片手腕立て伏せができない人に効果的にできるやり方のコツ!

片手腕立て伏せができない?片手腕立て伏せができない人に効果的にできるようになるやり方のコツをまとめて解説します。片手腕立て伏せができる人はすごいですよね、事実、相当な筋肉の力を必要とします。回数は1回でも十分成功!難易度の高い自重筋トレです。

片手腕立て伏せができない?効果的なやり方のコツは?

片手腕立て伏せができない人に効果的なやり方のコツをまとめて解説します。

片手腕立て伏せができない人の効果的なやり方のコツ①通常のプッシュアップをやれ!

片手腕立て伏せができない人はまず通常のプッシュアップで基礎的な筋力をつけていきましょう。目安としては、通常のプッシュアップを連続で30回できるようになるまでがコツ。

通常のプッシュアップは片手腕立て伏せに最も近く負荷が落ちた優しいレベルの筋トレです。これをマスターして下さい。

片手腕立て伏せができない人の効果的なやり方のコツ②膝をついてみて

片手腕立て伏せができない人は膝をついてやってみて下さい。膝を地面に付けて行うと負荷がグッと下がり、意外に簡単にできちゃったりもするものです。

膝をついた片手腕立て伏せが5回程度できるようになったら、本番に移って挑戦してみましょう。

片手腕立て伏せができない人の効果的なやり方のコツ③ネガティブ動作でやってみよう

ネガティブ動作で片手腕立て伏せをやるのも一つの手です。片手腕立て伏せにおけるネガティブ動作とは、体を下ろす動作を指します。

体を下ろして後は地面バタン!これでも十分な練習になりますよ。

片手腕立て伏せのやり方を詳しく知りたい人にオススメの記事

片手腕立て伏せのやり方を詳しく知るのが、できない人からできるようになるまでの大きな一歩です。BODIXの下記の記事で、片手腕立て伏せをやり方を詳しく解説しているので、一度チェックしてみてください。

片手腕立て伏せができない人に効果的に出来るやり方のコツ!のまとめ

片手腕立て伏せができない人に向けて効果的なコツを解説しました。難易度の高い筋トレなので、今回紹介したコツを実際に何度か行ってみましょう!そのうち回数も多くこなせるようになります。

あわせて読みたい