植物性プロテインはダイエットの味方!|動物性プロテインとの違いまで徹底解説

植物性プロテインを摂取したことがありますか?多くのトレーニーはホエイプロテインを摂取していることは周知の事実。しかし、植物性プロテインを駆使して肉体改造を行なっているトレーニーは意外と少ないものです。その理由に、植物性プロテインとは何なのか?そしてどのようなメリットがあるのかよく理解できていない事などが上げられます。今回は、植物性プロテインを徹底解説していきます。

植物性プロテインと動物性プロテインの違い

そもそも、植物性プロテインとは一体何なのでしょうか?植物性のプロテインと動物性のプロテインを比較してみましょう。

植物性プロテイン 動物性プロテイン
食品の例 豆類 肉・卵・魚
メリット 脂質が少ない 吸収が早い・豊富なアミノ酸
デメリット 吸収が遅い 脂質が多い

上記に、簡単な植物性プロテインと動物性プロテインの違いを表にしてみました。含まれている食品にも違いがありますし、それぞれ吸収のスピードに違いがあることがわかると思います。

主に、このような二つのプロテインの違いから、植物性プロテインは減量・ダイエット目的の方動物性プロテインは筋肉を大きくしたいバルクアップを目指す方に向いています。

摂取するタイミングも違います。以上のような特徴から、植物性のプロテインは就寝前や間食、食事の代わりに有効であり、動物性のプロテインは筋トレ直後、起床時などに効果を期待できるプロテインです。

どちらが優秀であるといったことはなく、それぞれのトレーニーの用途によって使い分けることで植物性ないしは動物性プロテインはその真価を発揮すると思っていいでしょう。

植物性のプロテインと言えば「ソイプロテイン」

植物性プロテインとは言えば「ソイプロテイン」です。以下にソイプロテインの特徴やメリットを解説します。

ダイエットの強い味方

ソイプロテインはダイエットをしている方の強い味方になります。

十分なタンパク質を保有しているのに加えカロリーが低いので、まさに一石二鳥。トレーニングをした後の筋肉のリカバリーとして摂取することで無駄カロリーをカットし、タンパク質で筋肉の成長を期待できます。

ダイエットや減量においてはただ脂肪を落とすだけでなく、効率的に筋肉を成長させ体の引き締めをするのが良いと言われています。

筋肉をつけずに脂肪のみを落とすことを目的として運動をすると、思ったような効果を得るまで時間がかかってしまったり、減量ができたとしてもただのガリガリ魅力のない体になってしまうことは多くあります。有酸素運動を加味したトレーニングで筋肉を鍛え、リカバリーにソイプロテインを取るのが賢いダイエットと言えるでしょう。

代謝の促進を期待できる

ソイプロテインを摂取することで代謝を活発にする作用の促進を目指せ、代謝が活発になることによって無駄な脂肪をガンガン燃やしていきます

代謝の促進は、痩せやすく太りづらい体作りのサポートをします。代謝が低いと思ったように体の脂肪を落とすことができなくなります。植物性タンパク質を保有しているソイプロテインで代謝の促進を目指しましょう。

長い持続時間

ソイプロテインの大きな特徴の一つが吸収速度が緩やかであることが言えます。

筋肉の圧倒的に成長を目指し、トレーニング直後に摂取すべきなのは吸収速度の速いホエイプロテインですが、一概に吸収速度が早ければいいとは言えません。その人の目的に沿ったプロテインを選ぶのがポイントです。その点において、ソイプロテインはその緩やかな吸収速度で満腹感の持続を長めるのを期待でき、ダイエット・減量中の方にはおすすめのプロテインなのです。

植物性プロテインを摂ってみよう!

いかがでしたでしょうか?

植物性プロテインは、ホエイなどの動物性プロテインとは違った特徴を持っており、それぞれのトレーニーの目的によって摂取すべきものは変わってきます。

ダイエット・減量目的の方は植物性プロテイン、筋肥大。バルクアップを目的とする方は動物性プロテインを摂取すると良いでしょう。

今回の記事を参考に、是非植物性プロテインを摂取してみてください!

あわせて読みたい