インナーマッスルで腹筋が割れる!?鍛え方とやり方をマスターしよう!

インナーマッスルで腹筋が割れるのか?腹筋のインナーマッスルの鍛え方とやり方を紹介します。腹筋のインナーマッスルの鍛え方は、女性でも簡単に出来るものが多く、多くの人に取り入れて欲しいものです。今回は、腹筋のインナーマッスルについて徹底解説していきます!

腹筋のインナーマッスルとは?

腹筋のインナーマッスルは主に4つあります。以下を確認してみてください。

腹筋のインナーマッスル①腹横筋(ふくおうきん)

腹横筋は、脇腹にある腹斜筋よりも深い部分に位置している筋肉で、お腹周りにまとわりついている筋肉です。

腹横筋にはお腹を凹ませたり、体幹を安定させる役割があります。

腹筋のインナーマッスル②多裂筋(たれつきん)

多裂筋は、背骨を支えている脊柱起立筋のさらに深層に位置している筋肉です。背骨の横にある突起から、その上の背骨へ繋がっています。

体を捻る際や、背骨を安定させる役割があります。

腹筋のインナーマッスル③横隔膜(おうかくまく)

横隔膜は、「膜」の文字から勘違いされがちですが、筋肉の一つです。胸膣の下部と上部を塞ぐように存在している筋肉で、ドーム状の形をしています。

腹筋のインナーマッスル④骨盤低筋群(こつばんていきんぐん)

骨盤底筋群は、骨盤の下側に位置する一部の筋肉の総称です。内臓を支える役割を持っていて、イメージとして、ハンモックのような形で内臓が下に垂れないように支えています。

インナーマッスルで腹筋は割れる?

インナーマッスルのみを鍛えて腹筋が割れることはありません。

しかし、現実的にどのようなトレーニングをしてもインナーマッスルはある程度は動員されているので、通常の腹筋筋トレをしていればインナーマッスルと同時にアウターマッスルが鍛えられ腹筋は割れていきます。

特殊な目的がない限り、インナーマッスルのみを鍛えるのではなく、アウターマッスルと同時に鍛えれるので、通常の腹筋トレーニングをしていればいいかと思います。

腹筋のインナーマッスルの鍛え方のやり方!

腹筋のインナーマッスルを鍛えるのに、効果的な鍛え方を紹介します。

腹筋のインナーマッスルの鍛え方1) 簡単にどこでも出来る「クラウリングアブドミナルスクイーズ」

1. 四つん這いになる
2. 背中を丸めながら息を吸う
3. 背中を反らしながら息を吐いていく

腹筋のインナーマッスルの鍛え方2) 呼吸「ドローイン」

ドローインとはお腹を凹ますだけの簡単ダイエット・筋トレ方法です。英語ではdraw(引く) in(中に)と書きます。

腹式呼吸で息を吸い込む時に腹筋のインナーマッスルの腹横筋という筋肉を刺激して鍛えることで、お腹を内側から引き締めることができます。

腹筋のインナーマッスルの鍛え方3) 腹筋ローラー

1. 腹筋ローラーを用意
2. 腹筋ローラーのグリップを両手で握る
3. 腰を反らさず肩の力を抜いて腹筋ローラーを押す
4. お腹すれすれまで体を倒したら、ゆっくりと元の位置に戻る

腹筋のインナーマッスルの鍛え方4) 背筋も鍛えれる「バックエクステンション」

1. ベンチ又は床でうつぶせになり、手を胸の前か頭の後ろか体の横で軽く浮かす
2. ゆっくりと体を引き起こす
3. ゆっくりと元の状態に戻る

インナーマッスルで腹筋が割れる!?鍛え方とやり方をマスターしよう!まとめ

今回紹介したインナーマッスルに特化した鍛え方を行うのも効果的ですが、インナーマッスルは普通の腹筋のメニューでもある程度鍛えることは可能です。

また、腹筋のインナーマッスルを鍛えることにはお腹周りをすっきりさせる効果があり、女性や細マッチョを目指す男性にぴったりです。正しい鍛え方で効果を実感してみてください。

あわせて読みたい