椅子スクワットのやり方とコツ!高齢者のリハビリやダイエット&筋トレ初心者におすすめ

椅子スクワットのやり方とコツについて解説します。椅子スクワットは、高齢者の下半身トレーニングや、自宅ダイエット、筋トレ初心者におすすめの椅子を使った安全で負荷の低いトレーニング。ご老人の方で整骨院などで指導を受けた人も多いはずです。また、片足で行う椅子スクワットについてもイラストを含めて解説。

椅子スクワットとは?

椅子スクワットとは通常のスクワットで椅子を補助的に使って行うスクワットです。

もちろんバーベルを担いで行うこともできますが、そういったジムで行う椅子スクワットは通常ボックススクワットと呼ばれます。

通常の椅子スクワットはどちらかというと、筋トレやダイエット初心者や高齢者の下半身の筋力強化、リハビリなどに用いられる、負荷を軽くして安全性を高めたスクワットです。

椅子スクワットのやり方とコツ

1. 椅子に座り、体を少し前に出して浅く腰掛ける。この時膝が90度になるように
2. 肩幅程度の足幅で地面にしっかりと踏ん張りながらゆっくりと立ち上がる
3. ゆっくりと元の位置に座る(深く腰掛けすぎない)

椅子スクワットの基本的なやり方です。まずは、このように椅子に座った状態から立ち上がるように行いましょう。

慣れてきたら、今度は立った状態から椅子にお尻が触れるか触れないかまでしゃがんでから立ち上がるという補助的な使い方をして、最終的には椅子なしでスクワットができるようになりましょう。

※片足で行う椅子スクワットは「ブルガリアンスクワット」

椅子を後で使い片足で行うスクワットはブルガリアンスクワットと呼ばれる別の筋トレです。

こちらは、かなり負荷の強いトレーニングですが、ダイエットや筋トレ効果はその分高いので興味がある人は試してみてください。

椅子スクワットの効果

椅子スクワットの効果について解説します。

椅子スクワットの効果1)高齢者にリハビリに

椅子を使った補助的なスクワットは高齢者の健康促進や、下半身筋力のリハビリにもよく使われます。

下半身を鍛えて足腰を強くすることは老化予防に最も大切なことですからね。ただし、怪我や関節の痛みなどがある場合は自分で行うのではなく、一旦中止して整体師や医師の指導に従ってください。

椅子スクワットの効果2)ダイエットや筋トレ初心者にも簡単

椅子スクワットは筋トレやダイエット初心者にも人気のトレーニング。椅子を使えば自宅でも手軽にできることや、負荷が少なく安全なのでしっかりと追い込むことができます。

椅子スクワット→自重スクワット→ダンベルスクワット→バーベルスクワットの順に成長していくのがおすすめです。

次の筋トレ記事もおすすめ

椅子スクワットのやり方とコツ!高齢者のリハビリやダイエット&筋トレ初心者におすすめのまとめ

椅子スクワットのやり方と効果を紹介しました。

自宅でも手軽にできて、筋トレやダイエット初心者や高齢者にもおすすめのトレーニングです。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

また、他のおすすめの自重トレーニングや、そのポイントはこちらの記事で紹介しているので合わせて確認してみてください。

あわせて読みたい