腹筋ローラーのすごい効果7選!女性から男性まで効果的な使い方を!

腹筋ローラーの効果について解説します。腹筋ローラーは自宅でも手軽に効果的に腹筋を鍛えられるグッズ。腹筋を割りたい男性だけでなく、女性が短期間で効果の出る腹筋ローラーダイエットを画像とともにブログに書いたりもしています。また、腹筋以外の体の部位にも効果があるのを知っていましたか?すごい効果を7つ紹介します。

腹筋ローラーとは?

腹筋ローラーとは両手で持ってコロコロ転がすだけで腹筋を効果的に鍛えることができる筋トレグッズ。1,000円前後で安く買えるので自宅筋トレには必須のアイテム!

腹筋ローラーはシットアップの何倍もの負荷なので短時間で効率的に鍛えて腹筋を割るのにももってこい!さらに、腹筋以外にも多くの効果があるのを知ってましたか?

腹筋ローラーの効果がすごい

腹筋ローラーは効きそうだけど、実際の効果や普通の腹筋との効果の違いをよく知らないという人は多いです。もったいない!腹筋ローラーの効果は本当にすごいんですよ。

また、腹筋ローラーが腹筋以外にどのような効果を与えてくれるのかも知っておいたほうがトレーニングの効率がいいです。

腹筋ローラーの効果と腹筋ローラーの筋トレグッズとしてダンベルや他の器具にないメリットや効果をあわせて紹介します。

腹筋ローラーの効果1)腹筋全体の部位を鍛えられる

腹筋を鍛える場合多くは4つの部位「腹筋上部(腹直筋上部)」、「腹筋下部(腹直筋下部)」、「脇腹(腹斜筋)」、「腹筋のインナーマッスル(腹横筋)」のどれか一つだけを鍛える種目がほとんどです。

例えば、上体起こし(シットアップ)やクランチは上部だけ、プランクはインナーマッスルだけ。しかし、腹筋ローラーは腹筋の部位全体を、クランチよりも多くの腹筋を一度に鍛えることができます。(※1)

腹筋ローラーの効果2)女性に嬉しいくびれやダイエットも

腹筋ローラーを斜めの起動で使うことで脇腹の腹斜筋を鍛えることができ、女性のくびれ作りにも効果的☆

また、腹筋ローラーを使った腹筋ローラーダイエットもブログに画像をあげる人も増えてきて流行中ですよ!

腹筋ローラーの効果3)体幹、バランス、腕や背中にも効果が!

腹筋ローラーで鍛えられるのは腹筋だけではありません。バランスを取るために体幹の筋肉も鍛えます。また、体を支えるために腕や背中の筋肉もサブとして鍛えられます。

本格的な筋トレやアスリートなら別部位はそのための筋トレが必要ですが、エクササイズ目的なら腹筋ローラーだけでも十分!腹筋ローラーで体全体の多くを鍛えることができちゃいます。

また、アメリカのトレーニングメディアLIVESTRONG.COMによると腹筋ローラーで体幹を鍛えれば、背中の痛みや怪我を減らせる効果もあると述べられていますよ!

腹筋ローラーの効果4)回数と負荷を調節できる

腹筋ローラーでは膝コロや立ちコロなどの使い方があるので自分のレベルと鍛える目的に合わせて負荷や回数を調節することができます。

・腹筋を鍛えて割りたい→1セット8~12回が限界になるように
・ダイエットやお腹引き締め→1セット20回ぐらいが限界になるように

というように行いましょう。(※2)初心者や女性で筋力がない場合は膝コロから初めて、成長に合わせて少しずつ立ちコロをできるようにしていきましょう。

腹筋ローラーの効果5)1日5分!短時間で出来る!

