腕立て伏せを毎日10回×30日のようなやり方に効果はあるのか?結果は?正しいやり方は?

腕立て伏せを毎日やる効果について解説。「腕立て伏せを毎日10回、20回、30回、50回、100回、200回を30日間やってみた結果」のような体験談や2chの書き込みなどを見た事があると思いますが、実際に筋肉をつける意味では毎日と、一日おきや二日おきにする場合とどちらが良いか?女性も男性も回数と頻度を確認。

腕立て伏せを毎日10回~100回やってみた結果は?

「腕立て伏せを毎日10回~100回やってみた結果」というような記事はたくさんありますね。

大抵の場合、精神的な変化や体調の向上などの変化を書いてあり、実際に肉体的変化はわずかであったり、写真が載っていない場合すらあります。

確かに、毎日腕立て伏せをすること。つまり、毎日適度な運動をする事は健康にいい影響を与えるでしょう。

しかし、筋肉という観点から腕立て伏せを毎日やる効果について考えていきましょう。

腕立て伏せを毎日やる効果は?

腕立て伏せを毎日やる効果は、健康面や精神面の効果と肉体的に筋肥大するという効果の二つがあります。

ただし、筋肥大に関しては

・毎日激しくやった場合は筋肉痛や回復がしきれていないのに筋肉を痛める事になり効果的でない
・逆に、毎日できる程度の軽いエクササイズなら筋トレとしては負荷が不十分

というジレンマに陥ってしまいます。

腕立て伏せは毎日やるよりも数日おきがいい

結果として筋肉をつけるという観点からいうと、腕立て伏せは2~3日おきにやって、やる際は数セットやって追い込むというのが最も効果的です。

毎日やるよりも、鍛える部位を分けてやりましょう。

また、そもそも腕立て伏せが20回以上できる場合はダンベルなどを使ったウエイトトレーニングに切り替える方が効果的です。

次の筋トレ記事もおすすめ!

腕立て伏せを毎日10回×30日のようなやり方に効果はあるのか?結果は?正しいやり方は?のまとめ

腕立て伏せを毎日やる事について解説しました。毎日やるのは素晴らしい事ですし、精神的にも健康にも効果的ですが、筋肉をつけたいのであれば効率の良いやり方を試してみてください。

あわせて読みたい