【保存版】プロテインおすすめ20選!目的・種類別でお気に入りが絶対見つかる!

筋トレやダイエットで大切なのは、「筋肉を追い込む事や運動する事」と「栄養補給をする事」の二つです。その「栄養補給」の上で一番大切なのはプロテインを何を選んで飲むかにかかっていると言っても過言ではありません。

最近では、多くの種類のプロテインが販売されていますが、逆に多すぎてどれにすれば良いのかわからない事もあります。今回はその疑問全てに答えて、必ず自分の求めてるプロテインが見つかるようご紹介します。

プロテインおすすめ20選の概要

今回は、

・目的3点(筋肉増強/細マッチョ・減量/ダイエット)
・種類(ホエイ/カゼイン/ソイプロテイン/エッグプロテイン)
・国内/海外
・性別(女性/男性)
・値段(どうコスパを計るか?)
・味

について、どのようなポイントでプロテインを選ぶかを解説し、実際にその《本格派》など個別の項目でおすすめの商品を幾つか紹介するという形式で解説していきます。

実際のプロテインおすすめ20選の商品だけ見たい方は、最初の解説部分を飛ばして記事の中盤のプロテインのおすすめ商品20選からご覧ください。

プロテインのおすすめの選び方《目的》

筋肉増強→本格派プロテイン

筋肉を大きくしてマッチョになりたいのであれば、大きく分けて2種類のプロテインがおすすめです。

1つ目はホエイプロテインでたんぱく質含有率が70~80%以上の一般的な筋肉増強用プロテインです。

値段が安いものを選ぶか、成分を気にしてペプチドやBCAAなどの他の成分も入っているものを選ぶのが良いでしょう。

2つ目はバルクアップ系のプロテインです。これらは、プロテイン以外にカロリーが多くとれるようになっています。

増量期などで本格的に体を大きくしたい場合は炭水化物なども多く摂取する必要があるのですが、それをプロテインドリンクで一緒に行う事ができます。

細マッチョ・減量→あっさりプロテイン

細マッチョを目指したり、減量期の場合はまず、脂肪の含有率が低いプロテインを選ぶ必要があります。

その上で気にするポイントとしては、減量期でもなるべく筋肉や体重を落としたくないのであれば単純に脂肪や炭水化物が少なく、たんぱく質含有量が多いプロテインを選ぶべきです。

一方、体重の本格的な減量や脂肪燃焼が目的ならばカルニチンなどが入っているウェイトダウン系のプロテインを選ぶと良いでしょう。

また、この場合はカロリーが控えめなソイプロテインなどを選ぶ方法もあります。

ダイエット→低カロリー

ダイエット目的でプロテインを飲む場合は運動を週2以上でしている場合とそうでない場合で分けるべきでしょう。

運動を週2以上で行っているならば、カロリーが控えめなホエイやカゼイン、ソイのプロテインを飲めば良いでしょう。たんぱく質を摂取して基礎代謝を上げることで痩せやすい体になることができます。

運動をあまり行っていないならば、そういったプロテインを飲むとカロリーがオーバーカロリーの場合は逆に太ってしまうので、置き換えダイエット用の本格的なダイエットプロテインを飲むべきでしょう。

プロテインのおすすめの選び方《種類》

ホエイプロテイン

ホエイプロテインとは牛乳から作られるプロテインです。ホエイは日本語だと「乳清」とよばれ、身近なものではヨーグルトの上澄み液です。

「吸収が早い」、「たんぱく質含有率が高めのものが多い」という特徴があるので、筋トレ直後に飲むには最適なプロテインです。

溶けやすく味も美味しいものが多いです。一般的にプロテインを飲むのであればホエイプロテインから選ぶべきでしょう。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインも牛乳から作られるプロテインで、牛乳を温めた時の膜がカゼインです。ホエイとは逆に吸収が遅いという特徴があります。

