腕立て伏せとベンチプレスの効果の違いを比較!どっちがおすすめ?

腕立て伏せとベンチプレスの効果の違いを徹底比較!初心者におすすめなのはどっち?効果が高いのは?換算すると腕立て伏せ100回でベンチプレス何キロくらい?ベンチプレス100kgで腕立て伏せ何回できる?負荷の種類が違う!二つの最強筋トレを徹底比較しよう!

腕立て伏せとベンチプレスの効果の違い!

腕立て伏せとベンチプレスの効果は負荷の種類が違います。どっちがおすすめなのでしょう?

腕立て伏せとベンチプレスの効果の違い①負荷の種類

腕立て伏せとベンチプレスは負荷の種類が違います。腕立て伏せは底負荷で高回数をこなして行う(自重筋トレ)ので、筋持久力を鍛えられるのに対して、ベンチプレスは高負荷で底回数(フリーウェイト)。筋肉の瞬発性や爆発力を鍛えるのに向いています。

負荷の種類から考えて、ベンチプレスの方が筋肥大に向いています。時間も短縮できるので、腕立て伏せよりも効率的なトレーニングができるでしょう。

腕立て伏せとベンチプレスの効果の違い②どっちがおすすめ?

腕立て伏せとベンチプレスどっちがおすすめかと聞かれれば、100%ベンチプレスをおすすめします。「私は初心者だけど…」と思う方も絶対ベンチプレス!その理由は効果が出るのが早いからです。

ベンチプレスは腕立て伏せと比べて圧倒的に高負荷。そして底回数です。筋トレの理論から考えて、こちらの方が時間も短いですし、効果が出るので何倍も早いのです。

腕立て伏せとベンチプレスの換算

腕立て伏せとベンチプレスの換算をしてみましょう。

腕立て伏せ100回でベンチプレス何キロ?

腕立て伏せが100回できる人は、おそらく体重から考えたベンチプレスの平均を上回るキロを持ち上げることができるでしょう。

しかし、腕立て伏せが高回数で出来るのは筋持久力が高い証拠であって、筋力そのものの爆発力があるとは限りません。人によってばらつきがあることは覚えておきましょう。

ベンチプレス100kgで腕立て伏せ何回?

ベンチプレス100kgを挙上できる人は、間違いなく腕立て伏せ連続で50回以上はできるでしょう。中には100回以上出来てしまう人もいるかもしれません。

しかし、先述したように腕立て伏せとベンチプレスで鍛えられる筋肉の種類が違います。人によってかなりばらつきはあります。

次の筋トレ記事もおすすめ!

腕立て伏せとベンチプレスの効果の違いを比較!どっちがおすすめ?のまとめ

腕立て伏せとベンチプレスを比較しました。初心者から上級者までおすすめするのはベンチプレス!絶対ベンチプレスです!

また、負荷の種類の違いから鍛えられる筋肉の種類が違うので、目的に応じて分けて行うのもいいですね。

あわせて読みたい