スクワットにベルトは何キロから必要?おすすめ商品は?

スクワットにベルトが必要かどうかを解説します。具体的に何キロからトレーニングベルトをスクワットの時に使用すべきなのか、位置や重量、ベルト無しの場合との違い。そして、おすすめのスクワット用のベルトも紹介します。

スクワットにベルトは必要?

ジムでトレーニングをしていると、スクワットの時にベルトを使っている人を多く見かけますよね。実際に、スクワットにベルトが必要かどうかを解説します。

スクワットでベルトをする効果

スクワット(バーベルスクワット)は、しゃがみこむ時にお尻を後ろに出して上半身を前に倒すことで重心の位置を縦に真っ直ぐの軌道に乗せます。

この、上半身を倒す時に腰が丸くなってしまうと腰を痛めてしまいます。

そのため、高重量のスクワットではトレーニングベルトをすることで、腹圧を高めて腰を痛めないように補助することができます。

スクワットのベルトは何キロから必要?

最初の軽いウェイトのうちは、自分の体幹の筋肉を使うことも含めてベルトは必要ないでしょう。

しかし、60kg~80kg以上の重量でバーベルスクワットを行うようになったらベルトの使用を考え出したほうがいいです。

そして、100kg~200kgになってくると、腰を痛める危険性が高くなるのでベルトを使用すべきです。

スクワットにおすすめのベルト

スクワットにオススメのトレーニングベルトを紹介します。

ゴールドジム ブラックレザーベルト

4909円(税込)

詳細情報
・本格的なレザーベルト
・厚すぎずスクワットもやりやすい

ゴールドジムのブラックレザーベルト。あまり厚過ぎず、さらに胴体の可動域をある程度保てるタイプのトレーニングベルト。

背もたれ部分が広がっていて、腰の負担を抑えて重量を背中でしっかりカバーするのをサポートしつつ、身体の可動域を制限しないタイプのおすすめ商品です。

次の筋トレ記事もおすすめ!

スクワットにベルトは何キロから必要?おすすめ商品は?のまとめ

スクワットでトレーニングベルトをする効果と、具体的に何キロぐらいからベルトをしたほうが良いかを解説しました。

高重量のスクワットをやるようになったらトレーニングベルトの使用も考えてみてくださいね。

あわせて読みたい