そのため、一定時間栄養補給のできない「寝る前」や「間食時」に摂取することで常に体に一定の割合でたんぱく質補給をすることが出来るというメリットがあります。

溶けにくく味もあまり美味しくないものが多いので、「トレーニング後はホエイ、寝る前はカゼイン」などと分けて目的を持って本格的に摂取する人以外はあまり必要ないですが、

最近は「ホエイとカゼインがどっちも入ったもの」も販売されており、こちらは幾分か味も美味しくなっています。

アメリカで2006年に行われた調査によると、ホエイ+カゼインのプロテインを摂取していたグループは他のグループよりも除脂肪体重(脂肪以外の体重)が増加したという結果もある(※1)ので本格的に筋肉をつけたい人は利用してみるのも良いでしょう。

ソイプロテイン

ソイプロテインは大豆から作られるプロテインで「吸収が遅い」、「カロリーが低い」などの特徴があります。

ですので、減量やダイエット中の方や女性におすすめのプロテインです。また、牛乳が苦手であったり飲めない方にも良いでしょう。

エッグプロテイン

エッグプロテインは卵から作られるプロテインで「吸収が高い」、「たんぱく質率が高く脂肪が少なめ」といった特徴があります。

「ホエイプロテインの卵版」と思って使っていただいて結構ですので、牛乳が飲めない人におすすめですが、値段が高めで種類が少ないといったデメリットがあります。

ホエイプロテインに多少のエッグプロテインが混ざっている場合もあります。

プロテインのおすすめの選び方《国内/海外》

国内

国内産プロテインの特徴は、少量でも値段が安いものが幾つかあり、日本人好みの味になっていて、安心できるといった点です。

ただ、他にもBCAAやアミノ酸など他の成分が入っているものは海外製品より高い場合が多いです。

最近は国内産のプロテインの種類も増えてきました。

海外

海外産(主にアメリカ産)のプロテインの最大の特徴は品質のクオリティーが非常に高く、種類が豊富といった点です。

アメリカでは筋トレもサプリメントも日本の何十倍も一般的に普及しているので種類が豊富で、良い製品がたくさんあります。

本来のプロテインの相場は日本よりもはるかに安いのですが、輸送費などで日本から買おうとすると高くなってしまう場合がありますが、ある程度の量(2~3kg以上)のものを買えば値段は逆に安くなります

味は「すごく美味しいもの」と「ただ甘ったるいもの」の差が激しいのでしっかりと見極める必要があります。

プロテインのおすすめの選び方《女性/男性》

女性

最近は女性用のプロテインがどんどん開発、発売されておりプロテインダイエットなども流行ってきています。

プロテインは本来目的で選ぶものなので、女性でも筋肉をつけるのが目的なのであれば基本的には男性と同じなのですが、

女性向けプロテインには「コラーゲン」などの美容にも有効な成分が含まれているものや味が「ミックスベリー味」などの女性向けの味が充実していたり、低カロリーであったりといった特徴があります。

美容やダイエット目的の女性にはこういった商品がおすすめです。

男性

もちろん、男性でもコラーゲンなどの美容を気にしたりプロテインダイエットを行いたいのであれば女性向けプロテインを飲んでいただいて構いません。

それ以外で、一般的に筋肉をつけたり、細マッチョになったり、運動しながらウェイトダウンしたいのであれば目的の段落で紹介した用途にそって選びましょう

プロテインのおすすめの選び方《値段》

プロテインは1kgあたりで買うと安くても3000円程度、高ければ1万円以上します。

この時に気をつけなければいけないのが、たんぱく質あたりの値段が安いかどうかです。

よく、「安いプロテインを買ったら実はたんぱく質含有量が50%程度しかなかった…」というミスをしてしまうことがあります。

プロテインの安さを比較する際は、たんぱく質の割合や実質的なたんぱく質1gあたりの値段で考えるように注意しましょう。

また、高いプロテインには、プロテイン以外にもアミノ酸やグルタミンなどの成分が多く入っていることが多いです。

これらを別のサプリとして摂取している場合は、その値段も含めて考えると意外に安かったという事もあるので注意しましょう。

プロテインのおすすめの選び方《味》

味は個人的な好みもあるのですが、味は非常に重要です。なぜならプロテインは継続して、ある程度の量を飲まないと効果はありません

プロテインを買ったけど、結局飲まなくなってしまったという経験がある人も多いはずです。

甘すぎるプロテインは最初はおいしいと思うのですが、だんだんと飽きてきてしまいます。

おいしくて、さっぱりしていて飽きずに、飲みやすいプロテインを選ぶ事が重要です。

プロテインの商品20選!

