腹筋は毎日するべき?効果の出る回数は?超回復を知れば解決。

腹筋は毎日してもいいのか?腹筋を毎日するメリットとデメリットを超回復の理論も元に説明します。また、腹筋を毎日行う場合の効果的な回数も紹介。毎日腹筋を10回、20回、30回、50回、100回と行っている人は必ずチェックしてください。より効果的な腹筋の鍛え方を知りましょう。

腹筋は毎日するべき?

割れた腹筋は、男性女性ともに人気があり、非常に魅力的で憧れる人も多いものです。

しかし、割れた腹筋が欲しいあまりに毎日腹筋をやるべきなのか?それか頻度をそこまで頻繁にするべきではないのか?良く分からないですよね。

実は、腹筋を毎日行うべきかどうかは、フィットネス業界ですでに結論が出ています。まずは、「超回復」を正しく知っていきましょう。

腹筋の超回復について知ろう

激しい運動やトレーニングを行うと、筋繊維が損傷してそれが修復されていきます。この修復により、筋繊維が以前よりも強くなったり太くなっていくのです。

これが「超回復」であり、もちろん腹筋の筋肉でも効果的なトレーニング後には必ず起こります。この超回復をうまく利用することで、ボディメイクやパフォーマンスの向上を行えるのです。

腹筋が超回復するのにかかる時間は?

一般的に超回復にかかる時間は、48~72時間だと言われています。しかし、この時間は筋肉の大きさによって変わってくるものです。

腹筋のような比較的に小さい筋肉は、24~48時間で超回復が終わると言われています。

腹筋は毎日するべきではない!

結論を言うと、腹筋は毎日行うべきではありません。これはフィットネス業界の常識であり、間違ったトレーニング方法と言えるでしょう。

アメリカのフィットネスメディアbodybuilding.comでも、腹筋を毎日やるべきではないと指摘されています。(※1)

腹筋を毎日するのは超回復を無視してる

筋肉が以前よりも強く太くなる修復活動である「超回復」を先程説明しました。この超回復には、時間を要しますが、毎日腹筋を行うのはこの修復が完了する前にトレーニングを行うことを意味します。

腹筋を毎日行うことは、せっかく筋肉が回復しているのに、その回復をストップさせて再び腹筋を鍛えることになるのです。

腹筋を毎日10回、20回、30回、50回、100回やろうが効果は出ない

「腹筋を毎日100回!」響きは良く聞こえますが、これはあまり効果的とは言えないです。

どの腹筋トレーニングで100回行うのかにもよりますが、100回も短時間で出来てしまうのは、そもそも負荷が弱すぎる可能性もありますし、連続で行うよりセットを分けて行うべきです。

10回、20回、30回、50回でも同じお話です。そもそも毎日行うのが非効率ですし、1回1回で筋肉に刺激が入るだけの負荷をかけられていない場合がほとんどでしょう。

腹筋は毎日ではなく一日おきに行う方が良い

腹筋を行う正しい頻度として、毎日行うのではなく、一日おきに行ったり、MEN’SFITNESSで指摘するように、週2~3回普段のトレーニングの後に行うことをおすすめします。(※2)

月曜 腹筋
火曜 休み
水曜 腹筋
木曜 休み
金曜 腹筋
土曜 休み
日曜 休み

この頻度が腹筋の筋肉を効率的に成長させる上で最も効果的なものです。超回復を加味して、毎日腹筋するのではなく、正しい頻度で行うべきです。

腹筋を毎日して効果を出す方法もある!?

超回復の理論から考えても腹筋を毎日行うべきではないことを解説しましたが、実は腹筋を毎日行って効果を出す方法もあることにはあります。

それは、腹筋を分けて鍛える方法です。腹筋といっても、そこには腹直筋、腹斜筋、大腰筋、腹横筋など、様々な筋肉があります。

これらを日を分けて鍛えると、超回復の理論にもギリギリ守ることはできます。さらに、腹直筋を上部と後部で分けたりもできるので、細かくすれば毎日はできるでしょう。

腹筋を毎日する人の回数は?何回やればいい?

腹筋は他の筋肉と比較して遅筋線維が多いので、高回数で鍛えるのもアリです。一般的には10回程度ですが、腹筋に関しては15~20回程度の回数で鍛えれば、効果もとり早く実感できるでしょう。

腹筋は毎日するべき?効果の出る回数は?超回復を知れば解決。まとめ

腹筋を毎日鍛えることは間違っており、適切な休息期間を筋肉に与え、筋肉を成長させていく必要があります。

今まで、腹筋を毎日やっていた方は、もうそのやり方を辞め、最適な鍛え方で効果を上げていくようにしましょう!

腹筋専門ジムの無料体験をチェック

※1)参考文献 : 出典 bodybuilding.com 10 Ab Training Mistakes You Need To Stop Making!