腹筋を何十回、何百回とやるのは退屈で時間もかかるので、そのうちやる気もなくなってきて続かない…

腹筋ローラーなら1セット10回や20回なので1分もかかりません。それを3~5セットやるだけなので、5~10分の短時間で腹筋を限界まで追い込むことができますよ。

もう非効率的な腹筋はやめて、腹筋ローラーを使って効率的に腹筋を鍛えませんか?

腹筋ローラーの効果6)効果が出るまでの期間が早い

腹筋ローラーで筋肥大やダイエットを目的で腹筋を鍛えれば、自重でシットアップなどの腹筋をやるよりも早く成長することができます。

まずは、1ヶ月などの期間を決めて週に2回程度、筋肉痛が治り筋肉が成長する超回復の期間の2~3日おきにやってみてください。体の変化を感じられるはずですよ!

腹筋ローラーの効果7)自宅でもジムでもどこでもいつでも手軽に

腹筋ローラーは1,000円程度で安く買えるのでコスパが最高です。ダンベルや懸垂器具のように場所をとったり床を傷つける心配もありません

さらに、腹筋ローラーはコンパクトで軽いので持ち運びラクラク。ジムに持っていってもいいですしちょっとしたお出かけの時に転がして友達に自慢しちゃうのもアリかも。

腹筋ローラーの効果的な使い方は?

腹筋ローラーの効果を知ったら腹筋ローラーを使いたくなりましたよね?

そこで、腹筋ローラーを使う上で注意すべきポイントや腹筋ローラーの効果を最大化するための効果的な使い方のコツを確認してください。

腹筋ローラーの効果的な使い方1)レベルに合わせて距離と膝を着くかで負荷を調節

腹筋ローラーの負荷はどれぐらい遠くまで転がすかと膝をつくのか、立って行うのかで決まります。回数と負荷は先ほど説明した通り、

筋肥大には8~12回、引き締めには20回で限界が最適。これに転がす距離と膝をつくかで負荷を合わせるのが効果的な使い方。

壁を使うことで距離を調節できるので、膝をついて壁への距離を少しずつ離していき、壁なしでも膝コロができるようになったら、同様に壁あり立ちコロから練習していきましょう。

腹筋ローラーは毎日やらないで

腹筋を行う正しい頻度として、毎日行うのではなく、一日おきに行ったり、週2~3回他ののトレーニングの後に行うことをおすすめします。(※1)腹筋に筋肉痛が無くなってからやるようにしましょう。

月曜 腹筋ローラー
火曜 休み
水曜 腹筋ローラー
木曜 休み
金曜 腹筋ローラー
土曜 休み
日曜 休み

腹筋ローラーの効果的な使い方2)正しいフォームで!腰を痛めないよう注意!

腰が丸まっていて正しい 腰が反っていて間違い

特に難しいポイントはなく、比較的誰でも簡単に出来る腹筋ローラーですが、痛める危険性があり注意しなければいけないのが腰です。

腹筋ローラーは見た目以上に負荷の高いトレーニング。それを腰を反った状態でやってしまうと腰に負担がかかってしまい危険です。

腹筋ローラーで腰を痛めないコツは「おヘソを見る」

腹筋ローラーで腰を痛めないためには腰を丸くすることが大切。そのためには、常におへそを見続けながらやるのが最も効果的。詳しいポイントはこちらの記事を参考にしてください。

次の筋トレ記事もおすすめ

腹筋ローラーのすごい効果7選!女性から男性まで効果的な使い方を!のまとめ

腹筋ローラーの効果やメリットを紹介しました。腹筋ローラーは腹筋を鍛える器具の中でも最も効果的なものの一つ。

それが、ジムにあるマシンのように多くのウェイトや仕組みが必要なく、自宅で1,000円程度で購入できるとは本当に驚きですね。

目的や、初心者~上級者のレベル別におすすめの腹筋ローラーをこちらの記事で紹介しているので合わせて確認してみてくださいね。

※1)参考文献 : 出典 LIVESTRONG.COM Ab Roller Benefits

参考文献を全て開く⬇︎

あわせて読みたい