腕立て伏せは肩こりに効く?頭痛や首こり解消効果はある?

腕立て伏せが肩こりに効果があるのか、肩こり解消に効く正しい腕立て伏せのやり方について解説します。肩こりになった時に、腕立て伏せや壁を使った腕立て伏せが解消に効くと聞いたことはありませんか?また、首こりや頭痛にも効くのでしょうか?筋肉痛と肩こりの違いは?そんな、腕立て伏せと肩こりの関係について解説します。

腕立て伏せが肩こりに効く?

仕事や勉強などでパソコンやノートを取っていると、肩こりになってしまうことがありますね。意外に辛くてなかなか治らない肩こり。揉んでもイマイチ解消しない…なんてことはありませんか?

そんな時、自宅で簡単に出来るある筋トレが肩こり解消に役立つことがあります。

それが腕立て伏せ

今回は腕立て伏せが肩こりに効くのか?その理由は?ということを解説します。

腕立て伏せが肩こりに効く理由

腕立て伏せが肩こりに効く理由を解説します。

腕立て伏せが肩こりに効く理由1)肩甲骨が動くから

腕立て伏せをすると、肩周りの肩甲骨が開いたり、閉じたりと動きます。

最近では「肩甲骨はがし」という肩甲骨を凝り固まった肩周りの筋肉からはがす肩こりの治療法が流行っていますね。

腕立て伏せでは、この肩甲骨剥がしに似ている動きを自分で行うことができるのです。

腕立て伏せが肩こりに効く理由2)運動で血行が良くなるから

もう一つは、純粋に上半身を中心に血行が良くなるからです。肩こりの原因の一つに血行不良がありますね。

腕立て伏せのようにある程度体や筋肉に負荷をかける運動をすることで、ちょうど良い血液循環を引き起こすことができるわけです。

腕立て伏せの肩こり以外への効果

腕立て伏せは肩こり以外への効果もあるのでしょうか?

腕立て伏せの肩こり以外への効果1)首こり

首こりにも腕立て伏せが効果があると言われていますが、これは微妙です。

確かに肩こりの延長線上としての首こりには効果があるかもしれませんが、首の場合寝違えなどの筋違いの可能性もあります。

腕立て伏せではなく、ストレッチやマッサージ、ひどい場合は病院に行くなどした方がいいでしょう。下手に腕立て伏せをして悪化しないように気をつけてください。

腕立て伏せの肩こり以外への効果2)頭痛

頭痛がある時に腕立て伏せをするのは絶対にやめましょう。もし、脳内の出血などが原因の場合、運動で血圧が上がることでひどくなって重大な病気や事故につながります。

ただし、日頃から腕立て伏せをして肩こり予防をしておくことで、肩こりに伴う頭痛になりにくくなるという効果はあるかもしれません。

次の筋トレ記事もおすすめ!

腕立て伏せは肩こりに効く?頭痛や首こり解消効果はある?のまとめ

腕立て伏せが肩こりに効く理由などを解説しました。日頃から腕立て伏せをすれば肩こり予防にも効果的ですよ!

あわせて読みたい