スクワットの呼吸法!呼吸の仕方で効果が倍増!?

スクワットの呼吸法を解説!スクワットは呼吸の仕方だけで全く効果が違うんです。スクワットの正しい呼吸方法を解説しますので、日々の筋トレやダイエットに役立てましょう。腹圧がポイントのスクワットの呼吸法、逆にやってはダメですよ!

スクワットの呼吸法はめちゃくちゃ大事!

多くの筋トレやエクササイズに共通することですが、正しい呼吸を行いながらするかどうかでその効果は大きく違ってきます。

そして、呼吸によって効果が変わってくるのは、スクワットも例外ではありません

なぜなら、すべてのトレーニングは呼吸によって体の力を上手く出せるかどうかが変わってくるからです。

体の力を上手く引き出し、きちんと自分の限界に近い負荷を筋肉にかけることができれば、トレーニングの効率は大幅に上昇します。

スクワットの呼吸法で効果を倍増させよう!

実際にどのような呼吸をしながらスクワットを行っていけばよいのでしょうか。ここからはスクワットを行う際の正しい呼吸の仕方を詳しく解説していきます。

スクワットの呼吸の仕方は腰を下ろす時に吸う

スクワットでは、腰を下ろすときに鼻から息を吸います。

お腹いっぱいに息を吸うと、腰を下ろして股関節を曲げたときに苦しくなってしまうので、軽く吸うくらいでちょうどよいでしょう。

次に腰を上げる時に力の源になるので、ここで息を吸うことはとても重要です。ゆっくり腰を落としながら息を吸いましょう。

スクワットの呼吸の仕方は腰を上げる時に吐く

腰を上げる時は、逆に息を吐きます。

必ずそうしなければいけないわけではありませんが、口から息を吐くとやりやすいでしょう。口なら息を吐く量を調節できるからです。

腰を下ろす時はゆっくりですが、腰を上げる時はゆっくりでなくても大丈夫です。息の力と脚・お尻の力を合わせて立ち上がるイメージで行いましょう。

スクワットの呼吸法は腹圧がカギ!

腰を上げ始める瞬間で重要なのが、お腹に力を入れて、吸い込んだ息を若干お腹に溜めながら吐くことで、「腹圧」を高めることです。

腹圧を高めると体幹をお腹側から固定することができ、腰を曲げない正しいフォームでスクワットができるようになります。

息を吸って腰を下ろし、一番下まで来たらお腹の下の方にグッと力を込めてお腹を固めます。これで体幹が固定された、と感じたら少しずつ息を吐きながら腰を上げていきます。

少し難しいですが、試してみてください。

スクワットの正しい呼吸法の効果とは?

ただ息の仕方を工夫するだけですが、正しい呼吸でスクワットで行えば、いろいろな効果が期待できます。

スクワットの呼吸法の効果①ぽっこりお腹を撃退!

呼吸を正しくすることができるようになれば、さきほど説明した「腹圧」も使うことができるようになります。

そして、実は腹圧を使うと、自然とお腹のインナーマッスルも使われるようになるのです。

お腹周りの筋肉も鍛えられることで、お腹のラインの引き締め効果が期待できるんですね。

スクワットの呼吸法の効果②脂肪燃焼効果UP!

正しい呼吸でスクワットを行うと、力をうまく使えるようになるので、大きな負荷でスクワットを行うことができるようになります

今まで何も持たず自重でスクワット行っていた人はペットボトルを持って、ペットボトルを持っていた人はダンベルを持って、という風に負荷を強めることができます。

そして負荷が強まれば、スクワットが持つ脂肪燃焼効果も同時に上がっていくのです。

次の筋トレ記事もおすすめ!

スクワットの呼吸法!呼吸の仕方で効果が倍増!?

スクワットでも呼吸法が大事になってくる、ということがわかっていただけたでしょうか。

呼吸は、体の自然な力を引き出すために必要なものなので、理想はこのような呼吸の仕方が何も考えずに自然とできるようになることでしょう。

はじめのうちは意識しながらでも構わないので、正しい方法を体に染み込ませるようにやってみましょう。

あわせて読みたい