プロテインの商品《本格派》

1. ゴールドスタンダード 100%ホエイ byオプティマム・ニュートリション

品質、味、価格、評判全てどれを取っても文句無しのイチオシ商品です。アメリカを中心とする全世界で人気No.1のプロテインです。

ワークアウトの本場アメリカを原産国とした、オプティマムニュートリションという大人気筋トレサプリメントメーカのホエイプロテインで、1スプーン32gあたり24g(75%)という非常に高いたんぱく質含有率です。

BCAAなどの筋肉のための成分も多く配合されています。味の種類も豊富で甘すぎず、美味しいです。

値段も国内製品と比較しても安めで、本格的なトレーニー全ての人から大人気のプロテインです。

2. ホエイプロテイン100 byザバス

Amazonのベストセラー1位(2017年1月時点)の大人気国産ホエイプロテインです。

吸収の早いホエイプロテインと体づくりをサポートする「7種類のビタミンB群」、「ビタミンC」が配合されています。

21g中15g(71%)と高いたんぱく質含有量を誇っています。

国産プロテインで体づくりをしている人から人気の商品です。

3. プロゲイナー byオプティマム・ニュートリション

1杯あたりでカロリーが650Kcal、たんぱく質60gが配合されている大人気のバルクアップ・プロテインです。

あのアメリカで大人気のゴールドスタンダードと同じオプティマム・ニュートリションのプロテインなので、品質も味も定評通りとの評価ばかりです。

同メーカーから、もう一つのバルクアッププロテインとしてシリアスマス(アマゾンリンク)という商品もありますが、シリアスマスは一回の目安量がプロゲイナーの2倍と多くて飲むのが辛いという声が多いです。

味もプロゲイナーの方がすっきりしていて飲みやすいという意見が多く人気もこちらの方が高いです。

「4.6kgの大容量で約1万円はコスパとしてもかなり安くおすすめ」とユーザーが満足しています。

バルクアッププロテインはたくさん飲む前提でつくられているので、便利と言われています。

4. ヘビーウェイトゲイナー900 byチャンピオン

こちらも大人気海外ブランドのチャンピオンが出しているバルクアッププロテインです。

スプーンが小さいので4杯あたりで、カロリーが605Kcal、たんぱく質33g、そして20種類のビタミンとミネラルが配合されています。

プロテインもホエイだけでなくエッグなども使用されており、バランスのいいプロテインという特長が人気の理由です。

プロテインの商品《あっさりプロテイン》

5. ホエイプロテインストイック byDNS

国産人気プロテインメーカーDNSから、極限までたんぱく質にこだわったプロテインとDNSが自信を持っています。

たんぱく質含有率97.6%、脂質0.4%、炭水化物0.4%とこれ以上ないほどの高タンパク、低脂肪、低脂質を実現していると言うリピートユーザーが多いです。

1杯25gあたり、エネルギー96Kcal、たんぱく質23.3g(無水物換算値:24.4g)、脂質0.1g、炭水化物0.1gとなっており、理想の筋肉をめざすトレーニーから、カロリーをコントロールしたい人まで全ての方から人気のプロテインです。

6. ウェイトダウン byザバス

こちらも、国産のプロテインメーカーザバスのウェイトダウン。ホエイではなく、低カロリーなソイプロテインとガルシニアエキスで引き締まった体作りをサポートするプロテインというコンセプトで製造販売されています。

スプーン3杯(21g)あたり、エネルギー79Kcal、たんぱく質16.8g、脂質0.9g、炭水化物0.9gとカロリーが気になる方におすすめのプロテインとして選ばれる事が多いです。

味もすっきりと飲みやすい仕上がりとなっていて、ジムなどでソイプロテインを試してみたい方にもおすすめされる事が多いです。

7. ウェイトダウン byウィダー

15gあたり、エネルギー55Kcal、たんぱく質7.5g、脂質0.5~1.0g、炭水化物4.5gとなっております。

ホエイプロテインを使用しており、安心の味であるとともに、たんぱく質と同時に独自のEMR、代謝をサポートするためのカルニチン、食欲をコントロールするためのヒスチジンが入っていることが特長です。

プロテインの商品《低カロリー》

8. プロティンダイエット byDHC

Amazonベストセラー1位(2017年1月時点)のプロテインダイエットという商品です。

通常の食事と置き換えることでカロリーやウェイトコントロールを目指すというコンセプトで販売されています。

必要なたんぱく質、食物繊維だけでなく、ビタミンやミネラル、美容のコエンザイムQ10と有酸素運動サポートのオルニチンが含まれている大人気商品です。

味も豊富で美味しいとの評判で、一袋178Kcal以下という驚異的な低カロリーを実現していると人気です。

9. シェイク byスリムアップスリム

こちらもAmazonで大人気の商品です。短期集中10日間用となっており、日替わりでマンゴー、抹茶、カフェラテなどのフレーバーが楽しめるようになっている点が人気の理由です。

コラーゲンやコエンザイムQ10やビタミンなどもたっぷり配合されており、驚きの安さとのユーザーレビューが多いです。

一袋約150Kcalで満足感が長持ちするとユーザーが評価しています。置き換えプロテインを試してみたいという人におすすめとの評判です。

プロテインの商品《カゼイン》

10. ビッグカゼイン byバルクスポーツ

国内のプロテインメーカーバルクスポーツが販売するカゼイン100%のプロテインです。

スプーン1杯30gで21.9gのたんぱく質、わずか0.5gの脂質と高品質との人気が高いです。

味も、マンゴー/チョコレート/キャラメルなど豊富で、「カゼインプロテインなのに美味しい」と評判です。

11. ホエイ&カゼイン ダブルプロテイン byゴールドジム

あのゴールドジムが開発、販売するホエイ&カゼインのミックスプロテインです。

ホエイとカゼインが1:1で配合されている上、ビタミンB群やミネラルも豊富に含まれています。

20gあたりで16.46gのたんぱく質(82.3%)を摂取することができ、脂質もわずか0.3gと驚きの仕上がりとの声が多いです。

一度でホエイとカゼインを同時に摂取できるので、忙しいけど本格的に体を鍛えたい人におすすめと紹介されているプロテインです。

プロテインの商品《ソイ・エッグ》

12. ソイプロテイン100 byザバス

国産の100%ソイプロテインの商品です。引き締まった体をサポートするために7種類のビタミンB群とビタミンCも配合されています。

味はすっきりとしたココア味でソイプロテインの中でも美味しく飲みやすいと評判です。

21g中15g(71%)とソイプロテインながら高タンパク比率となっており、脂質はたったの1.0g、炭水化物は2.6gとプロテインの中では水準の高い低脂肪、低カロリーも実現しています。

