細マッチョにおすすめのプロテイン!必要な量・回数・タイミング・飲み方まで徹底解説

細マッチョは女子からの人気も高く男性が一番憧れる体型。細マッチョになるためには筋トレと栄養管理が大切です。おすすめプロテインと選び方、また摂取すべき量から回数まで。タンパク質の話「プロテイン」について解説します。

「細マッチョにプロテインはいらない」は大嘘!

「細マッチョにはプロテインはいらない」と聞くこともありますが、これは大きな間違いです。細マッチョを効率的に最短で作っていくために、プロテインは必須とも言えるのです。

細マッチョはプロテインなしでは作れない!?

実は筋トレをする人にとって必要なたんぱく質というのは思ってる以上に摂取が困難です。

トレーニングをしている人は体重の2~3倍グラム(体重が60kgの場合は120~180g)のたんぱく質を1日に摂取するのが良いと言われています。

しかし、例えば肉料理であるステーキ200g(ヒレ肉)を食べても、たったの41gしかたんぱく質を摂取できません。食材には水分や食物繊維などが意外に多く含まれているため、純粋なたんぱく質の摂取は効率が悪いのですね…

食事のみから十分なたんぱく質を摂取するのには限界があるので、足りない分をプロテインドリンクでサポートするというのが効率の良いやり方になります。

脂肪を減らすためにもプロテインが必要

「僕は細マッチョだからそんな筋肉つける必要ないし..」と思っているかもしれませんが、実は脂肪を減らすためにもプロテインが必要となります。

普通のご飯などの炭水化物を食べた際も、体内で必要以上に血糖値が上がると「糖質が脂肪に変換」されるのを知っていましたか?

プロテイン置き換えダイエットなどが流行っているように、脂肪などをあまり摂取せずにたんぱく質を多く摂取するにはやはり効率のいいプロテインが重要になります。

細マッチョのプロテインの選び方

細マッチョのプロテインの選び方をマスターしましょう!プロテインは色々な種類があって何を選んでいいか分からない方も多いもの。正しいプロテインの選び方を紹介します。

高タンパク低糖質のホエイプロテインがおすすめ!

ホエイプロテインは吸収が早く、筋肉作りに欠かせない動物性たんぱく質からできてきるプロテインです。

手っ取り早く細マッチョになるには、ホエイプロテインがおすすめです。起床時に飲んだり、筋トレ後30分以内”ゴールデンタイム”に飲むのがいいでしょう。

タンパク質はしっかり補給しつつ、脂肪になる糖質は抑える。高タンパク低糖質のホエイプロテインが最高ですね。

味は一番重要!

当たり前のように聞こえますが、プロテインが美味しくて飲みやすいかというのはとても重要です!プロテインはある程度の期間継続して飲み続けることで効果を実感できます。

大体1~3ヶ月あれば細マッチョになることは十分可能です。その1~3ヶ月間飽きずに飲める味のプロテインを選ぶことが大事ですね。

後ほど紹介するプロテインは、全て美味しくて、飲みやすくて、飽きにくいプロテインと評判のものだけを紹介します。

たんぱく質あたりが安いか(コスパ)

最後に、プロテインもある程度の量を買うならば値段を気にする必要があります。

その時に気をつけて欲しいのが、「安いやつを買ったらたんぱく質が少ししか入ってなかった…」というようなミスをしないようにすることです。

今回は、基本的にたんぱく質の含有率で考えて、コスパの良いプロテインをご紹介します。

細マッチョに必要なプロテインの量とは?

細マッチョが具体的に必要なプロテインの量は決まっています。

運動をしていない人→体重×1g
細マッチョを目指す人→体重×2g
ゴリマッチョを目指す人→体重×3~4g

細マッチョを目指すなら体重1kg当たり2gのタンパク質の摂取をしましょう。

食事から補うとかなり難しいし無駄な脂質を摂ってしまいがちです。プロテインで効率的に摂取すると◎。

細マッチョのプロテインの飲み方・タイミング・回数まとめ

細マッチョにプロテインが必要なのは当たり前の事実。それを踏まえて効果的な飲み方を紹介していきます!

細マッチョのプロテインの飲み方

牛乳などには混ぜないで水で溶かして飲んでください。

プロテインを水で飲むと不味くなってしまうこともありますが、今回紹介するプロテインは味もバッチリですので心配はいりません。

細マッチョがプロテインを飲むタイミンング

基本的に起床時と筋トレ後に飲みましょう。

それと食事を合わせても体重×2gが難しいのであれば、小腹が空いた時に飲んだり、夜食として飲んでもOKです。

細マッチョがプロテインを飲む回数

飲む回数は基本的に1日2~3回と言ったところでしょう。

筋トレをしてない時も飲んでください。筋トレをした次の日は筋肉が超回復をしている期間ですよ!

細マッチョにおすすめのプロテイン

ホエイプロテインストイック DNS

国産人気プロテインメーカーDNSから、極限までたんぱく質にこだわったプロテインです。

たんぱく質含有率97.6%、脂質0.4%、炭水化物0.4%とこれ以上ないほどの高タンパク、低脂肪、低脂質を実現しています。

1杯25gあたり、エネルギー96Kcal、たんぱく質23.3g(無水物換算値:24.4g)、脂質0.1g、炭水化物0.1gとなっており、理想の筋肉をめざすトレーニーから、カロリーをコントロールしたい人まで全ての方にオススメです。

ウェイトダウン ザバス

国産のプロテインメーカーザバスのウェイトダウンです。ホエイではなく、低カロリーなソイプロテインとガルシニアエキスで引き締まった体作りをサポートするプロテインとして製造販売されています。

スプーン3杯(21g)あたり、エネルギー79Kcal、たんぱく質16.8g、脂質0.9g、炭水化物0.9gとカロリーが気になる方にオススメなプロテインです。

味もすっきりと飲みやすい仕上がりとなっていて、ソイプロテインを試してみたい方にもオススメです。

ウェイトダウン ウィダー

こちらはウィダーのウェイトダウンという商品です。

15gあたり、エネルギー55Kcal、たんぱく質7.5g、脂質0.5~1.0g、炭水化物4.5gとなっております。

ホエイプロテインを使用しており、安心の味であるとともに、たんぱく質と同時に摂取するためのEMR、代謝をサポートするためのカルニチン、食欲をコントロールするためのヒスチジンが入っていることが特長です。

ゴールドスタンダード 100%ホエイ byオプティマム・ニュートリション

品質、味、価格、評判全てどれを取っても文句無しのイチオシ商品です。アメリカを中心とする全世界で人気No.1のプロテインです。

ワークアウトの本場アメリカを原産国とした、オプティマムニュートリションという大人気筋トレサプリメントメーカのホエイプロテインで、1スプーン32gあたり24g(75%)という非常に高いたんぱく質含有率です。

BCAAなどの筋肉のための成分も多く配合されています。味の種類も豊富で甘すぎず、美味しいです。

値段も国内製品と比較しても安めで、本格的なトレーニー全ての人から大人気のプロテインです。

※ 表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

あわせて読みたい