肉にも効果的だと先述しましたが、その中の一つに二の腕(上腕三頭筋)があります。二の腕が気になる女性は必見!

二の腕って、腕の筋肉の2/3を占める実は大きな筋肉で、腕を細くしたりするには絶対無視できない部位なんです。そこを効果的にシェイプアップできるのが腹筋ローラーです!

腹筋ローラーの女性におすすめするやり方(初心者も!)

女性に是非ともやって欲しいおすすめの腹筋ローラーのやり方を3つ紹介します。初心者にもおすすめです。

腹筋ローラーの女性におすすめするやり方①膝コロ

膝コロのやり方の基本です。目線はおへそにキープすると腰が反りにくいです。お尻から体全体を前に出しましょう。

1. 膝をついて両手で腕を伸ばして腹筋ローラーを持つ
2. 手ではなくお尻から体全体を前に出して行く。この時腰を反らさない
3. 戻ってきて繰り返す

腹筋ローラーの女性におすすめするやり方②膝コロン

膝コロンは膝コロがどうしても出来ない女性におすすめしたいやり方です。膝コロで前に出て、腹筋を伸ばしきった後に、元に戻らずにそのまま倒れ込みます。とっても簡単ですよ♪

1. 膝をついて両手で腕を伸ばして腹筋ローラーを持つ
2. 手ではなくお尻から体全体を前に出して行く。この時腰を反らさない
3. そのまま前に倒れる

腹筋ローラーの女性におすすめするやり方③壁コロ

壁コロは壁から少しだけ離れたところで腹筋ローラーをして、ドスッと伸びきる前に腹筋ローラーを壁に当てる使い方です。とても簡単なので上記の動画を見てみましょう!

この動画では立っていますが、膝コロで壁コロをして大丈夫です。十分腹筋に負荷をかけられます。

腹筋ローラーを女性がやるべき回数

腹筋ローラーのやる回数ですが、まずは頻度から解説したいと思います。頻度で言えば、週2~3回で十分。それも必ず1日空けてを繰り返してトレーニングをすること。筋肉に回復の時間を与えます。

回数に関しては、1セット10~15回。これを合計で3セットでいいでしょう。仮に10~15回で物足りなくなってきたら、やり方を変えて強度を上げていって下さいね。(例:膝コロン→膝コロ)

腹筋ローラーで女性らしい「くびれ」を♡効果的なやり方と回数のおすすめのまとめ

腹筋ローラーで女性らしいくびれを手に入れるやり方と女性に嬉しいくびれ効果などを解説しました。腹筋ローラーは安く変えてしかもめちゃくちゃ効果的なおすすめ筋トレグッズです。

下記のリンクにおすすめ腹筋ローラーも紹介しているのでチェックしてみて下さい!

あわせて読みたい