13. 100%エッグプロテイン byヘルシー N フィット

珍しい100%エッグプロテインの中でも味や飲みやすさにこだわった商品です。ナチュラルフレーバー、バナナブラスト、チョコレートなどのフレーバーの種類があります。

28gで100Kcalで、脂肪0g、炭水化物1g、プロテイン23g(82%)と驚きのハイクオリティーに仕上がっています。

吸収の速さと低脂肪・低カロリーを実現した100%エッグプロテインです。

プロテインの商品《国内》

14. マックスロード ホエイプロテイン byグリコ

コスパで最強と言われるプロテインです。1kgあたり2506円で20gあたり13.4gのたんぱく質が含まれております。

それだけでもトップレベルのコスパなのですが、ビタミン、鉄、カルシウムなど体をサポートする成分も多く含まれ、毎日飲めるすっきりした美味しい味に仕上がっています。

プロテインの商品《海外》

15. プラチナム・ハイドロホエイ byオプティマム・ニュートリション

海外のプロテインメーカーといえば、ゴールドスタンダード(アマゾンリンク)やプロゲイナー(アマゾンリンク)を販売しているオプティマム・ニュートリションです。

今回は、そのゴールドスタンダードよりもハイスペックなプラチナム・ハイドロホエイです。

たんぱく質 BCAA コレステロール
プラチナム・ハイドロ(41gあたり) 30g(73%) 9g 5mg
ゴールドスタンダード(41gあたり) 31.7g(77%) 7.27g 72.7mg

となっており、ほぼ同じたんぱく質量でありながらBCAAが多く、コレステロールが少なくなっています

ボディビルダーや本格的な体づくりを目指す人から人気が高いプロテインです。

16. ホエイHD byBPIスポーツ

もう一つの海外メーカーがBPIスポーツです。BPIスポーツの製品は品質の高さと味のとてつもない美味しさに定評があります。こちらのホエイHDは

・ホエイプロテインコンセントレート/アイソレート
・ミルクプロテインコンセントレート/アイソレート

という4種のプロテインで構成されており、それぞれが最適に筋肉に届くようになっています。

余計な成分を入れないという事も方針として示しており、プロテインのみにこだわっています。

※ベストBCAA

プロテインからはそれますが、BPIスポーツのNo.1商品にベストBCAAというBCAAがあります。

こちらは、独自製法でBCAAをブロックチェーンのまま届ける事ができるだけでなく、非常に溶けやすく、味がものすごく美味しく作られています。

国産のBCAAは溶けにくかったり、味が苦かったりと飲みにくさが難点ですので、そういった経験を持つユーザーから驚きの声が上がっています。

プロテインの商品《女性向け》

17. DNS Woman ホエイフィットプロテイン byDNS

味と品質に定評のあるDNSから女性向けプロテインが発売されました。プロテインはホエイプロテインを使用しています。

23gで女性に必要な15gのたんぱく質、鉄分、ビタミンCなどが含まれています。カロリーは90Kcalは脂質は1.4gと低く抑えられています

女性で運動を週2回以上行っている人から人気のプロテインです。

18. シェイプ&ビューティ byザバス

一方こちらは、ソイプロテンを使用している女性向けプロテインです。

14gあたりで7.2gのたんぱく質と1500mgものコラーゲンを摂取する事ができます。他にも多くのビタミンやミネラル、葉酸などが含まれており引き締まったボディーをサポートします。

あまり運動をしない女性からある程度運動をする女性まで全ての方から人気のプロテインです。

プロテインの商品《味》

19.プロテインホエイ100 byDNS


味で選ぶならDNSのプロテインホエイ100が有名です。味の安定感が抜群でどの味もすごく美味しいです。また、たんぱく質やエネルギーなどのバランスもよく考えられています。

プロテインは値段より味が一番という人におすすめされる事が多い商品です。

ストロベリー味が特に美味しいですが、バニラ/チョコレート/バナナ/抹茶など豊富なラインナップでどれも美味しいです。

また、ラムネやマンゴーなど新しい味や季節感のある味もよく更新されています。

プロテインの商品《値段》

20. 高品質ホエイプロテイン byビーレジェンド

「味もこだわりたいけど安いプロテインがいい」というワガママなユーザーの要望に応えた人気急上昇中のプロテインです。

1kgで3980円という圧倒的なコストパフォーマンスを実現しています。

品質もハイクオリティーをキープしていながら味も甘すぎず、すっきりとした後味で飲みやすく仕上がっています

「そんなバナナ風味」「激うまチョコ風味」など面白い味の名前で、7種類(2017年1月時点)の豊富なラインナップです。

※1) 参考文献 出典: NCBI, The effects of protein and amino acid supplementation on performance and training adaptations during ten weeks of resistance training
※ 表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

あわせて読みたい