コサックスクワットのやり方と効果!自宅で手軽にダイエット&柔軟性を高める筋トレ!

コサックスクワットのやり方とポイント、効果について解説します。自宅で手軽にできて、脚やせダイエット効果や内腿引き締め、股関節の柔軟性を上げるストレッチとしても効果のあるコサックスクワット。1日数セットでもいいのでぜひ取り組んでみましょう。

コサックスクワットとは?

コサックスクワットとはスクワットの一種で、足を横に開いて行うトレーニング。

コサックダンスに少し似ている事から名付けられましたが、実際はコサックダンスのように行うのではなく、サイドランジをさらに深く行うイメージです。

コサックスクワットは下半身のトレーニング効果だけでなく、股関節や内転筋の柔軟性を上げるストレッチのとしての効果も高く、

女性が手軽に自宅で脚やせダイエットとしても行いたい種目です。

コサックスクワットのやり方とポイント

コサックスクワットの基本的なやり方とそのポイントを解説します。とっても簡単にできるので、すぐに試してみてくださいね。

コサックスクワットのやり方とポイント1)コサックスクワットのやり方

1. 足を肩幅の1.5~2倍程度に広げて立つ
2. 両手を前にしてバランスをとりながら比較的ゆっくり片足のほうへ体を沈み込ます
3. 立ち上がり逆側も同様に行う。この左右セットで1回。繰り返す

コサックスクワットのやり方です。柔軟性を高める意味もあるので動作を早く行う必要はなし。比較的ゆっくりとバランスをとりながら、深くまで沈み込みましょう。

コサックスクワットの回数の目安

・筋トレ目的→ダンベルなどを手に持ち負荷をつけて1セット8~12回を3~5セット
・ダイエット目的→自重で1セット15~20回を3セット程度

コサックスクワットのやり方とポイント2)コサックスクワットのポイント

コサックスクワットの最大のポイントはしっかりと下まで体を深く沈みこます事。この時、体と反対側の足はつま先を上に向けましょう。

また、股関節や内転筋の柔軟性を高めておくために、軽くストレッチをしたからコサックスクワットを行うのもいいでしょう。

コサックスクワットの効果

コサックスクワットの効果は一言で言えば「脚やせダイエットに効果的」という事です。

足を横に広げて行うので、普段はなかなか鍛える事ができない内ももの内転筋を鍛えて引き締める事ができます。

一方で、筋肉をつける目的ならば自重のため負荷が弱く、太もものメインの筋肉である大腿四頭筋にも負荷がのりにくいです。自宅ならダンベルスクワットなどを行うのが筋トレとしてはおすすめです。

次の筋トレ記事もおすすめ

コサックスクワットのやり方と効果!自宅で手軽にダイエット&柔軟性を高める筋トレ!まとめ

コサックスクワットのやり方や効果について解説しました。

コサックスクワットは知っている人が少ないトレーニングですが、脚やせダイエットや股関節の柔軟性を上げるのに効果的。

ぜひ取り組んでみてくださいね。

あわせて読みたい