プロテインを飲むと太る?|誤解しがちなポイントを徹底解説!

「プロテインは太るから飲みたくない!」このような意見を持っている方は少なくありません。しかし、”プロテイン=太る”は正しい認識なのでしょうか?今回は、誤解しがちなプロテインを飲むと太る摂取の仕方からそうじゃない仕方までを徹底解説していきます。

プロテインとは?

プロテインの効果を知る前に、まずプロテインとは何のか知りましょう。

プロテインとは英語でタンパク質を意味します。3大栄養素の1つであり、肉や魚や大豆なのに含まれている栄養素です。

プロテインと略しがちですが、その言葉はタンパク質そのものを意味しており、みなさんが想像している一般に市販で売られているプロテインドリンク又はパウダーとは、タンパク質であるプロテインを含みさらに筋肉の成長をサポートする他の栄養素も一緒に詰め込んだ人工的に作られたサプリメントを指します。

プロテインそのものは、何も筋力トレーニングを毎日ハードにこなしている人達だけのものでなはく、多くの人が健康的に毎日を送るのにつながる大事な栄養素の一つなのです。

プロテインを飲むと太るのか?

どのように摂取するかで決まる

プロテインそのものはタンパク質多く含んだサプリメントです。プロテインを飲んで太るかはその摂取の仕方によると言っていいでしょう。

摂取の仕方によっては太ることもありえますし、逆に痩せていくこともあるのです。同じサプリメントの摂取をしているのに不思議ですよね?

これは、すなわち正しい摂取の仕方を覚えることがとても重要だということでもあるのです。

太る摂取の仕方

そもそも体に脂肪がついていく原因は、本質的には摂取カロリーが消費カロリーを上回っているからだと言えます。

例えば、プロテインを朝、昼、晩、3食の食事と共に1日に3回飲んでいる人がいるとしましょう。そしてこの人は全く体を動かさない人だとしてます。

その人の体質や元々体に脂肪がついているかなどによって左右もされますが、このような摂取の仕方は太る可能性が高いと言えるでしょう。

この人の場合、高い可能性で平均的な1日に摂取すべきカロリーを消費カロリーが上回っています。

さらに、体を動かさないのでプロテインで過剰に摂取した糖質が脂肪に変わってしまうのです。

太りづらいが間違った摂取の仕方

では次に、朝、昼、晩の食事と共に1日3回飲んでいるが、週3回以上ジムでトレーニングをしている人がいるとしましょう。

この人は、トレーニングによってカロリーを消費していると同時に筋肉の成長を目指すことができています。

1日の摂取カロリーは、平均的な水準より高いかもしれませんが、筋肉の成長に相性抜群なタンパク質をしっかり補給しているので、筋肉もある程度成長していくことが期待できます。

タンパク質が無駄に脂肪に変化しているのをある程度防げているので、太る可能性は先ほどのパターンよりは低いと言えるでしょう。

しかし、この人は間違ったプロテインの摂取をしているので、トレーニングのハードさや食事のカロリーに大きく左右されてしまうのも事実です。

では、一体どのような摂取の仕方が正しいのでしょうか?

正しい摂取の仕方

それでは、正しい摂取の仕方の1例を紹介します。

正しい接種をしている人は、週3回以上ジムで筋力トレーニングを行っており、プロテインをトレーニング直後30分以内に摂取しています。

さらに毎回のトレーニングの後に、有酸素運動を取り入れています。

さらに、トレーニング直後のみならず毎朝の起床時にプロテインを摂取しています。そして、1日に3食の規則正しい食生活を送っています。

この人は、効果的にプロテインを摂取していると言えます。

プロテインはトレーニング直後30分以内のゴールデンタイムという筋肉に栄養を素早く吸収することができる期間内に摂取をしています。

また、毎朝の起床時、すなわち体内にタンパク質が枯渇しているタイミングで摂取することができています。

このような摂取の仕方をすれば、筋肉の成長促進を目指し代謝向上が期待できます。代謝が向上することにより太りづらく痩せやすい体質になっていきます。

「プロテイン=太る」はケースバイケース

「プロテイン=太る」という認識は、あってはいますが間違ってもいます。矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、摂取の仕方によって大きく左右される部分なのでどちらにも傾きえるということです。

もちろん、どの程度ハードなトレーニングをしているか?食事は何を食べているか?その種類のプロテインを摂取しているか?太りやすい体質か?など様々な要因によっても変わってくる問題でもあります。

そのようなことも総合的にみて、「プロテイン=太る」はあってるし間違ってもいるという表現が適切なのです。

あわせて読みたい