ガリマッチョって何?女ウケがいいワケとモテボディーの作り方

ガリマッチョという言葉をご存知でしょうか?細マッチョが好きという人は多いと思いますが、細マッチョよりももっと痩せている「ガリマッチョ」の方が好きという人もある程度いるようです。ガリマッチョはどんな体型なのか、ガリマッチョはどんな人たちに人気なのかについて説明していきます。

「ガリマッチョ」とは?

脱いだら凄い!がガリマッチョ

細マッチョという言葉はもう多くの人がご存知でしょうが、「ガリマッチョ」と言う言葉も最近登場しています。ガリマッチョはこんな意味で使われているようです。

ガリマッチョとは体が細く、服を着ていると単に痩せているように見えるが、実際は筋肉質で引き締まった体をした人のこと。 出典:日本語俗語辞書

細マッチョと意味は似ていますが、「脱ぐまでわからない」、パッと見ではただ痩せてるだけという所がポイントのようです。

日本では細身の男性が人気ですから、見た目は細身だけど脱いだらたくましい!というギャップがウケているのかもしれませんね。

ガリマッチョの良さは?需要あるの?

ガリマッチョの良さは何なのか?女性からの需要はあるのか?ガリマッチョに憧れている男性はいるのかなど解説します。

見た目は細いのに、というギャップ

細マッチョは服を着ていてもそれなりにわかりますが、ガリマッチョは服を着ていたらとてもマッチョとは思えないような体型が多いです。

しかし、「いざ服を脱いでみると男らしい筋肉がしっかりついている」、というギャップが人気の秘訣なのです。

特に、痩せている男性がもともと好きな女性に人気が高いようです。

また、筋肉はしっかりついていても全体的な形は普通の細身の人と同じという、キレイな均整の取れた全体のシルエットに惹かれる人も多いようですね。

ガリマッチョに需要はあるのか?

ガリマッチョ需要は確実にあります。と言っても少ないですが…

女性の中にはガリマッチョ好きもほんの少しいるでしょうが、ガリマッチョに憧れいてる男性の数は皆無でしょう。

ちょっと男らしさに欠けるのかもしれません。

ガリマッチョのマイナスポイント

男らしさが足りない

ガリマッチョは一部の人には強い人気がありますが、細マッチョよりも一般受けはしない傾向があるようです。

ガリマッチョに否定的な人の多くは「ガリガリすぎる」、「もっと男らしい方がいい」というような意見を持っています。

ガリマッチョでは少し中性的すぎて、男らしさを求めている一定数の女性たちから不評です。細マッチョならまだしも、ガリマッチョまで行くとちょっと行き過ぎなのかもしれませんね。

実際には筋肉がそんなについていない

筋肉は痩せていれば自然と見えやすくなります。腹筋は構造上もともと割れているため、極端に痩せれば殆どの人が割れて見えるようになります。

ガリマッチョの人の多くは、痩せているだけで実際にはそんなに筋肉が付いているわけではないため、あまりかっこよく見えないということもあるようです。

ガリマッチョになる筋トレポイント!

このようにガリマッチョは賛否両論ですが、それでも理想の体型がガリマッチョだという人もいるでしょう。

そこで、ガリマッチョになるためのポイントをまとめました。

1セット30回以上のトレーニング!

ガリマッチョになるために欠かせないのはシルエットの細さです。そのためには筋肉を必要以上に大きくしないように気をつけなければいけません。

そのためには長時間の持久的なトレーニングをすることが必要になります。

1セット30回以下のトレーニングなら、体を大きくするためのトレーニングにも一部使われています。なので、連続で30回以上できるような軽めの負荷が筋トレの一つの目安になるでしょう。

腕を鍛えすぎない

人を見て「細い」と判断するときに基準になりやすいのが、実は「腕の太さ」です。

腕は服を着てても見えやすい部分ですし、上腕二頭筋の力こぶは男らしさの象徴でもあるからでしょう。

鍛えられやすい部位でもありますし、腕は大きくなりすぎないように特に注意する必要があります

ガリマッチョでギャップを見せつけよう

ガリマッチョはあまり好きではないという人も中にはいるようです。

しかし、細くてきれいな体に見えて脱いだら筋肉もすごい、というギャップはなかなかインパクトがあります。

シルエットは太くしたくないけれど筋肉はつけたい、という人は「ガリマッチョ」を目指してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい